じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

政治・経済・産業

LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは

LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは
 
LED電球は本当に長寿命なのか――。「10年もつ」との触れ込みで登場し、ここ最近で急速に普及した次世代の照明器具をめぐり、こんな「疑惑」がネットで注目を集めている。

2250116

 高い省電力性能と「4万時間」ともいわれる長寿命がウリのはずが、ネット上で「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいるのだ。

■「10年もつはずのLEDが...」

  「電気屋としては何とも言い訳がましいのですが、長寿命をうたって勧めてきたLED電球がボチボチ切れてきました」

 LED電球の寿命への疑問について注目を集めるきっかけとなったのは、都内のある家電店のオーナーが2016年2月19日に更新したブログ記事だ。「LED電球が寿命より前に切れた」との相談が増えていることを明かしつつ、メーカー各社がうたう「長寿命」という宣伝文句は信じられないと言及している。

 さらにブログでは、点灯しなくなった「大手メーカー」のLED電球を分解し、故障の原因を調べている。各部品をチェックした結果、電球の発光部には問題がなかったが、基盤部分の「電解コンデンサー」というパーツが熱で故障していた。続けて、LED電球が点かなくなる原因のほとんどが基盤部分の故障にあるといい、一部の製品には「欠陥がある」と指摘している。

 実は、同様の指摘は海外のLEDメーカーからも上がっている。高級LED照明を専門に扱う「ジェイク・ダイソン・ライト」のジェイク・ダイソン社長は15年6月、日本の家電サイトのインタビューで、「LED電球が長寿命というのは誤った情報だ」と断言。日本で販売されているLED電球のほとんどが放熱能力に課題を抱えており、「4万時間もの寿命があるとは思えない」と分析している。

 こうした指摘の通り、ネット上でも「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいる。ツイッターで「LED 切れた」と検索すると、「10年もつはずのLEDが半年で切れた」「またLED電球が切れた」などといった投稿が少なくとも数百件単位で見つかる。

 また、消費者からの苦情を受け付ける「国民生活センター」のウェブサイト「よくある情報提供と回答」欄にも、「LED照明がたった1年程で点灯しなくなってしまった」(14年2月)との内容が掲載されている。回答欄では、種類にもよるが、数年の保証期間が設けられている製品もあるとして、購入時に保証期間の有無を確認することなどを勧めている。 
トラブルが発生するのは...
 ただ、LED照明の設置やメンテナンスを専門に行う都内のサービス企業によると、「過去にLED電球をめぐるトラブルが多発していたことは確かですが、最近は減ってきています」という。

  「LEDが市場に登場した当初は、様々なメーカーが参入していたため、正直なところ粗悪な製品が多数出回っていました。そうした状況の中で、LED電球が『すぐに切れてしまった』といった相談は、弊社の方にも相当数寄せられていたことは確かです。ただ、最近はメーカーが淘汰されてきたこともあり、ゼロではないですが相談件数は激減しました」

 トラブルが発生する製品のほとんどは中国製で、故障個所は「点灯回路系の不具合が圧倒的に多い」という。さらに、「(中国製は)放熱性能が不十分で、回路がやられてしまうケースが目立ちます」と指摘。その上で、「日本製の商品であれば、不具合が発生することはまずありえないと思います」と補足した。

 また、東芝の子会社でLED器具を販売する「東芝ライテック」は16年2月24日、J-CASTニュースの取材に対し、

  「確かに、環境によっては回路に故障が発生し、当社が試算した『4万時間』という製品寿命より前にLED製品に不具合が起きる可能性もございます。そのような場合、当社は製品寿命とは別に『保証期間』を設けておりますので、期間内であれば製品の修理や交換に応じます」

と答えた。

 東芝ライテックはLED照明器具については保証期間を設けているが、「LED電球」は消耗品として保証の対象としていない。他の国内メーカーを見ても、電球の場合は長くとも3年ほどで保証が切れる。こうした状況に、一部のネットユーザーからは「高価なLED電球には長期保証を付けるべきだろう」「制御回路の保証はこれくらいなんだろうな」との声も飛んでいる。
 
(J-CASTニュース 2月24日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160224-00000009-jct-bus_all&p=1







【今日の風景】

LED電球本体の保障期間は、確かにないみたいです。
※『東芝ライテック 保証とアフターサービスについて

他の部品は3年あるのに・・・。

でもビンボな懐古堂のおうちには、LED照明がないんであんまり関係ないみたい。

ウチでは蛍光灯は、切れるまで使っています。

40年以上使ってる照明器具もあります。

PCと文書机には、天井灯だけでは暗いので専用スタンドを別途使っています。

妻の部屋と私の分でスタンドが4つ。

フル稼働時は電気代が大変です。

まあ、半年に数日くらいの話ですから大したことはありません。

それにしても私が子供の頃からすると、格段に電気製品が家の中に多くなっています。

電気の自由化で電気代も安くなるらしいですけど、アメリカ並みになって欲しい。

だいたい日本の家庭用電気料金は、アメリカの倍です。
※『電気料金の国際比較』 参照

日本の電気料金が高い理由は、電話料金が高い理由と同じくらい不明瞭で不可思議です。


  



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

「たった62人の金持ちが世界の半分の富を持つ」・・・あまりにも異常な世界の現実

「たった62人の金持ちが世界の半分の富を持つ」・・・あまりにも異常な世界の現実
 
2240116
 
大富豪が巨万の富を握り、庶民は重労働と薄給にあえぐ。そんな100年前の世界に、私たちは逆戻りしている。 
富める者はますます富み、一度落ちれば這い上がれない。これでいいわけがない。 

もし、日本国民の半数が持っている資産と同じ額を、たったひとりが独占しているとしたら?多くの人は「いくら何でも、それはおかしい」と思うだろう。 
実際には、日本でこのようなことは起きていないが、スケールを地球全体に広げてみると、あながち絵空事でもない。 

世界経済に不穏な影が差し始めた今、国際貧困支援NGO「オックスファム」の報告が、各国に衝撃を与えている。 
「世界のトップ62人の大富豪が、全人類の下位半分、すなわち36億人と同額の資産を持っている」 

大ざっぱに言えば、1台の大型バスに収まる程度の金持ちが、世界の人口の半数を養える額、約180兆円を持っているということ。気の遠くなるような話だ。 

現在、世界の総資産額ランキングのトップは、マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ氏の約9兆1000億円。 
以下、メキシコの通信王カルロス・スリム氏の8兆9000億円、投資家ウォーレン・バフェット氏の8兆3000億円……という具合に続く。 

日本のトップであるファーストリテイリング・柳井正社長は、資産総額約2兆3000億円で第41位と、日本人ではただひとり、この「金持ちバス」の乗客名簿に名を連ねる。 

上位10人の中には、米財閥一族のコーク兄弟や、ウォルマート創業家のウォルトン一家のように、家族・親族で複数ランクインしている金持ちもいる。 
まさに彼らは、生まれながらの「世界の支配階級」たちだ。 

「この10年、世界中で金持ちと庶民の格差が広がり続けています。特に米国は経営者の年俸がうなぎ上りで、 
以前は100万ドル(約1億1500万円)もらっていた人物が、今は1000万ドルもらっているというケースも珍しくありません。 

でも、いくら会社が儲かっていたとしても、社長の給料が10倍なんて、何を根拠に決めているんでしょう。説明がつかないと思いませんか」 
こう肩をすくめるのは、'14年、著書『21世紀の資本』が日本を含め世界中でベストセラーとなった、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏である。 

ピケティ氏は、同書の中で「資本主義社会では、長い目で見ると、格差がどんどん広がってゆく」 
「20世紀は、戦争などの影響でたまたま格差が小さくなっただけ」と、科学的裏付けをもとに主張し、大反響を呼んだ。 

「彼らのような大富豪の資産は、世襲による相続分や、金融資産もかなりの部分を占めています。 
ビル・ゲイツ氏やアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏のように、一般家庭に生まれ、何か新しいものを生み出して一代で大金持ちになった人は、まだいいでしょう。 

例えば世界2位のスリム氏は携帯電話を作っているわけではなく、国営電話セクターの民営化で巨万の富を得た人物です。 
また、ヨーロッパ屈指の大金持ちであるフランスのリリアンヌ・ベタンクールは、化粧品会社『ロレアル』創業者の娘というだけで、 
経営者としての実績はまったくありません。こんな状況は、あまりにも不公平だと思います」(前出・ピケティ氏) 

ゲイツ氏ら世界のトップ中のトップが持つ資産額は、ギリシャやデンマークの国家予算にも匹敵する。 
夏には貸出料が週5億円のクルーザーに乗り、家族とバカンスを楽しむゲイツ氏は、現在軽井沢に要塞のような「別荘」を建設している。 

また、総資産2兆6000億円を誇る世界34位の富豪・サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール王子は、 
一機あたり400億円の最新鋭旅客機・エアバスA380の内部を一流ホテルのように改装し、プライベート・ジェットとして使っている。 

さらに東京・渋谷にある柳井氏の自宅は、周囲に高さ4m近い塀がぐるりと巡らされ、中にはテニスコートもあるという、まさに「城」だ。  
 彼ら大富豪が、スーパーで買い物でもするような感覚で数千万円、数億円を使える一方で、 
世界には1日100円足らずの生活費で暮らす極貧層が約12億人、200円以下で暮らす人がおよそ30億人いる。 
全人類の半分近くは、雀の涙のような収入で何とか糊口をしのいでいるのだ。 

ゲイツ氏の全財産を使えば、単純計算で日本国民よりも多い、1億3000万人の貧困層を1年間養うことができる。 
だからといって、当然ながら、彼の命に貧しい人々の1億倍の価値があるわけではない。 
それに、ゲイツ氏に普通のサラリーマンの何百万倍も能力があるとは考えづらい。 

はたして、一人の人物が億単位の人を養えるほどの大金を手にすることに、妥当性はあるのか。 
著書『これからの「正義」の話をしよう』がベストセラーになった、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授が言う。 

「普通に考えれば、数千億円、数兆円という富を一人の大富豪が独占することには、意味がありません。到底使い切れないですからね。せいぜい数十億円もあれば、一人の人間が満足できないということはないはずです」 

'10年に来日して東京大学で授業を行った際、サンデル氏は学生に 
「イチロー選手の年俸はオバマ大統領の年俸の42倍(当時)だが、これは妥当か否か」という問いを出し、大激論となった。 

影響力や責任の重さを考えれば、オバマ大統領の年俸はイチローより高くてもおかしくないだろう。 
しかし実際には、人は必ずしも世の中への貢献に見合った報酬がもらえるわけではないし、生まれた瞬間に莫大な資産を相続する者もいる。 
大企業の創業者ともなれば、自分の報酬額を自分で決めることさえできる。 

その一方で、働けど働けど貧しいままの人は、世界中に数知れない。 

「『カネを持っている』ということが、『休暇のあいだに贅沢をしたり、豪華なヨットや自家用飛行機を持つ権利がある』 
ということだけを意味するのであれば、あまり大した問題ではないでしょう。 

でも実際には、高度な教育、手厚い医療、安全な暮らしといったものも、金持ちほど手に入れやすいわけです。 
政治権力への影響力もカネ次第です。事実、大富豪がやると決めた戦争で、今も庶民や貧困層が死んでいる」(前出・サンデル氏) 

サンデル氏が教えるハーバード大学でも、学生の親の平均年収は約5000万円。 
金持ちの子は最高の教育を受けてエリートになり、ますます富と権力を得る。貧乏人の一族は、何代経っても貧乏なまま。今や、それが米国の常識だ。 

金持ちと貧乏人の格差が、日に日に大きくなってゆく。すでに日本も、そんな「超格差社会」へ突入していると、前出のピケティ氏は警告する。 

「日本の場合、少子化で人口が減っていることが大問題です。子供の数が少ないということは、これからは相続のとき、一人の子供に多額の資産が集中するということ。 
当然ながら、金持ち一族に生まれた子と、庶民の家に生まれた子では圧倒的な差が出てきてしまう。出生率を上げない限り、日本国内の格差は今後、広がり続けます」 

(現代ビジネス2月24日;







【今日の風景】

この話、根本的に(たぶんわざと)大きく欠落していることがあります。

そう、法人が持つ資産がどれくらいかということです。

またその法人がこの100年で何人の人間を養ってきてなおかつ、利益を生み出してきたかです。

そして各国民がトータルで持っている資産もです。 

「金持ちが悪い」「世襲制度だ」「格差はどんどん広がる」、昔からずっと言い続けられてきた言葉です。

先進国と呼ばれている国々で世界の富の9割以上は独占されています。

産業も同様です。

これらの理屈で言えば低開発国・開発途上国にとっては、富を独占する先進国こそが悪いという話になります。

権力に象徴される国単位の動きに対して個人など微々たるものです。

個人なんて制度・法律の改変ですぐに、いつでも吹き飛んでしまいます。

今の日本を含めた先進国で、どれくらいの子供たちが義務教育を含めた学校へも通えず、働く事を強いられているでしょうか?

どうして個人を悪者にする前に、国の制度・法律・教育の不備をもっと問題にしようとしないのでしょうか。


 



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

続・預金金利、上げます。「50歳未満は4倍」の定期登場

続・預金金利、上げます。 「50歳未満は4倍」の定期登場
 
信金、じわり金利上げ マイナス金利の逆風の中…
 
2210116
 
「50歳未満は4倍」の定期登場

 日銀の「マイナス金利政策」のあおりで、大手銀行が預金金利を過去最低の水準に引き下げる中、一部の信用金庫で金利を引き上げる動きが出てきた。預金者の「金利がなくなってしまう」との不安を払拭する狙いとみられ、超低金利時代の中、脚光を浴びている。(藤原章裕)

 熊本第一信用金庫(熊本市)は、多額の教育ローンや住宅ローンを抱える50歳未満の新規預金者の金利を優遇する「若者金利アップ定期預金」の取り扱いを始めた。50万円以上を1年間預けた場合の金利は年0・1%と従来の0・025%から大幅アップする。担当者は「問い合わせが殺到している」と打ち明ける。

 遠賀信用金庫(福岡県岡垣町)もマイナス金利政策がスタートした16日から1年物定期預金(限度額300万円)に年0・15~0・3%の金利をつけた。金利を引き上げることで、「地域の人たちに安心してもらい、タンス預金に流れるのを防ぐ」(担当者)という。30億円を募集するが、19日までの4日間で約3億円集まったという。

 西武信用金庫(東京都中野区)も「地元貢献の一環」として3月から定期預金の金利を引き上げる。3、4年物は店頭金利に0・01ポイント、5年物は0・02ポイント上乗せする。

 信金は銀行に比べ、運用資金を市場から調達する割合が少なく、ほぼ預金でまかなっている。営業地域が狭いこともあり大手銀のように「預金が余って困る」という状態ではなさそうだ。

 さらに、全国の信金の上部組織である信金中央金庫に預金すれば、利息がもらえるという安心感もある。信金中金は預金金利を公表していないが、関係者によると「日銀の当座預金につく0・1%を上回る」という。このため、日銀当座預金の一部に課されるマイナス金利分をカバーできる。

 全国約260の信金で金利を引き上げる動きが広がれば、個人や中小企業の預金が銀行から流入する可能性も出そうだ。
 
(産経新聞2月21日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160221-00000063-san-bus_all







【今日の風景】 

信金さんの下克上時代に入りそうです。

昨日も申し上げましたが、イイ加減金融機関の優遇措置は止めるべきでは?

世界的にも為替・株式で儲けられるのはいろんな優遇措置のため、法人ばかりで個人は火の車。

ほとんどマスコミは無視していますが、FXや株式相場で年末から最近また、自殺者・破産者が出ているのは事実です。

日本の銀行に至っては、元は税金だった金を、何もしなくても 勝手に儲けられるようにしてある。
※「唖然!マイナス金利を嫌う銀行のあきれた「やり口」~既得権益を守り、年2200億円の“小遣い”を稼ぐ」参照

おまけに振込み手数料(1件あたりのコンピュータメンテ等経費は10円程度)でまた、一日数億円の日銭を稼いでいる。

不払い・未払い問題が記憶に新しい保険業界も、思わず笑ってしまうくらいひどい。
※「加入者を騙す保険会社の不正募集

NHKを含む放送業界もたいがいのものですが、それを上回る。 

この関連の事実、調べれば調べるほど良い話は、皆無ということになっていく。 

みっともない話です。

 



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

預金金利、上げます。 一部の信金で

金利、下げずに上げます。 一部の信金で
 
日銀が導入したマイナス金利を受けて、大手銀行などで預金の金利を引き下げる動きが相次ぐなか、一部の信用金庫の間では安定した資産運用をしたいという顧客の獲得につなげようと、逆に定期預金の金利を引き上げる動きが出ています。

2200116

先月下旬に日銀がマイナス金利の導入を決めたあと、長期金利が低下したことを受けて、大手銀行や地方銀行を中心に普通預金や定期預金の金利を大幅に引き下げる動きが相次いでいます。
 
こうしたなか、東京・中野区に本店がある「西武信用金庫」は、安定的な資産運用をしたい顧客は多いとみて、来月から、3年から5年満期の定期預金の金利を、店頭で表示する金利から年0.01%から0.02%引き上げることを決めました。
 
また、熊本市の「熊本第一信用金庫」は、一定金額以上を預けた人を対象に金利を年0.08%から0.1%に設定した定期預金の取り扱いを始めたほか、福岡県岡垣町に本部のある「遠賀信用金庫」は、一人当たり300万円を上限に年0.15%の金利をつけた定期預金を30億円に達するまで集めるとしています。
 
国内の金融機関は、現状では預金金利をマイナスにすることはないとみられますが、預金金利が極めて低い水準となるなかで個人の資産運用への関心は高まっており、金融機関がどのような対応をとるのか注目されます。
 
(NHK NEWS web2月20日;
ソース:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160220/k10010416101000.html






【今日の風景】

日本の金融機関も、少しはマシになったということでしょうか。

それにしてもクレジット会社の金利はいつになったら安くなるんでしょう。

ビンボじじぃには負担です。

バブルの頃から金融機関は、政府と国民に甘えてばっかり。

モノを作る企業が、自由競争の中で生き残ってきたのに、その間金融機関は何をしていたのでしょう。

政府と法律に守られて、それで日本の経済を担っていると言えるんでしょうか。

まるで公務員です。

だから日本発の新しい金融商品も出来ないし、大学の経済理論も100年近く日本では変わっていない。

周りにかまわず、国と法律と制度と既得権の上に胡坐をかいて100年以上。

当然、新しい理論やシステムを作ってノーベル賞を取るなんて夢のまた夢。

そんなことをしているから日本の総理大臣に、「大学の文系学部なんかいらない!」なんて言われるんです。

つまらない話です。

 



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

「黒魔術師だから」と家族に捨てられた2歳の子供 その写真に世界が衝撃

「黒魔術師だから」と家族に捨てられた2歳の子供 その写真に世界が衝撃
 
アフリカ随一の経済を誇ると言われているナイジェリア。しかし今、「魔女」や「黒魔術師」との烙印(らくいん)を押され、家族や地域から拷問を受けたり、殺される子供たちの数が増加しているという。 
今回もナイジェリアで、「黒魔術師」だとして家族から捨てられた2歳児が保護された。その姿が写真で公開されたところ、世界に衝撃が走っているようだ。 

8カ月間、ひとりで生きてきた2歳の男の子

2190116
 
ガリガリに痩せ、うつろな目をした裸の子供に、女性が水を飲ませている写真。これは、ナイジェリアの市場をさまよっていた2歳児が保護された場面だ。なんと彼は、家族から「黒魔術師」だと捨てられ、この8カ月間、通行人の残飯を食べながら、ひとりで生きてきたというのである。 

・女性が、水と食べ物を与えて男の子を保護 
 
そんな男の子を助けたのは、デンマーク人のアンジャ・リングレン・ローベンさん。アフリカで “魔女狩り” にあう子供たちを守るために NGO団体『アフリカ児童への教育・開発援助基金(African Children’s Aid Education and Development Foundation)』を立ち上げた女性だ。 
水と食べ物が与えられた後、男の子はホープと名付けられ、ローベンさんによって保護されることに。 
団体の Faecbook ページによると、駆虫治療と定期的な輸血を受けたホープ君の健康状態は安定し、今では他の子供と遊べるまで回復したそうだ。 
ローベンさんは、「彼はまだ何も話そうとしません。でも退院して、他の子供たちと接するようになれば自然と言葉も出てくるでしょう。
子供たちは一緒になると強くなれるんです」と話している。 

・ナイジェリアで増加する子供たちへの「魔女狩り」
 
子供たちに「魔女」や「黒魔術師」とのレッテルを貼り、拷問や殺害を行う “魔女狩り”。ホープ君が保護されたナイジェリアのアクワ・イボム州では子供への “魔女狩り” は禁止されているが、未だに大勢の子供たちがこの迷信の犠牲になっていると報じられている。 
アフリカの子供たちを保護する団体『セーフ・チャイルド・アフリカ』によると、離婚や死、病気など、家族に 
不幸が降り掛かったことがキッカケで迫害が始まるパターンが多いのだとか。ナイジェリアでは、霊的な原因で不幸な出来事が起こるとし、子供たちが呪いの力を身につけて災いを起こすと考える人が多いというのだ。 

・教会や映画が迷信を後押し。貧困が原因との声も
 
また教会や映画などが迷信を広め、中には魔女を “退治” しては莫大な報酬を得ている自称牧師も多くいるとのこと。
他にも「貧困と無知は切っても切り離せない」と、根深い貧困を指摘する声もある。 
ちなみにナイジェリアでは、1日1ドル以下で生活する貧困層が人口の約70%を占めているという。 
今回ホープ君の写真が公開されたところ、2日間で世界中から100万ドル(約1億1000万円)もの寄付がローベンさんの団体に集まったそうだ。彼女は「このお金でホープ君を守るだけでなく、より多くの子供を助けることが出来る」と述べているのだった。 

(ロケットニュース24 2月19日;






【今日の風景】
 
元の記事にはもっと多くの写真があります。

牧師という以上はプロテスタントだと思われますが、黒魔術だの魔女だのというのは何だかヨーロッパの暗黒時代を彷彿とさせます。

それにしても、写真の子は強い子です。

この子こそ、もしこの世界に神様がいるのなら神様に守られているのでしょう。

大人は、どの時代でもどの国でも得てして他人の子供には残酷になってしまいます。

でも最近のニュースを見ていると、自分の子供に対してまで残酷に接する親が多くなっているように思えます。

虐待です。

社会が与えるストレスが原因なんでしょうが、それだけではない気がします。

新聞を読んでもテレビを見ても大半、世の中の華やかな部分にだけしかスポットライトが当てられていない気がします。

ほんとうに大事なのは、毎日の地味で地道に積み重ねていく努力なのに。

以前社会生活をする上では法律に違反出来ないのが前提ですが、その前に倫理、道徳、常識があるっていう話をしましたけど、更にそれ以前の話です。

単純に貧困、飢餓のせいにはしたくありません。

子供に教育を施すように、親にもそうする時代になりつつある気がします。

 



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 
プロフィール

懐古堂九郎

日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ