じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

産業

沖縄沖で海底の金銀、採取成功

<海洋機構など>海底の金銀、採取成功 沖縄沖の熱水鉱床
 
◇1トン当たり金1.35グラム、銀数百グラム、銅45キロ

 海洋研究開発機構などの研究チームは25日、国内最大規模の熱水鉱床が広がっている沖縄本島沖の海底を掘削し、金や銀の採取に成功したと発表した。海底下の資源は掘り出すのが困難とされていたが、チームは「人工的に噴出口を作ることで、極めて低コストで資源回収を実現できる可能性が開ける」としている。同日の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに成果が掲載された。

2280116


 熱水鉱床は、岩石中の金属などが海底下で熱せられた海水に溶け込んだ鉱脈。海底までの裂け目があると熱水とともに噴出して金属などが海底に煙突状に沈殿する。銅、亜鉛などのほか、ガリウムやビスマスなどレアメタルを含むため、次世代の海洋資源として各国の探査が活発化している。

2280216

 同機構が掘削したのは、那覇市の北北西約190キロの海域「伊平屋北海丘」。2010年、地球深部探査船「ちきゅう」で水深約1000メートルの海底に直径50センチの穴を掘り、定期的に観察した。その結果、約310度の熱水が噴き出して人工的にできた鉱床は1日0.11トンのペースで高さ7メートル以上に成長し、13年の成分解析では1トン当たり金1.35グラム、銀数百グラム、銅45キロを含んでいた。

2280316

 今井亮・秋田大教授(鉱床学)によると、今回の金の含有量では採算を取るのは難しいが、銅やレアメタルも多く含まれれば価値は上がるといい「日本の領海内で資源を確保しておく意義は大きい」と話す。

 同機構は3月17日まで、再び近海を採掘して観測装置を設置し、高濃度の金属を含む鉱床を効率よく形成させる実験をする。川口慎介研究員は「実験を通して金属がどのように沈殿し蓄積して鉱床を作るのかを調べたい」と話す。
 
(毎日新聞 2月27日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160227-00000035-mai-soci





【今日の風景】 

この話、以前にも少しした覚えが・・・。

日本は世界で五本の指に入る海域資源国でありながら、実質的にはその採掘についてほとんど手を付けていません。

熱水鉱床しかり、メタンハイドレイトしかり、大陸棚油田しかり、1960年代には見つかっていながら未だに調査のみ。

アメリカのグローマーチャレンジャー号が、その深海掘削研究結果を発表してから既に40年以上の年月が過ぎています。

1971年海洋科学技術センターは作ったものの、飽くまで地球物理学・海洋生物学のための調査機関に終始しています。
※『国立研究開発法人海洋研究開発機構
※『日本海洋事業株式会社

どうも今の日本という国は自分の国に資源があっても、輸入に頼りたい性癖があるみたいです。 

実はそういう意味では、江戸時代のほうがちゃんとしていました。

金・銀・銅の採掘は、飛鳥時代まで遡れますし、鉛・硫黄・リン鉱石の採掘(もちろん火薬を作るため)も既に江戸時代には行われていましたし、重要な輸出品でもありました。

石油の採掘まで江戸時代に行っています。

石炭を掘り尽くしてからの鉱物資源開発の歴史はすご~く地味になっています。

それでも鹿児島での金鉱脈等の新しい発見など、結構ニュース性のある事実もあるんですけど。

火山列島である日本は、なにも熱水鉱床を海で探さなくても、温泉の出る地域には同様のものがたくさんあるのに・・・。

さていつになれば国が、国家プロジェクトとして鉱物資源開発に本格的に乗り出すことやら。


  




ぽちっとお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは

LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは
 
LED電球は本当に長寿命なのか――。「10年もつ」との触れ込みで登場し、ここ最近で急速に普及した次世代の照明器具をめぐり、こんな「疑惑」がネットで注目を集めている。

2250116

 高い省電力性能と「4万時間」ともいわれる長寿命がウリのはずが、ネット上で「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいるのだ。

■「10年もつはずのLEDが...」

  「電気屋としては何とも言い訳がましいのですが、長寿命をうたって勧めてきたLED電球がボチボチ切れてきました」

 LED電球の寿命への疑問について注目を集めるきっかけとなったのは、都内のある家電店のオーナーが2016年2月19日に更新したブログ記事だ。「LED電球が寿命より前に切れた」との相談が増えていることを明かしつつ、メーカー各社がうたう「長寿命」という宣伝文句は信じられないと言及している。

 さらにブログでは、点灯しなくなった「大手メーカー」のLED電球を分解し、故障の原因を調べている。各部品をチェックした結果、電球の発光部には問題がなかったが、基盤部分の「電解コンデンサー」というパーツが熱で故障していた。続けて、LED電球が点かなくなる原因のほとんどが基盤部分の故障にあるといい、一部の製品には「欠陥がある」と指摘している。

 実は、同様の指摘は海外のLEDメーカーからも上がっている。高級LED照明を専門に扱う「ジェイク・ダイソン・ライト」のジェイク・ダイソン社長は15年6月、日本の家電サイトのインタビューで、「LED電球が長寿命というのは誤った情報だ」と断言。日本で販売されているLED電球のほとんどが放熱能力に課題を抱えており、「4万時間もの寿命があるとは思えない」と分析している。

 こうした指摘の通り、ネット上でも「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいる。ツイッターで「LED 切れた」と検索すると、「10年もつはずのLEDが半年で切れた」「またLED電球が切れた」などといった投稿が少なくとも数百件単位で見つかる。

 また、消費者からの苦情を受け付ける「国民生活センター」のウェブサイト「よくある情報提供と回答」欄にも、「LED照明がたった1年程で点灯しなくなってしまった」(14年2月)との内容が掲載されている。回答欄では、種類にもよるが、数年の保証期間が設けられている製品もあるとして、購入時に保証期間の有無を確認することなどを勧めている。 
トラブルが発生するのは...
 ただ、LED照明の設置やメンテナンスを専門に行う都内のサービス企業によると、「過去にLED電球をめぐるトラブルが多発していたことは確かですが、最近は減ってきています」という。

  「LEDが市場に登場した当初は、様々なメーカーが参入していたため、正直なところ粗悪な製品が多数出回っていました。そうした状況の中で、LED電球が『すぐに切れてしまった』といった相談は、弊社の方にも相当数寄せられていたことは確かです。ただ、最近はメーカーが淘汰されてきたこともあり、ゼロではないですが相談件数は激減しました」

 トラブルが発生する製品のほとんどは中国製で、故障個所は「点灯回路系の不具合が圧倒的に多い」という。さらに、「(中国製は)放熱性能が不十分で、回路がやられてしまうケースが目立ちます」と指摘。その上で、「日本製の商品であれば、不具合が発生することはまずありえないと思います」と補足した。

 また、東芝の子会社でLED器具を販売する「東芝ライテック」は16年2月24日、J-CASTニュースの取材に対し、

  「確かに、環境によっては回路に故障が発生し、当社が試算した『4万時間』という製品寿命より前にLED製品に不具合が起きる可能性もございます。そのような場合、当社は製品寿命とは別に『保証期間』を設けておりますので、期間内であれば製品の修理や交換に応じます」

と答えた。

 東芝ライテックはLED照明器具については保証期間を設けているが、「LED電球」は消耗品として保証の対象としていない。他の国内メーカーを見ても、電球の場合は長くとも3年ほどで保証が切れる。こうした状況に、一部のネットユーザーからは「高価なLED電球には長期保証を付けるべきだろう」「制御回路の保証はこれくらいなんだろうな」との声も飛んでいる。
 
(J-CASTニュース 2月24日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160224-00000009-jct-bus_all&p=1







【今日の風景】

LED電球本体の保障期間は、確かにないみたいです。
※『東芝ライテック 保証とアフターサービスについて

他の部品は3年あるのに・・・。

でもビンボな懐古堂のおうちには、LED照明がないんであんまり関係ないみたい。

ウチでは蛍光灯は、切れるまで使っています。

40年以上使ってる照明器具もあります。

PCと文書机には、天井灯だけでは暗いので専用スタンドを別途使っています。

妻の部屋と私の分でスタンドが4つ。

フル稼働時は電気代が大変です。

まあ、半年に数日くらいの話ですから大したことはありません。

それにしても私が子供の頃からすると、格段に電気製品が家の中に多くなっています。

電気の自由化で電気代も安くなるらしいですけど、アメリカ並みになって欲しい。

だいたい日本の家庭用電気料金は、アメリカの倍です。
※『電気料金の国際比較』 参照

日本の電気料金が高い理由は、電話料金が高い理由と同じくらい不明瞭で不可思議です。


  



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

居合切りロボット動画 再生500万回超

 安川電機(北九州市)が創立100周年を記念して制作したロボットが居合術に挑む動画「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」(約5分)が、海外から注目されている。



 動画投稿サイト・ユーチューブで6月に公開したところ、日本の伝統武術とロボットが融合した映像に反響があり、再生回数は500万回を突破。このうち半分以上を海外が占めている。

 動画では、兵庫県と大阪府に道場を構える居合の達人、町井勲氏と、溶接や塗装などを行う産業用ロボット「MOTOMAN」が共演。並んで日本刀を握り、袈裟(けさ)斬り、斬り上げなどの基本動作でワラを斬る姿を披露し、最後はお互い礼をして終わる。ロボットが直径約3センチのキンカンや、厚さ約1センチのエンドウ豆を水平に真っ二つに斬る姿や、町井氏がロボットの動きに助言する様子も収めた。

(読売新聞11月11日;



【今日の風景】

妻が介護施設の夜勤で、今朝はまだ帰っていません。

明日は両親の月命日でお坊さんが来るし・・・。

朝ごはんをどうしたものか。

店を開ける準備もあるし・・・。

ちょっと手早く片付けましょう。


日本刀の居合い術おもしろい。

一定のスピードで一定の方向を維持しないとモノは切れない。

切った後も一瞬でそのスピードを止めないと自分の体を切ってしまう場合がある。

だから切った刀を返して再度切るなんていう芸当は、相当修練を積まないとできない。

明治時代にまだほんとうの剣豪が生きていた時代、1886年榊原鍵吉(直心影流)が明治天皇の前で『鉢試し』の妙技を披露している。

天覧兜割りである。

当時の普通の刀では無理なので同田貫を使う。

この頃はまだ、各流派の奥義技が相当残っていた。

確か柳生新陰流のもyou tubeで見た記憶がある。

こういう剣の奥義も今はほとんど失われているようである。

明治も遠くなりにけり。

 


じじぃの励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村
 

新潮社社長、1年間の新刊貸し出し猶予を要請

「本の売り上げが減っているのは図書館の貸し出しの増加が一因である」として、新潮社の社長が、一部の新刊に限って図書館に対し1年間の貸し出しの猶予を求める考えを明らかにしました。

 「売れる本を貸し出しでぐるぐるまわされてしまうと、少し出版全般が傷んでしまうという構造にあることをご理解いただきたい」(新潮社・佐藤隆信社長)

 新潮社の佐藤隆信社長は10日午後、横浜で開かれた図書館総合展で、著者と出版社の合意がある新刊に限って図書館での貸し出しを1年間猶予してほしいという考えを明らかにしました。

 本の販売部数は減少し、ピーク時の7割程度となる一方、公立図書館の貸し出し数は増加傾向にあり、2010年から販売部数を上回っています。

 年内をめどに、新潮社などが中心となって図書館側に発売から1年間は一部の書籍を貸し出さないよう求める文書を送りたいとしています。

(TBS NEWSi11月10日;



【今日の風景2】

前代未聞の要求です。

出版社と書籍流通会社は昔から大きな保護を受けてる。

新刊は定価以下では売らない。

せいぜい大学生協で5~10%位の値引きを許しているくらい。


11110915


11110615

11110715

11110815

おわかりだろうか。

本の販売市場が小さくなっているのに、出版する本の種類と部数を増加させている

また片方で電子書籍市場は大きくなっている

企業が普通新製品を出す場合、市場調査を行なった上でパイロット製品を出して反応を見る。

その反応で改良できるところがあれば改良をし、量産に踏み切るかどうかを決定する。

失敗すれば責任者は、良くて左遷である。

すべて民間企業内部で行なわれる日常の仕事である。

それを製品が売れないからといって外部の組織のせいにしている。

ほんとうに全国の図書館の貸出し統計を、すべて確認してからいっているんだろうか?

出版する新刊と雑誌の種類を少なくし、電子書籍の改良と価格を下げることをまず実施するのが当然である。

こういう指導者を持つ企業の未来は暗い。

参考;コミック誌の推定発行部数・推定販売部数推移 


面白かったらお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村
 

君はナゾの一流企業「かわの電気」を知っているか?!

 「宮の内政」社長がトップを務め、「高品質のピクチャーは現れます」という「ブルーメディア映画館」シリーズなどの液晶テレビを中国で販売する「かわの電気」。日本の世界的メーカーだというのだが……。
 
11110315


 政冷経熱」とか「政冷経冷」とか言われる日中関係だけれど、昔も今も全力でズレた「中国の変な日本語」や「中国の変なモノ」というのは日本人で嫌がる人を聞いたことがなく、多くの読者がさりげなく熱視線を注いでいるように思う。
 ネットでは最近、ダイソーと無印良品とユニクロを合わせたような「メイソウ」が話題となったが、新たに「かわの電気」という謎のテレビメーカーが現れた。

11110215

かわの電気はWebサイトを持っている。
とある家電メーカーに酷似した雰囲気の企業ロゴが目立つが、それに加えて日本語を中途半端に勉強した中国人が適当に作ったような文章、「宮の内政」社長「川口の政治の一」副社長という不思議な名前の人物、さらに謎の日本語でつぶやく「宮の内政」社長のTwitterアカウント(中国からはアクセスできないのに!)、カタコトの日本語を話す「川口の政治の一」副社長による製品紹介ビデオ──。詳しくはサイトを訪問してほしい。
 
 サイトの日本語原文から同社についてあえてまとめる。同社は1958年、「ディスプレーフィルターメーカー」の「日本OPC株式会社」として設立され、現在は「亀山」に位置。「つやがある器」「撮影するブラウン管」「液晶のついたて」などを作り、戦略ブランドの「CANYE」は「世界範囲内でディスプレー分野に入って、業界をリードしたブランドになりました」という。

 同社はグローバルに展開。「ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東などで5つの海外センターを創立して、全世界で26の生産拠点」があり、「日本拠点では年間の生産量が600万台以上」で、アジア太平洋地域においては「6本の国際でリードする液晶テレビの生産ラインを作り上げて、年間の生産能力が200万台以上」だというから、液晶テレビではそれなりの規模のメーカーに違いない。

11110115

 
 現在のテレビ製品ラインアップは「黒金剛」シリーズや「ブルーメディア映画館」シリーズなど。「ブルーメディア映画館」シリーズは「高品質のピクチャーは現れます」とうたっている。
 
(後略)

『かわの電気』HP
 
(ITニュース;ソース:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/18/news041.html) 





【今日の風景】 

どっきり!とも規模の大きいいたずらとも異なる。

古いニュースだが、あまりに興味深いので紹介した。

かわの電気「日本OPC株式会社」が中国市場で組んでいるというのが、上海の隣にある浙江省・義烏にある「憶豊科技有限公司」という会社が現実に今もある。

ソース記事の続きを読んで頂くとさらによく分かる。

国の企業としての認可もある。

しかし堂々と虚偽を謳い、製品を販売する企業への国の認可とは何なのか?

儒教の国らしいが、儒教ではこういうことを許しているのか?

あまりに節操がない。

この国では恥とか道徳とかという言葉すら何百年も前に滅びたのか?

11110415
※画像はフリーを使用しています。


よろしくぽちっとお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村

 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ