じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

歴史

世界最古のドレス、5000年前のものと判明

世界最古のドレス、5000年前のものと判明

2230116
現存する織物のドレスとしては世界最古の「タルカン・ドレス」。元はひざ下まであったと考えられている。5100年~5500年前の、エジプト初期王朝時代のものだと判明した。(PHOTOGRAPH COURTESY PETRIE MUSEUM OF EGYPTIAN ARCHAEOLOGY, UNIVERSITY COLLEGE LONDON)
 

 20世紀初めにエジプトのある墓地で見つかった麻のドレスが、新たな分析により5000年以上前のものであることがわかった。織物の衣服としては、これまで見つかった中で最古のものだ。縫い方もプリーツの付け方も美しく、当時の社会の繁栄を物語っている。

 「タルカン・ドレス」と呼ばれるこの衣服が発見されたのは奇跡と言っていい。植物の繊維や動物の皮で作られた古代の衣料は、ほとんどが崩れてばらばらになってしまうからだ。今回、ドレスの年代を発表した論文著者の1人で、英国ピートリー・エジプト考古学博物館の学芸員、アリス・スティーブンソン氏は、「一般的に、遺跡から出土する織物に、2000年以上前のものはまずありません」と話す。スティーブンソン氏らの論文は、考古学の学術誌『Antiquity』に掲載された。(参考記事:「先史人類が着た衣服、服装の起源を探る」

 このドレスと近い年代のもので、現代まで残っている衣服は数えるほどしかなく、それも、単に体に巻き付けたり、体を緩やかに覆ったりするものばかりだ。一方、このタルカン・ドレスは、古代のオートクチュールといえる。腕にぴったり添う袖とVネックの首元、幾重もの細かいプリーツがあしらわれたデザインは現代に通じるものがあり、もし百貨店に並んで売られていても違和感はないだろう。

 これほど細部まで手の込んだドレスは、専門の職人でなければ作れなかったはずだ。そうした職人が存在したということは、既に豊かで階層化の進んだ社会ができていたはずだ。事実、5000年前のエジプトには、ちょうど、1人の支配者の下に初めて統一された王朝が登場していた。

 ひじや両脇にあるしわからは、このドレスが単に儀式のために作られたのではなく、実際に着用されていたことがうかがえる。(参考記事:「世界最古の革靴、アルメニアで発見」


2230216
こちらは世界最古のズボン。中国西部にある、3000年ほど前に埋葬された遊牧民の墓で見つかった。乗馬用に考案されたと考えられている。(Photograph by German Archaeological Institute (DAI))

 エジプトの墓地で5000年の間眠っていたタルカン・ドレスは、20世紀初めに考古学者に発見され、ピートリー・エジプト考古学博物館に寄贈された。だが、長年、ほかのぼろ切れと一緒に放置されていたのだ。1977年に遺物保存の専門家が館内の布の束を広げて整理して、このドレスはようやく日の目を見た。「ぼろぼろのシャツのように見えますが、数世紀後の遺跡からは、床に届く丈があるよく似た形のドレスが見つかっています。このドレスも、元はもっと長い丈だったと思われます」とスティーブンソン氏。

 こんなドレスを着られたのは、上流階級の人々だけだっただろう。オーストラリアにあるマッコーリー大学のジェナ・ジョーンズ氏はEメールの取材に対して、「ドレスとほぼ同年代の墓石には、よく似たローブを着た人々が描かれています」と指摘する。また、死後の世界に携えていくものの一覧を表したヒエログリフには、「食物や化粧品とともに、衣装を表す文字も含まれています」と同氏は付け加えた。

 ジョーンズ氏は、「放射性炭素年代測定によってタルカン・ドレスが『最も古い織物の衣服』であることが正式に証明され、とてもうれしく思っています」と語った。(参考記事:「世界最古のコーランを発見、英大学が発表」
 
(NATIONAL GEOGRAPHIC日本版 2月23日;
ソース:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/022200011/






【今日の風景】

久しぶりの古代エジプトニュース。

そういえば高校時代の世界史の先生がすご~く厳しくて、副読本20冊くらい、参考書(確か当時の岩波講座の世界史もありました)いっぱいで次の授業までに例えば、『「王家の谷」に葬られているエジプト王家の関係を原稿用紙10枚までにまとめよ』とか『エジプト新王朝時代とプトレマイオス朝時代の貨幣制度の違いを原稿用紙5枚までにまとめよ』なんていう宿題を普通に出していて、やってこなければ次の夏休みや冬休みの補修出席決定(チケットを買う有料授業)なんてことをしていたのを思い出しました。

そんな彼のおかげで私は、古代中国の歴史が好きになったのですが。 

世界各国の古代史はまだ、分からないことや見つかっていないものが多い分ロマンがあります。

歴史研究も19世紀からの文献中心の研究方法から科学的方法や機材を使った遺跡・遺物解析中心の実証主義的方法にどんどん移行してきています。

そのおかげで1980年代後半から興味深い発見が相次いでいますが、最近では特に特殊な人工衛星(本来は軍事用です)を使った古代遺跡の発見が多くなっています。

文系の学問にしては珍しく、科学的方法を駆使している分野です。

(なお、念の為に申し上げておきますが、私は科学至上主義者ではありません。デカルトやパスカルが言ってるように科学は単なる目の前の事象を分析するための「方法」のひとつに過ぎません。) 

今回の発見にしても分析が進めば、他の遺物と比較して繊維がどこで作られたものか、どういう方法で作られたのかという細かいところもどんどん分かってくるようになると思います。

なかなかに楽しみな分野です。


 



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

中国最古の孫悟空の壁画見つかる

中国最古の玄奘三蔵と孫悟空、敦煌遺跡の壁画で見つかる―中国メディア
 
2016年2月10日、中国新聞(電子版)によると、中国甘粛省の敦煌遺跡でこのほど、中国最古とみられる玄奘三蔵と孫悟空の壁画が見つかった。

    21116

敦煌研究院がこのほど公開した。壁画は西夏時代(11~13世紀)のものとみられ、同省敦煌市に隣接する瓜州市の遺跡の洞窟内で見つかった。
2110216

計6枚に17年にわたる玄奘三蔵のインドへの修行の旅が描かれていた。6枚すべてに玄奘三蔵とお供をする孫悟空の姿があり、孫悟空は白馬を引き、玄奘三蔵の後を付いて歩いている。

2110316

壁画は伝奇小説「西遊記」が書かれた16世紀・明代より前のもの。敦煌研究院は「シルクロードは玄奘がたどった道。唐の時代の僧侶による西への修行の旅に敬意を評し、玄奘をモデルに多くの壁画が作られたのだろう。仏教遺跡や寺院の壁画の多くは、小説『西遊記』ができる前の玄奘の道筋を描いている」としている。
 
(Record China2月11日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11170193/







【今日の風景】

※参考『敦煌石窟、猿をテーマとする文化財が公開

中国史は、春秋・戦国時代までが大好きな懐古堂です。

古代中国では、国ごとに文化も文字も言葉も違っていたようです。

秦の始皇帝が最後まで手を焼いた『楚』なんて、始皇帝がいなければ中国全土を支配していた可能性が高い。

確か有名な『三星堆遺跡』も、『楚』の領土の中だったような気がします。 

本来の比較的北部の夏・殷・周(中原)文明とは、一味も二味も違います。

今の上海も昔は『楚』の領土でした。

でもそんな古代中国史大好き人間の懐古堂でも、比較的新しいお話の「西遊記」だけは別格です。

古代中国でも荒唐無稽な面白いお話の本は、「山海経」、「淮南子」など結構ありますが、主人公が明確でないところが「西遊記」とは異なります。

「西遊記」は、玄奘三蔵の「大唐西域記」が元になっていると言われます。

でも天竺まで旅をするお坊さんのお供が、四匹の妖怪という発想は凡人では出来ません。

物語の中の冒険談のひとつひとつが、今のRPGみたい。 

作者のすばらしいセンスが伺えます。

時間のある方はぜひ、改めて読み返して見てはどうでしょうか。

だって三蔵法師が天竺へ着いた後の話が、思い出せないでしょ?


 
※庄野真代さんは懐古堂よりひとつ上の61歳です。



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

ツタンカーメンの性器に政治的背景か

ツタンカーメンの性器に政治的背景か
 
ツタンカーメンの遺骸が勃起していた理由

20216
王墓の中でツタンカーメンは高く白い冠をかぶり、両肘を張り出したオシリスの姿に描かれている。(Photograph by KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC)
 
 ツタンカーメンは、古代エジプトの最も著名なファラオだ。財宝が詰まった王墓が1922年に発見されると国際的な反響を呼び、現在に至るまで研究や分析の対象となっている。

 つい最近、アメリカン大学カイロ校のエジプト学者でミイラの専門家であるサリマ・イクラム(Salima Ikram)氏が、ツタンカーメン王の遺骸は、シンボリックに勃起した陰茎も含め、王国の政治中枢をめぐる悪戦苦闘を示唆するかもしれないとの見方を示した。

 ツタンカーメン王のミイラには奇妙な点がいくつもあるが、彼が19歳前後で突然亡くなったことから、慌ただしく埋葬が行われたためだと説明されることが多かった。しかしイクラム氏は現在、これらのおかしな点は、ツタンカーメンを冥界の神オシリスに似せようとして意図的に作られたものではないかと考えている。

 イクラム氏は電話取材に対し、「筋道を立てて考えた結果だ」と話した。「古代エジプトでは、在位中の王は天空と太陽の神ホルスの化身であり、亡くなるとオシリスになると信じられていた」。したがって、ツタンカーメンの死後の変身は、こうした神話上の過程を再現している可能性がある。

 イクラム氏の研究は、ナショナル ジオグラフィック協会研究・探検委員会(CRE)の資金援助を受けている。イクラム氏は「オシリスとしてのツタンカーメン」の根拠を挙げ、以下のように述べている。


【美術】
第一の視覚的特徴は、ツタンカーメンの墓の北壁の絵に見ることができる。ここでは死去した王がオシリスとして描かれている。王がこのような装いで 示されているのは、第18~19王朝(紀元前1539~1190年)の統治者が埋葬されている王家の谷ではここだけである。


【色】
黒っぽい樹脂がツタンカーメン王の棺桶を満たし、体にもふんだんに塗られ、脳を取り除いた後の頭蓋骨の中にも2度注ぎ込まれている。おそらく埋葬者 たちは、ツタンカーメンが真っ黒に見えるよう熱心に樹脂を塗ったのだろう。オシリスはしばしば、黒い肌で描かれる。それがナイル川沿いに広がる耕作地の肥沃な土を連想させ、この神が豊穣と再生に関わっていることを強調している。


【失われた部位】
2005年にツタンカーメンのミイラがCTスキャンにかけられた際、暴力による死と考えられる大きな損傷が体にあるのが分かった。胸骨が なく、肋骨の大部分と椎骨の一部も失われていた。そして心臓もなく、通常なら本物の心臓の代わりに置かれたであろうスカラベもなかった。

 このことはとりわけ奇妙だ。古代の信仰によれば、故人が冥界へ順調に旅立つ前に心臓の重さが測られなければならないからである。心臓がないのは、この埋葬があえて伝統を逸脱したことの表れなのだろうか。


【防腐処理のための切開】
通常は、ミイラ作りの前に脇腹を切って内臓を取り出していた。しかし、ツタンカーメン王の胸に大きな傷口が開いていたなら、腹部 を切る必要があるだろうか。その上、ツタンカーメンの切開創は異常なほど大きく、臀部(でんぶ)から腹部を経てへそまで斜めに走っている。イクラム氏は、この傷もやはりオシリスになぞらえるために付けられたもので、邪悪な弟のセトによってばらばらに切り刻まれたというエジプトの伝説に基づくと推測している。

【性器】
ツタンカーメン王の墓を発見した考古学者ハワード・カーターがミイラから亜麻布を剥がしたとき、彼は王の男性器がほぼ90度の角度で垂直に立っているのを目にした。「意図的なものだと思います」とイクラム氏は語る。すなわち、ツタンカーメンの遺骸に防腐処理を施した人々は、性器が勃起して見えるように形を整えたのだ。これもまた、オシリスの豊穣性を示唆するものである。

 とはいえ、このことを裏付ける傍証はない。カーターと解剖学者のダグラス・デリーがミイラを検査する途中、性器は体から落ちてしまったからだ。「ツタンカーメンの性器が勃起した、すなわち立ち上がった状態を撮った写真はない。ただカーターの記録があるのみだ」とイクラム氏は話す。
 

政治的プロパガンダ

 ツタンカーメンの前のエジプト王はアクエンアテンで、ツタンカーメンの父親であることが4年前のDNA鑑定で明らかにされている。アクエンアテンは在位中、砂漠の中に新たな首都を建設しただけでなく、宗教改革にも着手した。この国の多くの神々への崇拝を廃し、中でも主神アメンを祭る神殿を容赦なく破壊して、唯一神アテンへの信仰を奨励した。

 当時はきっと、動揺と不安に満ちた混迷の時期だったに違いない。シカゴ大学のエジプト学研究者レイ・ジョンソン(Ray Johnson)氏は、2005年のCTスキャンの際、「この期間、エジプトは文字通り根底から覆された」と筆者に語った。

 ツタンカーメンが9歳前後で王位を継承した頃には、エジプトの高位の大臣たちはすっかり消耗しきっていた。ファラオの名の下に、彼らは国の行政機能をいにしえの都市・メンフィスに戻し、昔からの信仰を取り戻し、神殿を再建し、アメンへの信仰を復活させた。

 ツタンカーメンのミイラ作りは、国が元通りになったという重大なことを強調するのに貢献した。古くからの神々は再び崇拝され、力強く、豊かで、伝統あるエジプトを、笑みをたたえて見下ろしている。それを象徴するのが、死後に―神話上でも実際にも―オシリスの姿となったツタンカーメンなのだ。

 今回の研究は「Etudes et Travaux」誌の2013年26号に発表された。

(National giographic;









【今日の風景】
 
2014年1月の記事なのに、不思議なことにナショジオで週間人気記事一位・・・。

ジャワ島の旧石器の話のほうが面白いと思うけど。

ところで男性器の話は、昔からなにかと話題に上りやすい。

やれ太いだの長いだの、そりが大きいだの、玉が大きいだの。

下品極まりない。

結婚すればすぐに、もっと大事な事に気がつくのに。

どんなことをしても、赤ちゃんが出てくるところには敵いません。

そう言えば、我が敬愛する南方熊楠先生の逸話に、こういう話がありましたっけ。

先生が、米国から帰国して少しの間東京にいた頃、昔の知り合いが訪ねて来て酒盛りになり、

「ところで南方君、米国の女性の具合はどうだったかね。いくら朴念仁の君でも一度くらい経験があるだろう。」

しばらく考えた先生、おもむろに立ち上がり、玄関の隅に立て掛けてあった知り合いの持ってきたステッキをぐるぐる振り回しながら、

「明治神宮の大鳥居の前で立ったまま・・・、こんな感じでした。」

まあ男なんて万事が、こんなものなのかも知れません。


 





ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

古代文明の歴史を覆すかもしれないロシアの「シギルの偶像」

古代文明の歴史を覆すかもしれない!ロシアで発見された「シギルの偶像」は世界最古の木造彫刻であることが判明
 
世界四大文明と言えば、メソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明であり、メソアメリカ文明、アンデス文明を含めて六大文明ということもある。

 だが、そんな文明の歴史を覆すかもしれないと言われているのが、ロシア、シベリアの端で生まれた文化である。この文明は、ユーラシア大陸の文化発展の中心地である中東と同じくらい進化していた可能性が高く、当時の文化的発展の頂点にいたとも考えられるというのだ。

12140415
※赤丸がエカテリンブルグ、そこから100km東
※緑丸はモスクワ

 シギルの偶像と呼ばれる中石器時代の彫像は、もしかしたらこれまでの世界史をくつがえすような証拠になるのかもしれない。

 シギルの偶像に関しての研究を行っているドイツ人の科学者の解析によると、このモニュメントは実に11,000年前に作られたもで、世界最古の木造彫刻なのだという。これが事実なら、古代エジプトのピラミッドやイギリスのストーンヘンジよりも古いということになる。

 この新しい発見は、古代人による文化的発見に関する重要な証拠となった。スベルドロフスク歴史博物館のナタリア・ヴェトロヴァ館長によると、ロシア国内では、この像は相当古いものだという認識だったが、国際的科学者たちの間では認められていなかった。

12140215

 そこで他国の研究者たちが偶像の建造年を調べる調査に参加することとなった。研究に加わったドイツのニーダーザクセン州文化遺産局のトーマス・テーペルガー教授によると、その結果は我々の予想をはるかに超えた11,000年前のものだと分かったという。

12140115

 この研究結果はとても貴重な情報となり、ユーラシア大陸または人類史における文化的発展のこれまでの認識を覆すものとなった。この事実を受け、世界中の科学者たちも驚きを示している。

 11,000年前のウラルの狩人や漁師や採集民は中東の農民と同じくらい発展していたこととなる。この像は世界的に認められユーラシア大陸における文化的発展の拠点地は中東だけでなく、ウラルでもあったことを証明することとなった。

 ロシアの専門家たちはこの発見を“世間を騒がせる大ニュース”としている。この暗号が切り刻まれた像は、世界最古のもので、暗号は古代人からのメッセージの可能性もあると学者たちは述べている。

12140315

 また、今回の研究で、この像には以前は7つといわれていた顔が8つあることが確認されている。
その1つだけが3次元だったそうだ。
この木造の像はもとは、ウラルの泥炭湿原で1890年に発見されたものだ。
研究者たちの分析によるとこの像は完新世初期に出来たものだとされる。樹齢157年のカラマツから作られたもので、切り出しや設計、象形文字などには石器が使われている。複数の学者がこの象形文字には古代人から現代人へのメッセージが刻まれているという。

 長さ2.8メートルの木造だが、もとは5.3メートルあったと推定されている。ソビエト時代、上部にあった2メートルの古代の人造物は一度行方不明となったが、革命前の考古学者ウラジミール・トルマチェフ氏が書いたその絵を残していた。

 木造彫刻はとても複雑で、暗号による情報も刻まれている。この像を通して知識を伝承していったと考えられている。

 一方で、像に刻まれたメッセージは解読にいたっておらず、“現代人への完全なるミステリー”として謎に包まれたままだ。

 ロシア国内では文明史を変える発見としてざわめきだっているという。

via:siberiantimes・amusingplanet・translated melondeau / edited by parumo 
(世界びっくりニュース;
ソース:http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52206982.html?_p=2
元ソース:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52206982.html






【今日の風景】

相変わらず、年末ぜんぜんお金にならないことで忙しい懐古堂です。

ところでどんどん古い人類文明の片鱗が見つかって、古代の概念が変わってきています。

今回の発見でも日本の縄文時代早期くらいです。

約一万一千年前くらい。

縄文時代草創期は確定年代で、一万六千年前くらいで土器はもっと古いのが見つかっています。

しかし例の旧石器捏造事件で、国際的にも日本の考古学は信用が低くなっているようです。
旧石器捏造事件

でも文明という観点からも、四大文明うんぬんという歴史教科書の言葉が書き換えられる日が近いかもしれません。 


違う観点から、アイスマンのはなし。


※閲覧注意;ミイラ状の遺体が出てきます

鍼灸の刺青をしてた可能性があるらしいのですが、実際に動画を見れば東洋人にはおなじみの易教の記号だと分かります。
※『アイスマンをめぐる5つの意外な事実


どうしてアルプスで見つかった五千三百年前のヨーロッパのおじさんの遺体に中国古代の易(鍼灸でも同じ)の記号が彫られていたのか。

やっぱり今考えられている以上に人間の文明・文化は遥かに古いと思われるということです。

ちなみに土偶・縄文土器は、ものすごく世界的にも貴重で、高いお金で取引されています。

今年春にサザビーズロンドンのオークションで三千年くらい前の土偶が約一億九千万円で落札されています。

動機は不純でも改めて考古学ブームがまた、日本にくるかもしれません。 


励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

モナリザの下に3つの肖像画 モデルの真の姿か

モナリザの下に3つの肖像画あった、モデルの真の姿か

12100515

レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」を研究していたフランスの科学者が、モナリザの微笑の下に3つの肖像画が隠されていたことが分かったと発表した。
 
この研究を行ったのはフランスの科学者パスカル・コット氏。
モナリザの下に描かれていた3つの肖像画のうち1つは、モナリザのモデルになったと言われる女性リザ・デル・ジョコンドの実際の姿と思われるという。
 
この女性は遠くに視線を向けていて、モナリザのような微笑は浮かべていない。コット氏はこれこそがジョコンドの真の姿だと確信したといい、この発見について「多くの神話を打ち砕き、ダビンチの名作に対する私たちの見方を一変させかねない」と位置付ける。
 
リザの別名はリザ・ゲラルディーニ。フィレンツェの商人の妻だった。
 
コット氏は多重スペクトルカメラでモナリザの表面に強い光を当てて反射を測定し、絵の具の層と層の間に描かれた内容を浮かび上がらせることに成功した。
 
美術史の専門家マーティン・ケンプ氏によると、モナリザも含めてダビンチの作品は、制作の過程で何度も手を入れているのが特徴だという。
同氏はコット氏の説に疑問を投げかけながらも、研究に用いた技術は高く評価した。
 
BBCのドキュメンタリー番組を制作した美術史専門家のアンドルー・グレアムディクソン氏は、歴史を一変させる驚くべき発見だと評価している。
 
(CNN;
ソース:http://www.cnn.co.jp/showbiz/35074669.html





【今日の風景2】

レオナルド・ダ・ヴィンチの名作のはなし。

どんなことにも分からないことは多いが、天才として名高いルネッサンスの巨匠が残した手記には、プライベートなことが余りに少ない。
※「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記」岩波文庫上・下巻参照

有名なはなしの一部のみ取り上げてみよう。


12100615
アイルワースのモナリザ ダヴィンチの真筆可能性大

12100715
ラファエロのモナリザ

12100815
モナリザの初期の模写

12100915
ダヴィンチの弟子の模写

12101015
ダヴィンチの弟子のサライが書いた裸体のモナリザ

裸体のモナリザは、「洗礼者ヨハネ」の表情との類似から、ダヴィンチ作の「裸体のモナリザ」像があった可能性が高いといわれている。


12101115
洗礼者ヨハネ ダヴィンチ作
 
今現存する何枚かのモナリザだけでも、両脇に柱が描かれているもの、それがないもの、年齢が明らかに異なるものとばらばらである。

ダヴィンチと同時代人のジョルジョ・ヴァザーリは「制作に4年を費やしたが、結局未完に終わった」と記している。

明らかにダヴィンチ真筆のいろいろなモナリザバージョンがあった可能性が高い。

描き直したものも含めて、今回の3つの肖像画の発見の早期の解析が待たれる。




励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ