じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

生物

犬や猫に与えると危険、意外な食べモノ

カフェインだけじゃない! 犬や猫に与えると危険、意外な食べモノ

1160116
 
「毒性学の父」と呼ばれたパラケルススの言葉。

「全てのものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるか、そうでないかを決めるのだ。

Alle Dinge sind Gift und nichts ist ohne Gift; allein die Dosis macht es, dass ein Ding kein Gift ist.」

パラケルスス Paracelsus(1493~1541):スイスの医師、科学者、錬金術師、神秘思想家

“全てのものが毒”というのは言い過ぎかもしれませんが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。量が過ぎれば毒になる可能性があります。人間が60kg、犬が6kg、猫が3kgとすると、単純計算で、犬は人間の10分の1、猫は人間の20分の1。仮に同じものを食べたとすると、犬は10倍、猫は20倍その成分が入ることになるのです。

また、動物によって毒でないものと毒であるものがあります。例えば、コアラはユーカリの葉を食べますが、ユーカリの葉は他の動物には毒性を発揮します。このようにある動物に対しては毒でなくても、他の動物によっては毒になることがあります。「人間が食べても大丈夫だから、犬や猫でも大丈夫だろう」と安易に与えると、毒になるものがあるので注意が必要です。

1160216


■犬や猫に“チョコ”や“カフェイン”を与えてはいけない理由
 
チョコレートの原料であるカカオ豆には、テオブロミンという物質が含まれています。テオブロミンは植物アルカロイドの一種です。
植物アルカロイドとは、植物の体内に含まれる窒素を含むアルカリ性の有機化合物の総称で、多くが毒性や特殊な生理・薬理効果を持っています。
アルカロイドには、モルヒネ、コカイン、カフェイン、フグ毒やトリカブトなどの他、医療の分野でも用いられているアトロピンやレセルピン、コルヒチンなどがあります。

チョコレートに含まれているテオブロミン。
名前はカカオの属名「テオブロマ(Thebroma)」に由来しています。このことばの意味は「神の糧」。
人間には薬効があるとされ、昔は薬として使用されていたのです。
実際、心臓を刺激する効果があるとされていますが、人間が通常量のココアやチョコレートを食べたぐらいでは有害な作用はありません。

ただし、犬や猫はテオブロミン中毒になりやすいとされています。
わずかな量でも心拍に異常をきたし、死亡することもあり得るので注意が必要です。
カフェインもアルカロイドの一種でテオブロミンと似た性質を有し、同様に中毒を起こす可能性があるので与えないようにしないといけません。

■犬や猫に“タマネギ”を与えてはいけない理由
 
タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラなどに含まれるアリルプロピルジスルファイドが血液中のヘモグロビンを酸化させることにより、溶血性貧血を起こすとされています。
加熱しても有毒成分は残るので、タマネギを使用しているものはエキスだけでも有害です。
すき焼きやハンバーグの汁にも注意しましょう。ネギ中毒になると、貧血、血尿、嘔吐、下痢などを起こします。

人間でもジャガイモの芽を食べると中毒を起こします。
ジャガイモの芽にはソラニンという有害なアルカロイドが含まれています。
パラケルススの言うように、“全てのものが毒”というわけではありませんが、動物によっては毒性を強く発揮する食べ物があるので注意が必要です。
 
( All About1月15日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11069476/







【今日の風景】

◎補足
犬に食べさせてはいけない100の食物

猫が食べてはいけないもの・注意すべきもの


毒性のあるもの、過食すると障害が発生するもの等たくさんあります。

ペットを飼うというのもなかなかに大変です。

まあ、人間も同様ですけど。

ウチの二匹のネコは、無塩にぼしとキャットフードです。

時々マグロ生や缶詰、しらす、鰹節も。

グラム単位で換算すると飼い主より高価な食材で生きています。

そのためコロンコロン。

獣医さんに罹ったのはこの八年で一匹が一度だけ。

表で変なものを食べて(おそらくカエルかトカゲ)下痢が続いたから。

しかしペットといっても、立派な主義・主張のある人格(ネコ格?)を持って生きている二匹です。

店番がちゃんと出来ないのが難点ですが・・・。






ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

頭の中の言葉、解読に成功

頭の中の言葉、解読に成功 障害者と意思疎通やロボット操作にも応用期待
 
頭で思い浮かべた言葉の一部を脳波の変化から解読することに、九州工業大情報工学部(福岡県飯塚市)の山崎敏正教授(58)の研究グループが成功した。

1050116

グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件の下、それぞれの言葉が発声時と無発声時でほぼ同じ波形を示すと突き止めた。
五十音の一部でも識別に成功しており、今後全ての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になる。
研究が進めば、障害で言葉を話せない人との意思疎通や、音が伝わらない宇宙空間や水中での通信手段への応用が期待できる。
山崎教授は「動けと念じればロボットを操作できるSFのような応用も可能となる」としている。

 山崎教授が着目したのは、言語をつかさどる脳内領域「ブローカ野(や)」。前頭葉にあるブローカ野は発声直前に活動を始め、脳が発する信号「運動準備電位」が生じて、脳波に変化を及ぼすことが知られていた。
 山崎教授のグループは、十数人の男女学生を対象に「グー」「チョキ」「パー」の三つの言葉を実際に声に出した時と、頭で強く意識した際の脳波を比較。直前の約2秒間は同じ運動準備電位が起こり、同一の個人であれば、脳波が三つの言葉それぞれでほぼ同じ波形になると判明した。「春、夏、秋、冬」でも同様の結果だった。
 
 グループは五十音の分析にも着手し、春夏を構成する「は」「る」「な」「つ」は80~90%の精度で脳波から識別することに成功した。
ただ、同じ言葉でも波形には個人差がある。
今後は被験者を増やし、五十音などの普遍的な波形を探るという。
母音が少ない日本語は、発音が複雑な英語より信号として解析しやすく、山崎教授は「日本がこの分野で世界をリードできる」とみている。
 
 脳波の研究に取り組む理化学研究所脳科学総合研究センター(埼玉県和光市)の脳信号処理研究チームリーダー、アンジェイ・チホッキ氏は「独自で創造的な研究成果であり、障害者などが必要としている技術だ。正確な実験を続けて実用化につなげてほしい」と話している。

■子音の識別 例を見ない
 
 堀潤一・新潟大工学部教授の話 脳の活動から言語や動作を予測する研究は欧米で生まれ、国内では約20年前に始まった。
手足の上げ下げなど動作をイメージすることに伴う脳波の研究が主だったが、動作は複雑かつ多様で、分析するのは容易ではない。
言葉については、母音の識別には成功したことがあるが、子音の入った単語の識別は聞いたことがなく、幅広い可能性を感じる研究だ。
 
(西日本新聞1月4日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00010000-nishinp-sctch








【今日の風景】

理工系の基礎科学を少しでも齧ったことがあると分かりますが、大変な努力の積み重ねの上に成り立っています。

実験器具や測定機材を一から作らなければならないことが普通にあるようです。

それがまた、新しい技術に繋がります。

例えば電子線を利用した『電子顕微鏡』の研究でドイツのエルンスト・ルスカが1986年ノーベル物理学賞を受賞し、『超解像度の蛍光顕微鏡』の研究で2014年ノーベル化学賞をエリック・ベッチグ、ステファン・ヘル、ウィリアム・モーナーが受賞しています。

統計解析用コンピュータなども同様です。

天文学(宇宙物理)などでは時間の掛かる特殊な計算には普通に、『手作りのスーパーコンピュータ』が使用されています。

ご存知の方も多い『SETI計画(seti@home)』も同様の発想から構成されました。

それにしても今回の脳波の解析は、更に複雑な段階が予想されます。

単純な二次元波形解析では済まない、三次元+変化率解析とその分類と関係性の解析。

人間の記憶のしくみもまだ分かっていないくらい遅れている分野としては、なかなかに楽しみなことではありますけど。

解析プログラムの構築と解析用スーパーコンピュータの作成で『ノーベル賞』受賞も可能です。

さてさて単純に人が「考えている事が分かる」ようになるには後、どれ位掛かるやら。




 

ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

日本海で『サルパ』大発生の怪

日本海側で動物プランクトンの一種「サルパ」が大量発生していると12月4日に福井放送が伝えています。

現地では越前がに漁がピークでありサルパの発生が影響を与えているとされていますが、漁師は「今まで見たことがない」と語り、海の異変を告げています。

12160215

サルパは動物プランクトンの一種で急速に増殖するために漁への影響が大きいようですが、植物プランクトンが多いほど増えやすいということから、現地の海では植物プランクトンが増加している可能性もありそうです。

サルパの出現は過去に何度か報じられたことがあり、2014年1月にはニュージーランドの海上で見つかったサルパが海外メディアに取り上げられたのが記事になっています。この付近で近い時期に大きな地震が起きていたかどうかを調べてみると、1月20日にM6.1、そして2月2日にM6.5の地震が発生していました。

また2014年の時期は不明ですが大西洋の北西沖でもサルパが大量に発見されましたが、大きな地震があまり起きない大西洋で2014年7月27日にM6.0、そして2015年2月13日にM7.1の地震が起きています。

12160315

他にも2015年7月11日と12日に米国東部海岸で大量に漂着したという記録が残っていますが、その5日後にバルバドスでM6.5の地震がありました。

大西洋における例はサルパ発生箇所と震源がそれほど近いわけではありませんが、海水温度の変化から地震発生を予測する研究もあることを考えればプランクトンの増加が大量発生に影響するというサルパと発震の関係を無視すべきではなく、ニュージーランドの例のようにサルパ発生直後のタイミングで地震が発生している例が他にも見つかれば注目を集めそうです。

気になるのは今回、日本海側で発生しているという珍しいサルパのニュースが報じられた前日の12月3日に日本海中部を震源とする有感地震が起きていたという点です。有感地震としては約2年ぶり、過去10年でもわずか6回しか揺れていない日本海中部での地震はサルパと何か関係があるのでしょうか。

12160115

前兆現象の記録が詳細に残っている関東大震災の際にも、海の生物の異常がいくつもあったことがわかっています。「ハゼの異常発生」「カニの大量出現」「深海魚の大量死」「イワシの大群出現」など。こうした点からはサルパについても一応、知っておいたほうがよいと言えるでしょう。
 

(Buzz News12月6日;




【今日の風景】

昨夜9時のNHKニュースでも放送されました。

真核生物 (Eukaryote)動物界 (Animalia)脊索動物門(Chordata)尾索動物亜門(Urochordata)タリア綱 (Thaliacea)サルパ目(Salpida)サルパ科(Salpidae)

もうひとつよく分かりません。
『サルパ』詳細

単純にいえばホヤに近い大きな動物性ブランクトンです。

本来は、南極海でよく見られるものだそうです。

でも問題は記事にもあるように、日本海での地震の予兆の可能性があることです。

地震の予兆ということで言えば昔から、日本海側の海岸に打ち上げられる『リュウグウノツカイ』の話はいろいろな文献に出てきます。
リュウグウノツカイ:最大で11mを超える深海魚
日本経済新聞2015年6月21日「深海魚リュウグウノツカイがまた漂着、1年で5回」

12160415
※リュウグウノツカイ(wiki pより)

しかしなにか大きな異変が、日本海に起こっているのは間違いないようです。

地震の予兆でなければ日本側の向こう、中国・北朝鮮・韓国でなにかが起きている可能性があります。

動物性プランクトンである『サルパ』を急激に増やす植物性プランクトンの異常な増殖の原因が必ずあるはずです。

なにもなければ良いのですが、年末なのにものすご~く気持ちの悪い話です。




励みになります! 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

・・・STAP細胞ありました

小保方晴子さんが発見した「マウスの体細胞が初期化して多能性を持つSTAP現象」がアメリカの研究者により発表
 
ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました
 
12120215

小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された】 

小保方晴子さんは細胞培養中、細胞にストレスをかけると分化多能性を持つようになるアイデアが浮かんだという。 
今回のネイチャーの報告書で小保方さんのアイデアの本筋は間違っていなかった事が証明された。 
小保方さんは細胞にストレスをかける実験は低酸性液だけではなく、細胞膜に穴を開ける方法や物理的圧迫なども試し、多能性マーカーを発現するようになった、と報告している。 


STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した】 

物理的圧迫で細胞が初期化し、多能性を持つとする現象が報告された事により、細胞がリプログラミングする事がある、という事が解った。 
「細胞はいったん分化したら未分化の状態に戻る事は無い、細胞は分化が進んで行くだけ」「体細胞が未分化細胞になり、 
幹細胞状態として身体組織を作れるようになるなんて事はない」とするSTAP否定派はこの実験結果をどのように捉えるのか? 

論文に引用された小保方さんの論文。 
ハーバード留学時代に書かれ、再生医学専門誌「ティッシュ・エンジニアリング誌」に掲載された 
「The Potential of Ston Cells in Adult Tissues Representative of the Three Gern Layers」 
体細胞が多能性を持つようになる研究が実験段階である事を示すために引用されています。 
博士号を授与される前に、多能性細胞について書いた論文が一流の研究者達の参考になっているのです。 
小保方さんはこの論文を元に博士論文を書きましたが、間違って草稿を製本し早稲田大学に提出したために、 
「不正により学位の授与を受けた」と判定され、学位を剥奪されました。  
 
論文:http://www.nature.com/articles/srep17355
 
一部翻訳
Abstract 要約 

我々は最近、負傷したマウス骨格筋からの幹細胞の新規な集団を発見しました。 
これらの傷害誘導性の筋肉由来幹細胞様細胞(iMuSCs)は部分的に分化した筋原細胞から再プログラムおよび多能性のような状態を表示しています。 
このような神経性および筋原分化などの複数の系統に分化する能力を含むiMuSCs展示幹細胞の性質; 
彼らはまた、in vivoでの筋肉の生着の強力な能力を実証する優れた移行容量を表示します。 
IMuSCsには、いくつかの多能性および筋原幹細胞マーカーを発現します。 
胚様体及び奇形腫を形成する能力を有し、そして3つのすべての胚葉に分化することができます。 
また、胚盤胞のマイクロインジェクションは、iMuSCsキメラ胚に貢献したが、生殖系列伝達を完了できなかったことを示しました。 
我々の結果は、iMuSCsが負傷した骨格筋の微小環境によって生成された多能性の部分的に再プログラムされた状態であることを示しています。

(Facebook;





【今日の風景2】

厳密にはin vivo(生体内)でのSTAP(刺激惹起性多能性獲得細胞:Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells)現象。

高校の生物の教科書にも実は、この逆の現象がいくつか載っていたはずです。

白金(プラチナ)棒で未受精のウニの卵をかき回すと、受精卵のように細胞分裂を始めて幼生ウニになる。

つまり一定の単純な刺激で、人為的に受精卵で見られるような細胞分裂を起こすことができる。

ただしこれは卵細胞単独から発生を始めるので、染色体数は通常の半分のn本。

奇形です。

今回の実験結果は、小保方さんの場合のようなin vitro(試験管内で行なわれるような人為的な環境)での結論ではなく、あくまでin vivoのSTAP現象の発見。

ただ「STAP細胞はあります!」が正しかったことは間違いないようです。

あとはその発生機構の詳細な解析と、どの程度の頻度で発生するかと、どの程度のレベルまでの多機能性を持つかの解析です。

元の論文は非常に専門的で難しい内容ですが、一定の解析を終えているみたいですので今後の展開が待たれます。


しかしじじぃにはよれよれになりながら、なんとかついてくのがせいいっぱいの世界です。
 
今日みたいに月命日に、坊さんと「怪奇現象」のはなしをしているほうがおもしろい。

聞いたところによると最近、お寺の裏山で失恋を苦にした若い女の首吊り自殺があって、出るそうです毎夕。

法事のついでにお墓参りにきた檀家さんが、あそこに立ってた白い顔の女の人は誰ですって何人も聞きにきたそうです。

お寺から墓地が山の中腹まで続いてるんですけど、その山の中腹へ行く道の角の柿の木の下に俯いて立っているらしいです。

決まってあたりが薄暗く成りかけてる夕刻。

お参りに来た人がなにか様子が変なのでいったん、その女の人の前を通り過ぎて、声をかけようと振り返るといない。

その話しが出るたびにお坊さん、お払いのお札をお参りの人に渡して、邪鬼退散の真言を唱えるそうです。

そのお坊さんによるとこういう霊は必ず、地縛霊になってお寺の周りを数年さ迷うそうです。

お払いの護摩供養もあるらしいんですけど、ちょっとおもしろいのと臨時収入になるから数年くらい放っておくそうです。 

ほんとかどうか知りませんが供養の護摩炊きをすると、地獄から鬼がその幽霊を迎えに来るそうです。

そこで初めて幽霊が、自分が死んでいることに気がついてすごい形相で大声で泣き叫ぶらしいんです。

その泣き叫ぶ幽霊のあごを、ペンチの大きいやつ(やっとこ?)で挟んで、引きずりながら護摩炊きの炎の中を通って地獄に連れて行くそうです。

今ならそのお寺に夕方いくと、見ることが出来るかもしれませんよ、その幽霊。




励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

シベリアで氷河期の絶滅ライオン見つかる

 ロシアのシベリアにある氷河期の永久凍土層から、凍った状態のホラアナライオンの子どもが複数体発見された。これほどの保存状態で発見されたのは、同種としては初めて。

1102415


 公開された写真からわかるように、発見されたホラアナライオンのうち少なくとも1頭は、毛皮までそのまま保存されていた。このサンプルは、少なくとも1万年以上この状態だったことになる。(参考記事:「アイスマンを解凍せよ」

「私の知る範囲では、先史時代のネコ科の動物がこのレベルの保存状態で発見されたことはありません。つまり、これは本当に驚くべき発見です」と言うのは、ネコ科の化石を専門とする米デモイン大学のジュリー・ミーチェン氏だ。

 ホラアナライオンは、1810年に初めて文献に登場して以来、ユーラシア大陸や北米大陸でその痕跡が見つかっている。しかし、これまでに発見された化石は、骨と足跡に限られていた。(参考記事:「初期人類はホラアナライオンを狩っていた?」

 科学者らは、発見の詳細については口をつぐんでいる。ロシアのサハ共和国科学アカデミーの古生物学者アルバート・プロトポーポフ氏は、11月17日に予定されている記者会見で初期所見を発表するため、今は質問に答えないとしている。同じ記者会見の場で、同地域でのもうひとつの大発見である「ユカ」(ケナガマンモス)についても取り上げるという。(参考記事:「シベリア マンモスの牙を探せ」「冷凍マンモス「リューバ」解剖」)

 それでも、インターネットはホラアナライオンの話題で持ちきりだ。氷河期の子ライオンの写真は、ネコ科の愛好家と古生物学者の双方をにぎわせている。ミーチェン氏は言う。「初めて見たときは信じられませんでしたが、どうやら真実のようだとわかったときは、畏敬の念を抱きました」

 ホラアナライオンは、現在のライオン(Panthera leo)の亜種である。ゴツゴツした洞窟だけでなく広い草原でも行動していたため、ステップライオンの別名を持つ。

 今回の発見の重要性は見た目だけにとどまらない。科学者は、「これらの幼獣の死因に関する情報や寄生虫保有量を知ることができるはず」とミーチェン氏は言う。さらには、胃の中に母乳が残っていれば、親ライオンが何を食べていたのかを知ることができるかもしれない。今回の発見は、それほど古くない極寒の世界への新たな窓を開いたのである。

( NATIONAL GIOGRAPHIC日本語版抜粋



【今日の風景3】 

もう酔っ払ってるから明日にしようかと思いましたが、あまりにすごいニュースなので。

気持ち悪いなんていったらかわいそうです。

生物の進化にとって数万年なんてついこの間の出来事です。

まだ耳もちいさい生まれて数ヶ月の仔ライオンです。

母親ライオンに何があったのか。

仔猫となんにも変わりません。

一万年以上もこのままだった。

呼んでもこない母親を探しながら、おなかも空いて凍え死んだ。

「おなか空いたよ~っ、おかあちゃ~ん。」そのままです。

時間が止まっています。

死ぬとその死んだ「もの」の時間も止まるんです。


1102515
※画像はフリーを使用しています。
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ