じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

海外歴史

クリスマスの悪魔「クランプス」、米国で大流行

クリスマスの悪魔「クランプス」、米国で大流行
 
サンタクロースと一緒に現れる、おどろおどろしい姿の悪魔。その起源は?

12100115
2014年、チェコのカプリツェで行われたショーで、クランプスの扮装をする男性。何世紀も前から残る伝承の存在であるクランプスは今、米国でにわかに人気を得ている。(Photograph by David W. Cerny, Reuters)
 

 「クランプス」という名前を聞いたことがあるだろうか。
オーストリアの民間伝承に登場する、半分ヤギ、半分悪魔の姿をした怪物のことだ。
クランプスは子供たちにプレゼントを配る聖ニコラウス(サンタクロースの起源といわれる人物)とは対照的に、悪い子供たちを叩いたり、連れ去ったり、さらには地獄へと引きずり込んだりする。

そのクランプスが今、米国でひっぱりだこの人気者となっている。先日ついに彼を主役にした映画まで公開された。(参考記事:「クリスマスの歴史とトリビア」)

 米国でクランプスが突如として脚光を浴びた理由について、アートディレクターのモンティ・ビーチャム氏は火付け役を自認している。
ビーチャム氏がクランプスを知ったのは、あるコレクターから、クランプスが描かれた19〜20世紀の郵便はがきを見せてもらったことがきっかけ。
その後彼は、自身が発行するコミック誌でクランプスはがきを紹介し、2004年と2010年には、それらを集めた本も出版した。

 1冊目の本を出して間もなく、ビーチャム氏のところにカリフォルニア州のギャラリーから連絡が入り、クランプスはがきの展覧会をやりたいとの提案を受けた。
「展覧会は大成功で、以来クランプスを題材にした展覧会のキュレーションを任されるようになったのです」。
そのあたりから、クランプスの人気は「雪だるま式に」高まっていったという。

 さて、それではこのクランプスの起源はどこにあるのだろうか。
 

●100年前に流行したクランプスのクリスマスはがき

12100215
1911年頃に発行されたウィーンの郵便はがき。特徴的な長い舌で、クランプスが子供を誘惑している。伝承では、クランプスは手に持ったカバノキの枝で、悪い子供を打ち据えるとされている。(Photograph by Imagno, Getty)

 聖ニコラウスと対をなす恐ろしい存在といえば、クランプスの他にもさまざまなものがある。ドイツのベルシュニッケルやクネヒト・ループレヒト、フランスのハンス・トラップやペール・フエタールの他、オランダにもツヴァルテ・ピート(黒いピート)。顔を黒く塗るため、現在は人種差別的だとして議論の渦中にある)がいる。(参考記事:「欧州の祭りに登場する悪霊たち」)

 こうした存在の起源は、12月22日を祝祭の日としていた土着の習慣にある。
1年で夜が最も長いこの日は、後にクリスマスとして定着していった。この日、クランプスは聖ニコラウスとともに子供たちのところへやってきて、悪い子には厳しいお仕置きを与えた。

 クランプスのはがきが販売されるようになったのは、オーストリア政府が郵便はがきの生産管理を手放した1890年以降で、この商売は大いに繁盛した。
それから第一次大戦までの間に、ドイツの企業が国内やオーストリアなどで、クランプスのクリスマスはがきの販売を行った。

 子供向けのはがきには、恐ろしげなクランプスが子供たちを怖がらせたり、叩いたり、背中に担いだ籠に入れてさらったりしている絵が描かれている。
そして1903〜1904年頃には、早くも大人向けのはがきが登場した。
こうしたはがきにはクランプスが大人に罰を与えている絵柄もあったが、クランプスが女性をさらったり、女性に求愛をしているようなものも多かったという。

「ドイツでの郵便はがき市場は巨大でした。そこを狙って、女性を入れた図案のものも作られるようになったのでしょう」

変わり続けるクリスマス

 オーストリアやドイツの一部では、クランプスナハト(クランプスの夜。12月5日)にクランプスに扮して子供たちを怖がらせる19世紀の風習が今も残っている。一方、クランプスラウフ(クランプスの走り)は、酒に酔った男たちが恐ろしげな扮装をして通りを駆けまわるというもので、こちらは見るからに大人向けだ。

 現在米国で行われているクランプス関連の行事は、ほとんどが仮装をしてお酒を飲むといった、大人を対象としたものだ。
こうした過ごし方は実は、子供とプレゼントを中心とした行事になる前の、古い時代の米国のクリスマスによく似ている。

「1800年代以前には、クリスマスのことを家で過ごす静かな休日だと思っている人など、ほとんどいなかったでしょう」。ピュリツァー賞にノミネートされた歴史書『The Battle for Christmas(クリスマスのための闘い)』の作家、スティーブン・ニッセンボーム氏はそう語る。「クリスマスといえばにぎやかなお祭り騒ぎをする日で、いわばハロウィン、大晦日、マルディグラ(謝肉祭のカーニバル)を混ぜ合わせたようなものでした

 当時は仮装をした人たちが家々のドアを叩いて酒を要求し、出さなければ騒ぐぞと脅すことがごく当たり前に行われていたという。
現代の子供たちがハロウィンにやる「トリック・オア・トリート」は、この習慣から健全な部分だけを残したものだとも言える。

 クリスマスの形は時代とともに変化していくものであり、この先、クランプスが一般の人々にも受け入れられるほど有名になれば、流行に敏感な人たちからは、逆にそっぽを向かれるだろうことは想像に難くない。
クランプスはすでに映画の主役まで務めているのだから、あるいは今がまさに人気の絶頂なのかもしれない。(参考記事:「世界の最も激しい三つの祭り(竹沢うるま)」)

(NATIONAL GIOGRAPHICS12月9日;





【今日の風景】 
 
朝からちょっと変な、でも面白いはなし。

ナショナル・ジオグラフックスもなかなか。

じじぃと目の付けどころがいっしょ、えっへん。

還暦ハゲじじぃも、なかなかやるじゃん。

前記事 『227歳サンタさん死亡?』をまず見てください。

ドイツの黒いサンタ『クネヒト・ループレヒト』 が出てくる。

でもクランプスについての私の考えは、少し違うんです。

クランプスは、タロットカードの 大アルカナの15番に描かれている悪魔バフォメットの姿そのものです。

12100315

そして、

12100415

サバトの山羊の上級六大悪魔である地獄の大将バフォメット。
※サバト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%83%88_(%E9%AD%94%E5%A5%B3)

悪魔信仰です。

でもこれも実は、日本を含めて世界中にあります。

まずヤギや羊は、北半球では人類が文化を持つ以前から家畜と存在してしていました。

ただ平地の牛・馬に較べて山岳地域に生息しているヤギ・羊は、雑食性で気性が荒く生殖行動も激しい。

その姿に原始人類は、自分達の生殖行動の弱さに対する理想を感じたのでしょう。

収穫祭など世界中のお祭りの基本は、自然神と先祖神への収穫のお礼と、その後の無礼講です。

今でいう無礼講・乱交パーティ。

相当長い間世界中で、それは許されてきていました。

乳児の死亡率が30%を超える原始時代です。

生殖は大事な儀式であり、次の時代を支える出産への希望の礎でした。

日本でも農村部では、万葉の時代から戦前まで普通でした。

それが社会と宗教が発達すると禁止されることになります。

『モーゼの十戒』を見れば分かります。

「汝姦淫することなかれ」です。

結婚が社会性を帯びて契約制度となり、乳児の死亡率が社会制度・医療技術の発達とともに低くなると、収穫祭の後の無礼講・乱交パーティも禁止されてゆきます。

そしてその象徴だったヤギや羊(たぶんその生殖行動の激しさから神様扱いだった)も、悪魔の象徴にされてしまいます。

そういう変遷を辿った中東・欧州社会と較べてアジアの国々はまだ、大らかだったのでしょう。

レヴィ・ストロースなんかの本を見ればよく分かります。

悪魔?

違います。

クランプスは大昔の神様のなごりであり、かつての人類の長い歴史の残像です。 



励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

価値2兆円超?沈没財宝船の発見!

価値2兆円超?沈没財宝船の発見!
 
南米コロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領(64)は5日、307年前に英国艦隊の攻撃によって
コロンビア沖のカリブ海で沈んだスペイン海軍のガレオン船(大型帆船)「サンホセ号」の船体を発見したと発表した。

12070615

 大統領は「人類史上、最も価値ある発見物だ」と力説。サンホセ号には大量の金貨や宝石類が積まれていたとみられ、海底に眠る財宝の価値は最大で170億ドル(約2兆900億円)との見方もある。

■価値は2兆円規模!?

サンホセ号が発見されたのは、コロンビア北部の港町、カルタヘナ近海の海底。現地メディアによると、カルタヘナで記者会見したサントス大統領は「発見は、われわれの海中の文化遺産にとって歴史的な出来事だ。
 
12070415

 今後、慎重に船体や積載物の引き揚げを進め、将来的にはこれらを展示する博物館をカルタヘナに建てたい」と興奮気味に語った。

AFP通信によると、サンホセ号の捜索はトレジャーハンターらにより数十年にわたって行われ、その間、多くの沈没船が見つかったが、サンホセ号の沈没地点だけは確定できていなかった。

見つかった船体は海底で横倒しになった状態で、銅製の大砲に刻まれていたユニークなイルカの図柄がサンホセ号であると特定する決め手になったという。

米大陸の植民地で得た財宝の類をスペイン王フェリペ5世のもとに運ぶ船団の主船だったサンホセ号は1708年6月、財宝を奪取しようとする英艦隊との戦闘の末、約600人の乗組員らとともに撃沈された。
 
当時、欧州では、スペインの王位にフランスのブルボン家からフェリペ5世が迎えられたことをめぐって、「スペイン・フランス対英国・オランダ・オーストリア」の構図でスペイン継承戦争(1701~14年)が戦われていた最中で、スペインと英国は敵対関係にあった。

積んでいた財宝は、古文献などからの推定によると、金貨約1100万枚、プラチナ約2トン、大型収納箱約120個分のエメラルドをはじめとする宝石類…などとみられている。

■最初は「折半」の取り決め

1622年に現在の米フロリダ沖でハリケーンに遭って沈没した同じスペインの帆船「ヌエストラ・デ・アトーチヤ号」の財宝(約40点)が今年8月、競売にかけられ、合計約250億円で落札されている。サンホセ号の場合は、質量ともにこれを大きく上回っているため、もし競売となれば、文字通り天文学的な値がつくと予想される。

ただ、引き揚げられる財宝類がすんなりとコロンビア政府のものとなるかどうかは、予断を許さない。
 
今回の発見場所はもともと、米国のサルベージ会社「シー・サーチ・アーマダ(SSA)」が1981年に「多分ここにサンホセ号が眠っている」(結果的に的中)として、コロンビア政府に探索許可を求めていた。
 
当初、コロンビア政府は、見つかった場合の財宝類の取り分を同額で折半としていたが、
後にSSAの取り分は5%と変更。これに抗議したSSAはコロンビアと米国で法廷闘争に訴え、ほぼ30年にわたって争われてきたからだ。米国では4年前にSSAの敗訴が決定したが、コロンビアではまだ係争中だ。

12070515

沈没した財宝船の発見は歴史ロマンをかき立てるが、現実の世界でカネがからむと、話は単純ではなさそうだ。
 
(Sankei Biz12月7日;
ソース:http://www.sankeibiz.jp/express/news/151207/exd1512070001001-n1.htm





【今日の風景2】

二兆円という金額が、個人には想像もつきません。

やはりこれだけ大きなお金だと揉めますね。

コロンビア政府も必死でしょう。

 
年末も近く、ボーナスもそろそろ、今週くらいでしょうか。

うちは弱小個人経営のお店だから隙間風が吹くくらいで、懐もさみしい・・・。

妻はサラリーウーマンで、ルンルンでお友達と電話で忘年会の相談をしているようです。

神頼み お店在庫と冬の空・・・、あぁっ。





励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ