じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

宇宙

NASAが公開した「月から見た地球」とその他の画像

NASAが公開した「月から見た地球」
 
触れられそうな存在感。NASAが公開した「月から見た地球」の壁紙にしたいほど美しい写真
アメリカの月周回無人衛星ルナー・リコネサンス・オービターが捉えた「月から見た地球」の写真。

1060116

でこぼこした月の地表から眺める青い惑星地球の姿は美しく、地球上に存在する全ての日々の大切さに思いを馳せてしまいます。

この美しい写真は、2015年10月12日にルナー・リコネサンス・オービター(LRO)がコンプトン・クレーターの上空134kmを通過した際に撮影されたものです。渦を巻く雲の下にはアフリカ大陸と南米大陸が見えますね。

月には「地球の出」や「地球の入り」はありません。月面上で場所を動かないかぎり、いつも同じ位置に地球を見ることになります。
 
ルナー・リコネサンス・オービターでの写真撮影は簡単ではありません。分解能の高いNAC(Narrow Angle Camera)と分解能の低いカラーカメラのWAC(Wide Angle Camera)データを利用して合成されました。
 
NASAのNoah Petro氏は「今回の地球の画像は、43年前にアポロ17号のHarrison Schmitt宇宙飛行士が撮影した有名な写真『Blue Marble』を思いだされる。アフリカ大陸が際立って映されている」と語りました。

この画像はNASAのサイトより高解像度でダウンロードできます。いつか人類が月で暮らすようになったとしたら、こんな風に地球を眺めることになるのかな…なんて思いを馳せながら壁紙にしてみましょう。

 
(image by NASA/GSFC/Arizona State University
source:https://www.nasa.gov/

( ギズモード・ジャパン抜粋;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11023771/) 








【今日の風景】

本文がつまんないので、もっと面白いのを・・・。


2015.12.17 ロシア・ソユーズ ユーリ・マレンチェンコ飛行士自動ドッキング
(故障?)をあきらめ、手動で国際宇宙ステーションに到着

100916


2015.12.11 日本人宇宙飛行士油井さん191日のミッションを終え、
国際宇宙ステーションから出発、のちカザフスタンに着陸

1060816


2015.12.24 ダリア(Zinnia Flowers)のなえが大きくなった at  国際宇宙
ステーションの無重力環境

1060716


2015.12.30 北部ナミビア砂漠の『Yardang』のウガブ川の『Y』字
1060316


2015.12.31 あんまり雪のないシワシワの『冬のアルプス』
1060516

まだまだいっぱいありますが、じじぃには訳すのは大変です。

興味のある人は、NASAのHPをご覧下さい。





ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

有人火星探査機 次世代宇宙船「オリオン」の試験機の一部を公開/NASA 

有人火星探査機 次世代宇宙船「オリオン」の試験機の一部を公開/NASA
 
【ワシントン=三井誠】

米航空宇宙局(NASA)は11月30日、2030年代の有人火星探査に向けて開発中の次世代宇宙船「オリオン」の試験機の一部を、オハイオ州の研究センターで公開した。

 宇宙船の電源や動力を担う「サービスモジュール」と呼ばれる中核部分で、欧州宇宙機関(ESA)が開発して運び込んだ。

 両者は、来年初めから次世代宇宙船の共同開発を本格化させる。同センターでは、約20メートルの大きさに広がるソーラーパネルの作動状態を調べたり、打ち上げ時の振動を模擬して強度を試験したりする。オリオンは、23年までに最初の有人飛行を目指している。

12051215

 
(YOMIURI ONLINE12月1日;
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/20151201-OYT1T50153.html



【今日の風景2】


日本では『はやぶさ2』が注目されています。

12051315

小惑星帯探査の為、スイングバイ航法で飛んでいくとか。

スイングバイって『2010年宇宙の旅』に出てくるエアロキャプチャーの逆?

具体的に目指す小惑星は、1999 JU3(Ryugu)。

小惑星にもう、愛称もついてる。

それにしてもオリオンの電源・動力モジュールが意外なくらい小さい。

どういう構造になるにせよ、二人は乗れない気がします。

でもほんとに帰って来れるのかなぁ。 

しかし不思議なのはどうして月に基地を作って、レールガン方式で探査機を飛ばさないのか? 

月に建造物がどうしても造れない理由が、ほんとにあるのかもしれない・・・。

宇宙ステーションの規模も未だにいまいち。

楽しみでもあるけど、なんかしっくりこない宇宙への旅です。





励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ