じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

サイエンス

犬や猫に与えると危険、意外な食べモノ

カフェインだけじゃない! 犬や猫に与えると危険、意外な食べモノ

1160116
 
「毒性学の父」と呼ばれたパラケルススの言葉。

「全てのものは毒であり、毒でないものなど存在しない。その服用量こそが毒であるか、そうでないかを決めるのだ。

Alle Dinge sind Gift und nichts ist ohne Gift; allein die Dosis macht es, dass ein Ding kein Gift ist.」

パラケルスス Paracelsus(1493~1541):スイスの医師、科学者、錬金術師、神秘思想家

“全てのものが毒”というのは言い過ぎかもしれませんが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。量が過ぎれば毒になる可能性があります。人間が60kg、犬が6kg、猫が3kgとすると、単純計算で、犬は人間の10分の1、猫は人間の20分の1。仮に同じものを食べたとすると、犬は10倍、猫は20倍その成分が入ることになるのです。

また、動物によって毒でないものと毒であるものがあります。例えば、コアラはユーカリの葉を食べますが、ユーカリの葉は他の動物には毒性を発揮します。このようにある動物に対しては毒でなくても、他の動物によっては毒になることがあります。「人間が食べても大丈夫だから、犬や猫でも大丈夫だろう」と安易に与えると、毒になるものがあるので注意が必要です。

1160216


■犬や猫に“チョコ”や“カフェイン”を与えてはいけない理由
 
チョコレートの原料であるカカオ豆には、テオブロミンという物質が含まれています。テオブロミンは植物アルカロイドの一種です。
植物アルカロイドとは、植物の体内に含まれる窒素を含むアルカリ性の有機化合物の総称で、多くが毒性や特殊な生理・薬理効果を持っています。
アルカロイドには、モルヒネ、コカイン、カフェイン、フグ毒やトリカブトなどの他、医療の分野でも用いられているアトロピンやレセルピン、コルヒチンなどがあります。

チョコレートに含まれているテオブロミン。
名前はカカオの属名「テオブロマ(Thebroma)」に由来しています。このことばの意味は「神の糧」。
人間には薬効があるとされ、昔は薬として使用されていたのです。
実際、心臓を刺激する効果があるとされていますが、人間が通常量のココアやチョコレートを食べたぐらいでは有害な作用はありません。

ただし、犬や猫はテオブロミン中毒になりやすいとされています。
わずかな量でも心拍に異常をきたし、死亡することもあり得るので注意が必要です。
カフェインもアルカロイドの一種でテオブロミンと似た性質を有し、同様に中毒を起こす可能性があるので与えないようにしないといけません。

■犬や猫に“タマネギ”を与えてはいけない理由
 
タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラなどに含まれるアリルプロピルジスルファイドが血液中のヘモグロビンを酸化させることにより、溶血性貧血を起こすとされています。
加熱しても有毒成分は残るので、タマネギを使用しているものはエキスだけでも有害です。
すき焼きやハンバーグの汁にも注意しましょう。ネギ中毒になると、貧血、血尿、嘔吐、下痢などを起こします。

人間でもジャガイモの芽を食べると中毒を起こします。
ジャガイモの芽にはソラニンという有害なアルカロイドが含まれています。
パラケルススの言うように、“全てのものが毒”というわけではありませんが、動物によっては毒性を強く発揮する食べ物があるので注意が必要です。
 
( All About1月15日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11069476/







【今日の風景】

◎補足
犬に食べさせてはいけない100の食物

猫が食べてはいけないもの・注意すべきもの


毒性のあるもの、過食すると障害が発生するもの等たくさんあります。

ペットを飼うというのもなかなかに大変です。

まあ、人間も同様ですけど。

ウチの二匹のネコは、無塩にぼしとキャットフードです。

時々マグロ生や缶詰、しらす、鰹節も。

グラム単位で換算すると飼い主より高価な食材で生きています。

そのためコロンコロン。

獣医さんに罹ったのはこの八年で一匹が一度だけ。

表で変なものを食べて(おそらくカエルかトカゲ)下痢が続いたから。

しかしペットといっても、立派な主義・主張のある人格(ネコ格?)を持って生きている二匹です。

店番がちゃんと出来ないのが難点ですが・・・。






ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

現実になった「シュレーディンガーの猫」!

現実になった「シュレーディンガーの猫」! やはりこの世界はふたつの現実が重なっていた!
 
2年連続でノーベル賞物理学賞者を輩出した日本、これまでにも素粒子物理学や量子力学の分野で6人の受賞者がいる。
これらは、一般人にはなじみのないミクロな世界の学問だが、最新の研究によると、近いうちに身近なものになる可能性があるという。
 先月23日、「Nature」に掲載された研究論文によると、ミクロの世界で起きている量子の「重ね合わせ」という状態が、われわれが認識できるレベルの大きさでも起きことが判明したようだ。
 
■量子の奇妙な性質「重ね合わせ」

 量子の世界で起きる不思議な現象、「重ね合わせ」。これを説明するためにしばしば持ち出されるのが「シュレーディンガーの猫」という思考実験の話である。箱の中に50%の確率で毒ガスが出る装置とともに猫を入れた場合に、箱を開けるまでは猫の生死を確認することができないため、箱のなかで「生存」と「死亡」の状態が重なり合っている、と考えるものだ。量子は基本的に、この2つの状態、つまり重ね合わせという性質をもっている。

 普通に考えれば理解ができないような不思議な量子の性質を、若干わかりやすく、かつ、ファンシーに教えてくれるシュレーディンガーの猫であるが、あくまでも思考実験であり、現実では重ね合わせの状態はありえない。猫は箱のなかで、生きているか死んでいるかのどちらかである。

 しかし、今回の研究では、微細な量子の世界でしか起き得ないはずの重ね合わせの現象が、現実世界の大きさでも起きていたという驚くべき結果をもたらした。

■驚くべき実験結果

1070116

気体の速度分布の凝縮を示すデータ、画像は「Wikipedia」より引用
 スタンフォード大学で行われた実験は、「ボース=アインシュタイン凝縮(以下、ボース凝縮)」という特殊な状態にある物質を利用して行った。

 ボース凝縮とは、原子を構成する「ボース粒子」と呼ばれる素粒子が、絶対零度(-273.15℃)近くまで冷却されると起きる現象で、たくさんの素粒子が、まるで一つの素粒子になったかのように振る舞うという。ただ、凝縮といっても、もともと希薄な素粒子が凝縮されたものであるため、「原子の雲」といったような状態である。 
実験では、ボース凝縮状態となった、10,000個のルビジウムからなる直径数ミリの原子の雲を、9メートルの高さがある円柱状の実験装置内で放物線を描くように打ち上げた。そして、原子の雲が装置の底についたときに、その状態(波動関数)を詳しく調べてみると、ひとつの原子の雲が異なった高さから落ちたといえるデータが得られた。

 これは、打ち上げられた原子の雲は数秒間重ね合わせの状態であり、「2つの軌跡」を描いている可能性を示している。しかも、その2つの軌跡は54cmも離れており、肉眼でも容易に区別がつく規模であった。つまり、われわれが確認できる大きさのレベルで、2つの状態を重ね合わせた物質が実験装置内に、確かに存在していたのだ。

 研究を行ったスタンフォード大学のマーク・カセヴィッチ博士は、「今回の研究結果は、日常生活の世界でも重ね合わせ現象が起きる可能性を示唆した」と話し、量子の性質を活かしたさまざまな技術の利用を期待した。

1070216

 量子の世界で起こる現象といえば、重ね合わせの他にも瞬間移動する「量子テレポーテーション」や、古典力学を無視するように移動する「トンネル効果」などがあるが、どちらも現実世界で起きれば世界が変わる事柄だ。また、量子は時空を超えるという研究結果もあるため、タイムマシンの期待も膨らんでくる。

1070316

 今ある常識を全て過去のものとする可能性を秘めた量子力学。人類の大きなターニングポイントはすぐそこまで迫っているのかもしれない。
 
(TOCANA1月5日;
ソース:http://tocana.jp/2016/01/post_8476_entry.html







【今日の風景】 

もう少し、基本的なことを理解してから文章を書いて欲しいと考えます。

なにが言いたいのかよく分からん。

「シュレーディンガーの猫」の問題が、現実の尺度でも観測出来たということが言いたいんだと思いますが・・・。

あらゆる確率の重ね合わせが、現実の範囲の中にあることは分かる。

しかしその確率を収束させ、現実となる因子が何なのか。

もしその因子が観測者であるならば、客観は存在しないことになる。

客観が主観の確率的集合体であるとして、ならば観測者とは何なのか?

時間とか量子とかいう前に、その正体が知りたい。

死んでいながら生きている。

もうこれは物理ではなく、哲学の問題です。

 



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

NASAが公開した「月から見た地球」とその他の画像

NASAが公開した「月から見た地球」
 
触れられそうな存在感。NASAが公開した「月から見た地球」の壁紙にしたいほど美しい写真
アメリカの月周回無人衛星ルナー・リコネサンス・オービターが捉えた「月から見た地球」の写真。

1060116

でこぼこした月の地表から眺める青い惑星地球の姿は美しく、地球上に存在する全ての日々の大切さに思いを馳せてしまいます。

この美しい写真は、2015年10月12日にルナー・リコネサンス・オービター(LRO)がコンプトン・クレーターの上空134kmを通過した際に撮影されたものです。渦を巻く雲の下にはアフリカ大陸と南米大陸が見えますね。

月には「地球の出」や「地球の入り」はありません。月面上で場所を動かないかぎり、いつも同じ位置に地球を見ることになります。
 
ルナー・リコネサンス・オービターでの写真撮影は簡単ではありません。分解能の高いNAC(Narrow Angle Camera)と分解能の低いカラーカメラのWAC(Wide Angle Camera)データを利用して合成されました。
 
NASAのNoah Petro氏は「今回の地球の画像は、43年前にアポロ17号のHarrison Schmitt宇宙飛行士が撮影した有名な写真『Blue Marble』を思いだされる。アフリカ大陸が際立って映されている」と語りました。

この画像はNASAのサイトより高解像度でダウンロードできます。いつか人類が月で暮らすようになったとしたら、こんな風に地球を眺めることになるのかな…なんて思いを馳せながら壁紙にしてみましょう。

 
(image by NASA/GSFC/Arizona State University
source:https://www.nasa.gov/

( ギズモード・ジャパン抜粋;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11023771/) 








【今日の風景】

本文がつまんないので、もっと面白いのを・・・。


2015.12.17 ロシア・ソユーズ ユーリ・マレンチェンコ飛行士自動ドッキング
(故障?)をあきらめ、手動で国際宇宙ステーションに到着

100916


2015.12.11 日本人宇宙飛行士油井さん191日のミッションを終え、
国際宇宙ステーションから出発、のちカザフスタンに着陸

1060816


2015.12.24 ダリア(Zinnia Flowers)のなえが大きくなった at  国際宇宙
ステーションの無重力環境

1060716


2015.12.30 北部ナミビア砂漠の『Yardang』のウガブ川の『Y』字
1060316


2015.12.31 あんまり雪のないシワシワの『冬のアルプス』
1060516

まだまだいっぱいありますが、じじぃには訳すのは大変です。

興味のある人は、NASAのHPをご覧下さい。





ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

頭の中の言葉、解読に成功

頭の中の言葉、解読に成功 障害者と意思疎通やロボット操作にも応用期待
 
頭で思い浮かべた言葉の一部を脳波の変化から解読することに、九州工業大情報工学部(福岡県飯塚市)の山崎敏正教授(58)の研究グループが成功した。

1050116

グー、チョキ、パーなど選択肢を絞った条件の下、それぞれの言葉が発声時と無発声時でほぼ同じ波形を示すと突き止めた。
五十音の一部でも識別に成功しており、今後全ての音の波形を分析できれば、単語や文章の解読も可能になる。
研究が進めば、障害で言葉を話せない人との意思疎通や、音が伝わらない宇宙空間や水中での通信手段への応用が期待できる。
山崎教授は「動けと念じればロボットを操作できるSFのような応用も可能となる」としている。

 山崎教授が着目したのは、言語をつかさどる脳内領域「ブローカ野(や)」。前頭葉にあるブローカ野は発声直前に活動を始め、脳が発する信号「運動準備電位」が生じて、脳波に変化を及ぼすことが知られていた。
 山崎教授のグループは、十数人の男女学生を対象に「グー」「チョキ」「パー」の三つの言葉を実際に声に出した時と、頭で強く意識した際の脳波を比較。直前の約2秒間は同じ運動準備電位が起こり、同一の個人であれば、脳波が三つの言葉それぞれでほぼ同じ波形になると判明した。「春、夏、秋、冬」でも同様の結果だった。
 
 グループは五十音の分析にも着手し、春夏を構成する「は」「る」「な」「つ」は80~90%の精度で脳波から識別することに成功した。
ただ、同じ言葉でも波形には個人差がある。
今後は被験者を増やし、五十音などの普遍的な波形を探るという。
母音が少ない日本語は、発音が複雑な英語より信号として解析しやすく、山崎教授は「日本がこの分野で世界をリードできる」とみている。
 
 脳波の研究に取り組む理化学研究所脳科学総合研究センター(埼玉県和光市)の脳信号処理研究チームリーダー、アンジェイ・チホッキ氏は「独自で創造的な研究成果であり、障害者などが必要としている技術だ。正確な実験を続けて実用化につなげてほしい」と話している。

■子音の識別 例を見ない
 
 堀潤一・新潟大工学部教授の話 脳の活動から言語や動作を予測する研究は欧米で生まれ、国内では約20年前に始まった。
手足の上げ下げなど動作をイメージすることに伴う脳波の研究が主だったが、動作は複雑かつ多様で、分析するのは容易ではない。
言葉については、母音の識別には成功したことがあるが、子音の入った単語の識別は聞いたことがなく、幅広い可能性を感じる研究だ。
 
(西日本新聞1月4日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00010000-nishinp-sctch








【今日の風景】

理工系の基礎科学を少しでも齧ったことがあると分かりますが、大変な努力の積み重ねの上に成り立っています。

実験器具や測定機材を一から作らなければならないことが普通にあるようです。

それがまた、新しい技術に繋がります。

例えば電子線を利用した『電子顕微鏡』の研究でドイツのエルンスト・ルスカが1986年ノーベル物理学賞を受賞し、『超解像度の蛍光顕微鏡』の研究で2014年ノーベル化学賞をエリック・ベッチグ、ステファン・ヘル、ウィリアム・モーナーが受賞しています。

統計解析用コンピュータなども同様です。

天文学(宇宙物理)などでは時間の掛かる特殊な計算には普通に、『手作りのスーパーコンピュータ』が使用されています。

ご存知の方も多い『SETI計画(seti@home)』も同様の発想から構成されました。

それにしても今回の脳波の解析は、更に複雑な段階が予想されます。

単純な二次元波形解析では済まない、三次元+変化率解析とその分類と関係性の解析。

人間の記憶のしくみもまだ分かっていないくらい遅れている分野としては、なかなかに楽しみなことではありますけど。

解析プログラムの構築と解析用スーパーコンピュータの作成で『ノーベル賞』受賞も可能です。

さてさて単純に人が「考えている事が分かる」ようになるには後、どれ位掛かるやら。




 

ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

日本海で『サルパ』大発生の怪

日本海側で動物プランクトンの一種「サルパ」が大量発生していると12月4日に福井放送が伝えています。

現地では越前がに漁がピークでありサルパの発生が影響を与えているとされていますが、漁師は「今まで見たことがない」と語り、海の異変を告げています。

12160215

サルパは動物プランクトンの一種で急速に増殖するために漁への影響が大きいようですが、植物プランクトンが多いほど増えやすいということから、現地の海では植物プランクトンが増加している可能性もありそうです。

サルパの出現は過去に何度か報じられたことがあり、2014年1月にはニュージーランドの海上で見つかったサルパが海外メディアに取り上げられたのが記事になっています。この付近で近い時期に大きな地震が起きていたかどうかを調べてみると、1月20日にM6.1、そして2月2日にM6.5の地震が発生していました。

また2014年の時期は不明ですが大西洋の北西沖でもサルパが大量に発見されましたが、大きな地震があまり起きない大西洋で2014年7月27日にM6.0、そして2015年2月13日にM7.1の地震が起きています。

12160315

他にも2015年7月11日と12日に米国東部海岸で大量に漂着したという記録が残っていますが、その5日後にバルバドスでM6.5の地震がありました。

大西洋における例はサルパ発生箇所と震源がそれほど近いわけではありませんが、海水温度の変化から地震発生を予測する研究もあることを考えればプランクトンの増加が大量発生に影響するというサルパと発震の関係を無視すべきではなく、ニュージーランドの例のようにサルパ発生直後のタイミングで地震が発生している例が他にも見つかれば注目を集めそうです。

気になるのは今回、日本海側で発生しているという珍しいサルパのニュースが報じられた前日の12月3日に日本海中部を震源とする有感地震が起きていたという点です。有感地震としては約2年ぶり、過去10年でもわずか6回しか揺れていない日本海中部での地震はサルパと何か関係があるのでしょうか。

12160115

前兆現象の記録が詳細に残っている関東大震災の際にも、海の生物の異常がいくつもあったことがわかっています。「ハゼの異常発生」「カニの大量出現」「深海魚の大量死」「イワシの大群出現」など。こうした点からはサルパについても一応、知っておいたほうがよいと言えるでしょう。
 

(Buzz News12月6日;




【今日の風景】

昨夜9時のNHKニュースでも放送されました。

真核生物 (Eukaryote)動物界 (Animalia)脊索動物門(Chordata)尾索動物亜門(Urochordata)タリア綱 (Thaliacea)サルパ目(Salpida)サルパ科(Salpidae)

もうひとつよく分かりません。
『サルパ』詳細

単純にいえばホヤに近い大きな動物性ブランクトンです。

本来は、南極海でよく見られるものだそうです。

でも問題は記事にもあるように、日本海での地震の予兆の可能性があることです。

地震の予兆ということで言えば昔から、日本海側の海岸に打ち上げられる『リュウグウノツカイ』の話はいろいろな文献に出てきます。
リュウグウノツカイ:最大で11mを超える深海魚
日本経済新聞2015年6月21日「深海魚リュウグウノツカイがまた漂着、1年で5回」

12160415
※リュウグウノツカイ(wiki pより)

しかしなにか大きな異変が、日本海に起こっているのは間違いないようです。

地震の予兆でなければ日本側の向こう、中国・北朝鮮・韓国でなにかが起きている可能性があります。

動物性プランクトンである『サルパ』を急激に増やす植物性プランクトンの異常な増殖の原因が必ずあるはずです。

なにもなければ良いのですが、年末なのにものすご~く気持ちの悪い話です。




励みになります! 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ