じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

インターネット・IT

無課金ソシャゲをやめて分かった、ただ1つの事実

無課金で数年続けていたソシャゲをやめて分かった、ただ1つの事実
 
初めに断っておくが、これは無課金であることを誇るような内容の話ではない。

むしろ、無課金ユーザーは損ばかりであるということを主体とする文章だということをご承知いただきたいと思う。

さて、頭から自慢話になってしまうが、私は世間的にはある程度知られているであろう私立の中学、高校、大学を出ている。

学校での成績は並以下だったが、幸運にも各受験には大失敗をすることなく、キャリアをこつこつと組み立ててきた。

そのような私が、数学の楽しさに出会ったのが大学4年生のことだった。研究室の誰もが知らなかったような事実をゼミで発表し、教授に褒められたのだ。

ハマってしまうと止まらない性格の私は、「堅物教授に褒められる」という快感をふたたび味わうため、数学に熱中する。

残念ながら大学の成績はお世辞にも良いとは言えなく、おかげで推薦が取れなかったため、外部受験扱いで大学院に合格を果たした。私にとって大学院はそこまでして入りたったものだったのだ。

あの頃までは、まあまあな人生だったと思う。

私がソーシャルゲームに出会ったのは、そんな大学院の修士1年のことだった。

我が子に最低でも「院卒」という肩書きが付くことを手放しで喜んだ親からスマートフォンをプレゼントしてもらった、その矢先のことだ。

修士2年の先輩から「これ面白いよ」と紹介されたソシャゲ。「紹介した人もされた人も特典があるからやってみて」と。

具体名は敢えて挙げないが、まあネットユーザーなら知っているタイトルだと思う。確か当時はCMもやっていたハズだ。

ここから先にいくつか具体的な内容が書かれていくので、それでピンと来る方はいるだろう。ただ特定ゲームの中傷がこのエントリーの目的ではないので、詮索などは避けていただければ幸いである。

私は、それに熱中する。

ちょっと前まで数学に熱中していた私は、今度はその小さな箱から発せられるきらびやかな世界に大いにハマっていく。

気が付けば、大学院をやめていた。

家族は私に落胆した。当然だろう、「院卒」どころかこれでは「中退」の肩書きだ。

恐らく読者の方も落胆しているだろう。私も自分に落胆した。

しかし、ソシャゲは続けた。というか、やめられなかった。

その頃私のデータはある程度のレベルまで上がってきており、その後開催されるゲーム内イベントも目白押しだった。私は今後のイベントのことを考え、完璧な計画を立てた。

例えば、魔力。これは人間で言うところのいわゆる体力のようなものに相当し、クエストを行うことによって消費し、ほっとくと回復する。基本的には、どのソシャゲもこのシステムが採用されている。

このゲームの場合は魔力は5分に1だけ回復するのだが、クエストを始めるとまたタイマーが回復する前の5分前からに戻される。つまりどういうことかというと、「残り2分で1回復」と表示されているときにクエストを始めると、そこまでに消費された3分間がムダになってしまうのだ。「残り1秒」のときにクエストを始めてしまってはもう目が当てられない。あと1秒で回復できたところを、みすみす魔力1だけムダにしてしまうのだから。

そういう感じで、当時の私は自分に「魔力消費は残り時間4分30秒以上のときのみ」「余計なガチャ(戦力となる精霊が手に入る)は引かない」「魔力が全快するので、レベルアップは確実にゼロにしてから」「クリスタル(いわゆるゲーム内のお金、課金者はこれを現実世界のお金で買っている)は100個になるまで手を付けない」など、いくつかのルールを課してプレイしていった。

当時の私は、大学院中退の原因はソシャゲだけではない、教授とソリが合わなかったからだ、と思っていた。

いま振り返ると、あの1年は一日中ベッドでゴロゴロしながらレベルアップと魔力消費の作業を繰り返している姿しか思い出せない。そんなことをしているくらいならパワポのひとつやふたつ作って発表しろよと、当時の私に強く叱責したい。したいが、もう時は取り戻せない。

そんなこんなでフリーター生活をしながら仕事のようにソシャゲをしていた私だが、もちろん熱中している以上、確実に飽きるときは来る。

しかしここら辺が企業努力の素晴らしいところで、あの手この手でバージョンアップを仕掛けて我々ユーザーを手放さなかった。大型アップデートを執拗に仕掛けてきたのだ。

中でも印象深かったのが、魔力関連のアプデだ。これまでは5分で1回復のところを、なんと3分で1回復にします!というものだった。

さすがにこれには参ってしまった。もはやソシャゲを遊びではなく生業の類いのものとしてプレイしていた私にとって、魔力の消費は仕事の一貫だった。当時の私の魔力マックス値は140ほど。つまりひとたび魔力を空にしてしまえば、半日ほど放置できたのだ。

それがこのアップデートにより、最長でも7時間で私のスマホに全回復の通知が表れることとなる。これは言い換えれば、どんなに長くても7時間しか寝られないということだ。

土日寝溜め派の私にとってこれほどツラいことはない。この日から、0時に一旦魔力を使いきったら素早く6時30分に目覚ましを掛けて寝、目覚ましの音で起きたら素早く魔力消費。そのまま二度寝する…という生活が始まった。

こうなると仕事のときも大変だ。就業時間が基本的に9時間を超える仕事に就いている関係上、ソシャゲをする時間を作らないと魔力が最大値を超えて溢れ出ていってしまう。魔力マックスのまま1時間が経ってしまえば、イコール魔力20の損失なのだ。

よって、休憩時間は仕事よりもっと大事な「仕事」の時間となる。すぐさま松屋に駆け込み、1時間を掛けて魔力消費。

しかし同僚が松屋に入ってこようものなら「やあ最近どうよ」なんて世間話をしなければならないため、皆がご飯を摂らない16時とか17時にしれっとスマホ片手に出ていって昼休憩を取るのが日課となっていった。

このようなソシャゲに縛られるような生活スタンスは、すべて「自分のような無課金人間でも、課金者に勝つことは可能なのだ」という理念を現実にする為に編み出したものだ。

そのせいで一時は上司との飲み会の際ですらケータイを片時も離さずプレイしていたくらいだから、いま思うととんでもない。

それが、つい先日。

ガチャ1回当たりのクリスタル消費が少なくなるキャンペーンが始まった。それを20回ほど引いてみたところ、大ハズレも大ハズレ。今期間の目玉となっている新精霊どころか、「まあギリギリ使えるだろう」というレベルの精霊ですら一体たりとも出て来なかった。

それで、私の中で何かがプツンと切れてしまった。

それ以来、このソシャゲは一回も起動していない。

いつかはやめるときが来るだろうと思っていたが、こんなにあっさりやめることになるとは思っていなかった。

無課金だからこそのドライさなのだろうか。ケータイが7ギガ制限を超えてロード時間がいつもの倍以上になっていたのもあるかもしれない。

何にせよ、後腐れないとはこのことなのだろうなと、我ながら感心してしまった。

私がソーシャルゲームをやめてから数日が経つが、本当に時間が増えた。

本を読む、ほどよくゲーム(ソシャゲではなく)を嗜む、資格の為に勉強をする。もちろんこのエントリーを書く時間だってそうだ。

ソシャゲをやっていたらいまごろ、そろそろ寝るかいやしかし魔力がなどとぶつくさ言いながらソフトを起動している頃だろう。

ところで、ソシャゲをやっているこの数年間、どうも語彙力が落ちた気がしている。

後輩に仕事の説明をするときなどに、うまく伝わらないのだ。自分でもしどろもどろになっているのが分かるほどに、イメージの言語化、アウトプットがうまく行かなくなっている。

ソシャゲ特有の単純作業ゆえまったく左脳を使っていなかった障害だと、いまになって思う。それまでは読書が趣味のひとつだったのだが、この2年間はというと一冊も読んでいない。移動時間はすべてスマホと向き合っていたせいだ。

本を読むことの大切さが身に沁みて分かった。

私も先述しているが、無課金者はよく「重課金者には負けたくない」という旨の文言を吐く。しかしこれを実際に体現しようということになると大変だ。

課金者にはお金の面で負けているので、時間を掛けるしかない。

するとどうなるか。私のように他のものに掛ける時間を犠牲にして打ち込むしかなくなるのだ。

お金は、遣えばなくなる。だが同時に、増やせもする。消費したお金は、お小遣い、アルバイト、仕事などでいくらでも取り戻せる。

だが時間は、取り戻せない。時間とは、全人類に平等に与えられた唯一無二の存在だ。1年 経てば必ずみんなひとつ歳を取る。そして、その時間は返ってこない。例外はない。

しかし、「時間」としては返ってこないが、「成果」としては返ってくる。それは高校3年生であれば大学の合格通知だろうし、社会人であれば頑張った分だけの給料アップだ。私の場合は、およそ80のレベルアップと図鑑3000体コンプリート達成報酬だった。なんと馬鹿げたことだろうか。

そんな当たり前のことを、無課金で課金者に勝とうとする人たちは忘れている。確実に、忘れている。

そしてもっと残念なことに、課金者に負けたくないと願う無課金者の努力はほぼ報われない。それを私は身を以て知った。

私自身、このゲームの中では無課金者としては恐らくトップクラスの実力者だっただろうと思う。それほどまでに綿密に計画を練って、このゲームに取り組んできた。

しかしそれでもクリアできないクエストは存在したし、全国大会ではほとんど最上位には入賞できなかった。

どれだけ頑張ったところで、課金ユーザーには敵わない。

このことは、覚えていてほしい。

ここまで自分の人生を書いてきたが、そんな私のことをクソ人間と罵る方もいるだろう。その意見に関してはまったくの同意だ。なので、別に構わない。

しかし、私と同じことを考え、私と同じようにソシャゲを「仕事」にしている人間は、数多くいるハズだ。

そのような人々に私はひとつだけ伝えたい。

時間は取り戻せない。

いやしかし、まだ遅くはないはずだ。


時間をムダにするな。 
 
(2ch記事より;
ソース: http://anond.hatelabo.jp/20151130001227




【今日の風景2】

これも前記事同様ニュースというより随筆風ブログ記事です。

しかし長い・・・。

この記事の筆者は、30歳代前半くらいでしょうか。

私もこの年なって初めて、気のつく事が多いこと、多いこと。

はっきり言います。

人生の大半はムダです。

ムダがあるから人様の気持ちが分かるようになるし、少しは自分のことも客観的に見れるようになります。


そして世界中のほぼ全員が歴史に名を残すこともなく、静かに消えていきます。

だからこそどんな生き方をしても『自分』の人生なのです。

他人様に迷惑が掛からない程度の、自分の好きな生き方ならそれで良いと思います。

後悔や反省があるなら、それを踏まえて次に進むしかない。

カミュの『シジフォスの神話』そのものです。

じじぃ・ばばぁになっても重い荷物を背負って歩き続けなければならない。

立ち止まって座り込めば、そこが自分の死に場所です。

 


どうか励ましのぽちっを!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

Googleで検索すると不思議な事が起こるキーワード8選

 Googleは「物事を追求する」という点において、世界でもっと最先端を行く企業といえるでしょう。しかし、何事にも遊び心は大切。Googleで検索すると、不思議な事が発生するキーワードが存在するのをご存知ですか?

・パソコンでもスマホでも可能
今回は、「Googleで検索すると不思議な事が起こるキーワード8選」をご紹介したいと思います。パソコンでもスマホでもできますが、一部、スマホでは反応しないキーワードもあるのでご注意ください。

・Googleの隠された裏技10選
 
1. 一回転
Googleの検索結果画面がグルリと一回転します。

2. 再帰
何度検索しても「もしかして: 再帰」と表示されます。

3. 斜め
Googleの検索結果画面が斜めになって傾きます。

4. atari breakout
Googleで画像検索をすると、ブロック崩しゲームが遊べます。スマホは未対応です。

5. Google Sphere
検索結果に表示された「Google Sphere - Mr.doob」をクリック。Googleの画面の文字が立体的に回転して回りだします。スマホは未対応です。

6. Google Gravity
検索結果に表示された「Google Gravity - Mr.doob」をクリック。Googleの画面が崩れ落ちます。

7. Zerg Rush
Googleの検索結果画面に「o」がたくさん出現するのでクリックしてダメージを与えて消すゲームが遊べます。スマホは未対応です。

8. blink html
Googleの検索結果画面の文字が点滅するようになります。

・ほかにも複数の裏技
 
どうでしょうか? 皆さんが知っているキーワードはあったでしょうか? ほかにも複数の裏技がありますので、いろいろと探してみるとおもしろいかもしれません。

(ガシェット通信抜粋11月9日;



【今日の風景3】

全部やってみました、酒のみながら。

頭が痛くなります。

立ち上がれなくなります(じじぃは足腰が弱いんです)。

でも面白い。

サラリーマンはやっぱりよい。 

暇もこういう使い方はなかなかイイ。

なお、ソースにある「ががばば」には触れないように。


さて、少し反省しています。

ブログ始めても全然勉強してない。

この場をお借りして、いろいろご迷惑をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

ごめんなさい。

 

 

ぽちっとお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村
 

IT活用で主婦の「フル在宅」勤務が実現

 「今はほぼ“フル在宅”で労務管理の仕事をしています」と話す松浦圭子さん(41)。クラウドセキュリティツールの開発・販売を行うITベンチャー・HDE(東京・渋谷)と業務委託契約を結び働いているフリーランス人材だ。松浦さんとHDEとの出会いは今から1年ほど前のこと。ハイスキル人材と企業とのマッチングを行う人材紹介会社を通してのことだった。

●在宅ベースから「フル在宅」へ移行

 「当時は、正社員で労務担当者を探していました」と振り返るのはHDE人事部長の高橋実氏。なかなか相応の経験を持つ人材に出会えず、困っていたという。そんな中で出会ったのが松浦さんだった。複数の企業で人事制度・各種規則の設計や労務管理の経験があり、「まさに理想的なキャリアでした」(高橋部長)。

 ただ、子どもが幼稚園に通っており、松浦さん自身は10~14時にしか稼働できないのがネックだった。しかも郊外エリアに住んでいるため、渋谷にあるオフィスまで通うとなると片道1時間半はかかってしまう。正社員として働いてもらうには、時間と場所の制約があったのだ。そこで考えた末に「業務委託契約」を結び、在宅ベースで働いてもらうことにした。

 松浦さんが担当するのは、刷新を予定していた勤怠管理システムの導入業務。「在宅ベース」とは言っても、当初はオフィスに不定期に出社してもらい打ち合わせを行うことは考えていたという。ところが次第にほぼ出社がない「フル在宅」の形態へと移行していった。完全に‟フル在宅”のスタッフは松浦さんが初めてだった。

 「私が出社して社員の方々に質問をしたりすることで、みなさんの仕事の手を止めてしまうことを心苦しく感じていました。しかも、新規のシステム導入なんて社員にとっては完全にプラスアルファの業務です。質問したい点が出てきたらメールや社内チャットで投げかけておいて、お手すきの折に返信をもらうやり方のほうが、互いに負担にならないのではないかと思いました」(松浦さん)

 「在宅」への働き方のシフトチェンジは、HDEの事業内容によるところも大きい。そもそもクラウドセキュリティツールを開発する会社なので、扱う商品自体がリモートワークを推進している。社内にも、対面の会議より、社内SNSによるコミュニケーションや意思決定を促進している風潮があった。高橋部長は言う。

●チャットでも隣の席にいる感覚

 「私たちのメインのコミュニケーションツールは社内SNSによるチャットです。オンラインでも会議室にいる感覚、隣の席にいる感覚で会話をしています」

松浦さんにとっては、仕事上でチャットを使うのは初めてのこと。当初はもちろん不安があったという。

「でもSNS自体はプライベートでは使っているのですぐに慣れました」

 ただし、ビジネスシーンで使うチャットはプライベートで使うそれとは異なる。松浦さんは特に、短文で簡潔に相手に意図が伝わるような文章の書き方をかなり意識しているという。高橋部長も相手のレスポンスに時間がかかっているときは、咀嚼できていないか、返答の仕方に困っていると考えるようにしている。そういう場合は、さらにかみ砕いた表現で重ねてメッセージを送ることもあるという。こうした日々の心がけが”リモートコミュニケーション”を円滑に行うポイントのようだ。 

 “リアルコミュニケーション”にこだわると、互いの時間と場所を合わせる必要がある。しかし、今やいつでもどこでも仕事ができる環境は整っている。「私は寝る前の30分くらいに軽くメールチェックをして、気になることがあれば松浦さんにチャットで連絡しておく。そうすると翌朝、私が起きて歯磨きをしているときに彼女のほうからレスポンスが入るという具合です」(高橋部長)。働く時間や場所に差があっても、ツールをうまく使って補えば、迅速な業務遂行を実現できるというわけだ。

●時短勤務の男性営業職も

 業務委託スタッフである松浦さんが、完全フル在宅という新たな働き方を切り拓いたことで、HDEでは社員の働き方についても幅が広がりつつあるという。いま社内には、時短勤務の男性営業職もいる。家庭の事情で子育てを一人で担うことになり、なかなか残業ができないのだという。

 「非常に優秀な人材でぜひとも採用したかった。だから私たちも固定概念を捨て、‟時短”という条件を提示しました。本人も驚いていましたよ」と高橋部長。表に立って顧客対応を行う営業職ではなく、営業活動を社内から支える役割を与えることで、本人の可能な時間内で能力発揮できる仕組みを作った。現在HDEでは、より柔軟性を持たせる形で人事制度や就労規則の見直しを進めているという。

 育児や介護などにより、働く時間や場所に制約を抱えた人材は、今後ますます増えるだろう。「パフォーマンスを出せるスキルと経験を持っている人が、制約があるがゆえに能力を発揮できないのは本当にもったいない。働き方の形を自分たちから変えていくことで、新たな潮流を生んでいきたい」と高橋部長は語る。こうした企業は着実に増えつつある。 

(東洋経済オンライン10月31日抜粋


【今日の風景3】

信じられない。

今から14年ほど前私、東京単身赴任のサラリーマンでした。

お客、外資関連のコンピュータ関係なら当時の横河HP、日本NCR、日本IBM、CTC、ジェトロニクス、HPに買収される前のconpaq、撤退する前のgateway、appleなどなど。

HPの営業などは、週に1・2回しか会社に来ない。

一般レポートは、電話と携帯メールで。

当然家庭にも会社PCがある(普通のPCとは一味違う)。

会議は、テレビ。

専用線。

セキュリティのため。

会議に一般公衆回線なんて論外。

今は、そんなに公衆回線の信頼度が上がった?

それも人事・総務関連で公衆回線。

ダダもれ。

この話、基本的にダメ。

個人情報?

普通に各会社の名簿が手に入った、全部。

だからダメ。

全然変わってない?

むしろあぶない。

1103315
※画像はフリーを使用しています。
 

アマゾンは、AWSの会社?Eコマースの会社?

 AmazonをEコマースの会社だと思っているなら、認識を改めた方がいいかもしれない。Eコマースは、インフラを構築し、クラウドサービスとして販売することを正当化する口実のようなものだ。一番おいしい収益を上げているのは、「Amazon Web Services」なのだ。

 Amazonの第3四半期の業績がそれを物語っている。実際にAmazonの業績報告を見てみれば分かる。Amazonの総売上高のうち、Amazon Web Servicesは8%だが、営業利益で見ると同事業は52%を占めているのだ。これは、Amazon Web ServicesがAmazonの北米のEコマース事業と同じ額の利益を上げていることを意味する。

 これがどういうことか、分かるだろうか。Amazonは北米で5億2800万ドルの営業利益を上げるのに、150億ドルの売上高を必要とした。しかしAWSは、20億8000万ドルの売上高から、5億2100万ドルの営業利益を上げたのだ。

 (中略)

 Amazonのビジネスモデルをざっと調べてみた人であれば、そもそもなぜオンラインストアが重要なのか疑問を持ったかも知れない。最終的な利益しか見ない人から見れば(これはAmazonの姿勢とは異なるが)、同社はクラウドを第一に考え、オンラインストアは二の次に位置づけるべきだと思えるだろう。

 しかし、ことはそう簡単ではない。Amazonの出自がEコマース企業であることこそが、AWSが成功している理由だからだ。まず、Amazonは顧客中心主義であり、あまり利益幅にはこだわらない。Amazonの考え方は、企業は顧客に支持されてさえいれば、その事業が最終的にどうなっても、長期的には必ず報われるというものだ。第2にAmazonはEコマースの非常に薄い利益によって生まれ、育まれてきた。

 この出自が、エンタープライズIT業界の現状にとって破壊的である理由は、次の通りだ。

1. 多くのITベンダーは、長年の間大きな利益幅に依存して経営を続けてきており、それは今でも変わっていない。従来のインフラやメンテナンスに支払われてきたお金は、大変な額だ。そしてエンタープライズITベンダーは、顧客に古い製品への支払いを続けてもらうために、メンテナンスの料金を下げるのではなく、監査やその他の定常的に発生する過酷な仕事を請け負っている。

2. そこへ、利益幅が非常に小さい業界からAmazonが参入してきた。AWSの粗利益はだいたい25%前後だと思えばいい。エンタープライズIT業界の従来の企業が、粗利益をAWSと同じ水準に抑えたら、これまでの半分になってしまうか、それよりも悪くなるケースも出てくる。ところがAmazonにとっては、粗利益25%は、従来の商品を売って出荷する仕事と比べると、22%も高い数字なのだ。有利なのはAmazonだ。

3. Amazonは下層から上層に向けてバリューチェーンを上がってきている。AmazonがエンタープライズIT業界に対してやっていることは、Clay Christensen氏が著書「イノベーションのジレンマ」で書いたことそのままだ。Amazonはインフラ事業で最下層からサービスを開始したが、ライバルの大手企業はそのやり方をばかにした。従来の大企業は価値の高い領域を追求しているため、市場の下層をAWSに取られても問題はないと言っていたのだ。AWSがスタックを上に上がり始めると、旧来企業が安穏としていられる上層の領域は狭まっていった。これは、トヨタが米国の自動車産業にやったことと同じだ。AWSは、ビッグデータ、アナリティクス、データベース、ビジネスインテリジェンスなどの領域に参入することで、同じことをエンタープライズIT市場で再現している。

 従来のITベンダーは、組織改変や合併、大規模化、分割、その他の努力をしてクラウドを取り込もうとしているが、方程式を変えない限りはうまくいかないかもしれない。AWSはエンタープライズITベンダーが取っていた利益幅よりも、はるかに利益幅が低い世界からやってきたのだ。一部の大手IT企業は移行に成功するかも知れないが、そこに痛みが伴うことは確実だろう。 

(ZDnet.com11月2日抜粋;ソース:http://japan.zdnet.com/article/35072527/



【今日の風景】 

なにをいってるのかよく分からない文章である。

キャノンの各事業部の利益率がどうなっているのか、

かつてのNCRやcompaqがどうなったのかを知らないわけではないはず。

単純な企業買収時のものの見方。
 

今日は午前中ずっと雨。

晩秋の冷たい冷たい雨。

吐く息が白くなりました。

ネコは既にこたつの虫。

じじぃは、丹前と毛糸の帽子で完全武装。

近所の悪がき曰く

「びんぼ神ってほんとにいるんだ。」

1102115
※画像はフリーを使用しています。


 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ