じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

怪奇・猟奇・心霊

恐ろしいサイコパス男子の特徴 5つ

予測できない!?世にも恐ろしいサイコパス男子の特徴・5つ
 
みなさんも「サイコパス」という言葉を聞いたことがあるはず。「サイコパス診断」なんていう心理テスト的なものをして遊んだことがある人もいるでしょうね。サイコパスは単直に言うと、道徳心や良心が著しく欠如した人。

たとえば犯罪でも、「自分は犯罪行為をしている」と認識はできても、「なぜそれが悪いこと」かはわからないという状態ですね。こういった男子と付き合ってしまうと、付き合ってから平気でヒドいことをされたり、別れたあとにヒドい復讐を受けてしまうことも?

12120115

そこで今回は、コミュニケーションデザイナーの佐々木栄造さんに、「サイコパスの人に多い特徴」について聞いてみました。

とはいえ、まあそこまで真剣にならずカレに、「君めっちゃ当てはまるじゃん~!」なんて言ったりしながら娯楽記事として楽しんで読んでみてください。その後あなたの命がどうなるかは知りませんが(笑)。

■1.口が本当にお上手
 
「口達者な人が多いです。頭がイイので、本当に理路整然と話ができるし、ユーモアもあります。一言で言うと、表面的には女性にモテやすい性格の人が多いですね」

サイコパスの人は、すごく知能が高いことが多いそうです。「この人と話していると本当に知的で楽しい」と思う男子は、もしかしたら危険な存在かも?

■2.鳥肌が立つほど冷淡な瞬間がある
 
「基本的に、自分の利益を最優先して動く彼らは、すごく冷淡な行動が目立ちます。平気で親友を裏切ったりなど、ですね」

親友の彼女を奪って、一ミリも良心の呵責を覚えない男子などたまにいますが、彼らは大丈夫なんでしょうか(笑)?

彼女に対しても普段は優しくても、少し気に入らないことがあると一気に冷たくなったりするんでしょうね。

■3.すごく衝動的
 
「自制心がきかないのも特徴。勢いで結婚をしてしまってすぐに離婚をしたり、そういった過去がある人には気をつけたほうがいいかもしれませんね」

サイコパスさんが犯罪行為に出てしまうのも、後先を考えず衝動で動いてしまう性格ゆえというのもあるのでしょうね。

まだまだ若いのに離婚歴があったり、付き合ってすぐに「結婚しようよ」と言ってきたり、そういうのはちょっと怪しいかも?

■4.感動しない
 
「良心が欠如していますから、人の心のあたたかさを見ても心打たれることはありません。むしろ、『なんで人のためにわざわざこんな面倒くさいことを?』と思ってぽかんとしてしまうことが多いです」

感動映画やドキュメンタリーを見ると、自分も共感してしまって涙を流したり、そうでなくても心温まるのが普通の人。

しかし、相手の心を汲むということをしない彼らには「共感」がそもそもないので、「他人の出来事でなにがそんなに……」という気持ちになるんでしょうね。

■5.虚言癖
 
「自分の利益のためには手段を選ばないので、そっちのほうが有利になると思えば平気で嘘もつきます。もちろん良心は痛みません」

たとえば、付き合えそうな女子が「絶対にバツイチは嫌」という人な場合には、自分がバツイチであっても、なんのためらいもなく「バツゼロです」と言える感じですかね。

嘘か本当かは問題ではなくて、「どっちがベターか」という天秤で物事を見るのでしょう。道徳的でない反面、ものすごく、合理的ですね。

■おわりに
 
いかがでしたでしょうか? とまあいろいろ書いてきましたが、もちろんこれらはあくまで「サイコパスさんに多い傾向」に過ぎないので、非サイコでもこれらをすべて持ってる人はたくさんいます。

心理テストのひとつとでも思って、お友達やカレと楽しんでくださいね!(P山P太/ライター)


( ハウコレ12月11日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/10941160/





【今日の風景】

●サイコパス:精神病質(サイコパシー;その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人 。
 
●犯罪心理学者のロバート・D・ヘアの定義
 
 良心が異常に欠如している
 他者に冷淡で共感しない
 慢性的に平然と嘘をつく
 行動に対する責任が全く取れない
 罪悪感が皆無
 自尊心が過大で自己中心的
 口が達者で表面は魅力的

●サイコパスチェックリスト
 
1. 口達者/表面的な魅力
2. 誇大的な自己価値観
3. 刺激を求める/退屈しやすい
4. 病的な虚言
5. 偽り騙す傾向/操作的(人を操る)
6. 良心の呵責・罪悪感の欠如
7. 浅薄な感情
8. 冷淡で共感性の欠如
9. 寄生的生活様式
10. 行動のコントロールができない  
11. 放逸な性行動
12. 幼少期の問題行動
13. 現実的・長期的な目標の欠如
14. 衝動的
15. 無責任
16. 自分の行動に対して責任が取れない
17. 数多くの婚姻関係
18. 少年非行
19. 仮釈放の取消
20. 多種多様な犯罪歴
 
(wiki pより)




最近あなたの近所に引っ越してきた、ちょっと冷たい感じの無口なイケメンはいませんか?

ほら、後ろに立ってる。

長いヒモを持ってあなたの後ろに立ってる人ですよ。 

皆さん、くれぐれもご注意を・・・。 



励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

新築の家の下に死体が埋まっていた!

新築の家の下に死体が埋まっていた! 住み続けるのは難しく、「気の毒すぎる」の声

 
京都府長岡京市の男(41)が、自分の妻の遺体を他人の家の敷地に埋めたと供述し、京都府警は死体遺棄の疑いで男を逮捕した。

 男は工務店経営の大工で、民家を建築中に遺体を車で運び入れ埋めたという。
新築の家に住んでいた家族は死体が埋まっている事を2年ほど知らずに暮らしていた。
ネット上ではこの家族が住み続けることは難しく、気の毒すぎるなど心配する声が出ている。


■建築を請け負った大工が妻の死体を運び込んだ

 今回の事件のあらましはこうだ。

妻が行方不明になったとして容疑者が2013年秋に警察に捜索願を出した。
15年に入り府警は公開手配の手続きを打診した。
しかし、なぜか男が断ったため不審に思い事情聴取した結果、遺体の遺棄を認めたという。
自分が殺害したことも仄めかしていて、府警は15年12月7日に男を逮捕した。

 死体を遺棄したのは、大工として新築工事を請け負っていた民家の敷地内。
13年9月初旬に車で遺体を運び込み、「コンクリートの下に埋めた」のだという。
府警は15年7月朝からこの死体が埋まっていると思われるガレージ付近を、掘削機を使って掘り起し始めた。
J-CASTニュースが府警に話を聞くと7日の午後3時の時点で遺体は見つかっていないという。

 災難なのはこの住宅に2年ほど何も知らずに暮らしていた家族だ。「家族はこれからどうするんだ?」などと心配の声があがり、

  「何千万もの費用をかけて事故物件とか。 もうこの一家、この家にはとても住めないよね」
  「家の人がかわいそすぎ。家を壊さんならんし土地も売れんだろうし」
  「気の毒すぎるだろ。こういうのってなんの金も貰えないんだろ?」

などといった書き込みが掲示板に出た。
 

事故物件として通常より数割価格が下落
 
 このケースはどうなってしまうのだろうか。
紀藤正樹弁護士によると、不動産の訳あり物件は通常より2~3割価格が下落するが、今回の場合も数割下落する。
下落分の損害賠償は男に請求できる。
また、慰謝料やお祓いなどの諸経費も請求できる。そして、この家に住めないと判断し、他の場所で土地を購入し建てた場合、新たに家を建てるために使った金額から死体が埋まっている家を売った金額の差額を男に請求できる。

  「ただし容疑者が賠償に応じられるお金を持っていることが前提です。
死体が埋まっていたとすれば家は売れない可能性もあり、こういったケースについては被害者が泣き寝入りすることが多いんです」

と紀藤弁護士は話している。

(J-CASTニュース12月7日;




【今日の風景】 

じじぃが住んでる京都府長岡京市・・・。

12080115
※画像はフリーを使用しています。『光明寺』

田舎だから大きな個人住宅でない限り、だいたいどのへんか分かります。

こういう場合でも『事故物件』というんだ。

この辺では昔、有名な未解決殺人事件がありました。

『京都長岡ワラビ採り殺人事件』

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。
 
直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。
2人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。
検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから2時半までと判明。
 
どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから
 
“オワレている たすけて下さい この男の人わるい人
 
と鉛筆で走り書きをした、勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見される。
だが、どちらの荷物にも衣服のポケットにも、この鉛筆がなかった。
後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところで芯の先端だけが見つかっているが、鉛筆そのものは見つからなかった。
 
主婦Aは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、体内からは犯人のものと思われる体液が検出された。
主婦Bは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さったままだった。
なお、主婦A、B共にアキレス腱が切られていた。
警視庁の鑑定結果によると、犯人の血液型はO型と判明している。
犯行現場は、殺された主婦たちのように、ピクニックがてら山菜採りに地元の人が訪れているようなところだったが、犯行発生前から木や竹が生い茂り、昼間でも薄暗いところが多く、レイプ事件も発生していた。
遺留品は主婦Bの遺体に突き刺さっていた包丁1本のみで指紋は検出されず、販売ルートも解明されずじまいだった。
そして、有力な手がかりも得られないまま、1994年5月24日に公訴時効が成立した。
 
容疑者
 
長岡京市内に住む少年Aが、犯行時間内に駆け足で下山するところを目撃されており重要参考人となるも、実は犯行当日は一日中、別の場所にいたことが判明した。
彼が空手を習っていて、よく山にサイクリングにきていることを知っている人物からの目撃情報だった。
主婦らが山に入った10分後、25歳から30歳の男性二人組が目撃されていたが、身元判明できず。
主婦たちが殺害される1週間前に、入山していた主婦に声をかけた中年男性がおり、似顔絵を製作したが身元判明できず。
 
もう一つの事件
 
事件から約5年後、同市で主婦Cが首や背中をメッタ刺しにされた上、布団に包まれた状態で火を点けられて殺害されるという残忍な事件が発生した。
警察がこの事件と長岡京殺人事件の関連性を調べていたことが判明して、次のような噂が出現した。
主婦Cはかつて最初の事件当日、主婦AやBとワラビ採りに出かけたが、先に一人で下山したので殺害から免れた。
マスコミと警察は報道協定を結んで、主婦Cの安全のため彼女の存在を公表しなかった。
後日、主婦Cは何らかのトラブルでワラビ採り殺人の真犯人に殺された。

ところが第二の殺人事件の警察記者会見では、最初の殺人事件と主婦Cとの関係はまったく言及されず、マスコミ関係の人物から報道協定についての証言は一切得られず都市伝説のレベルである。
ただ、残った血液型はO型で右足の第二指が突出していることが判明している。
この事件も同様に未解決となっている 。

(wiki pより)

私やっぱり、幽霊やおばけより生きてる人間のほうが怖い。

年末ですので、戸締りと不審者にはくれぐれもご注意を。



励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

ナースの心霊体験・裏話

ナースの心霊体験・裏話
 
産婦人科を舞台にした綾野剛主演の『コウノドリ』(TBS系)が高視聴率を獲得して話題を集めている。
 
人の生死に関わる舞台で懸命に働く医師や看護師は人々の尊敬を集めるが、実際の現場は決して美しいことばかりではない。
病院の表も裏も知り尽くした現役ナースたちが赤裸々に語り合った。 


匿名を条件に本音を明かしてくれたのは、黒髪が似合うハキハキとした喋り方が特徴の泌尿器科Aさん(40代)、最年少で長髪、おしとやか系の外科Bさん(20代)、茶髪で笑顔が印象的な耳鼻科Cさん(30代)の美人ナース3人だ。

12060115
 

──どんな時に仕事の辛さを感じるのか。 

泌尿器科A:

大学病院で研修していたとき、難病や重病で長期入院している子供の姿を見続けるのは、今までのどの仕事よりも辛かったなあ。
新人ってドラマに影響されて小児科や救急救命を志望する子が 多いんですけど、そういう子に限って現実に直面すると辛くなってやめちゃう。 

耳鼻科C:

私が小児科を敬遠するのは別の理由があります。 
なんといっても、小児科は付き添いのお母さんが凄い。苦しむ我が子を思えば仕方ないのですが、処置を適切に施していても「あなた、ウチの子に何するんですか!」とヒステリーを起こされてしまう。 

外科B:

私は仕事で辛いことはないけど、ナースサンダルが蒸れるのがイヤ(笑い)。
最近は通気性が良く改良されてきていますが、それでも「ナースって足が臭いよね」と合コンでいわれることが多くてヘコむ。 
白衣で下着が透けるのもなんとかならないかな。
今更気にしていられないけど、新人の頃は患者さんの視線が 気になって恥ずかしかった。 

泌尿器科A:

これはもう慣れたので辛いことではないんですが、看護師なら必ずといっていいほどいわゆる“心霊現象”には遭遇していると思います。 
誰もいない病室からのナースコールや、誰もいないはずの手術室に人影とか。 

耳鼻科C:

私の場合、患者さんが「昨日ベッド脇に小さなオジサンがいた」といった数日後に亡くなった。 
その後も別の患者さんが亡くなる前に「小さなオジサンを見た」というのが続いたんですよ。 
あれってオジサンじゃなくて死神だったのかな……。 

外科B:

1人亡くなったら同じ病院で立て続けにもう2人亡くなるという説もありますね。 
最初に亡くなった患者さんが寂しくて連れていくと考えられていて、私たちの業界では、 
「あちらの世界へは“3人乗りの舟”で行く」といわれています。 
私はそういう話を聞くたびいつも寒気がする。なかなか慣れないな……。

 
(週刊ポスト2015年12月11日号より;
ソース:http://www.news-postseven.com/archives/20151204_367185.html




【今日の風景】

先日、このブログの中で私が年上の女性を「おねえさん」と呼ぶ理由について書きました。
※『人に嫌われるクセ 4種

あの中で書いた私の二つ下の妹は実は、四十六年前に亡くなっています。

彼女が亡くなったのがちょうど今頃の季節。

冷たい雨の降る夜九時頃、彼女の学習塾からの帰りが余りに遅いので、母が迎えに出ようとした時に電話が鳴りました。

いつもより少し早く帰ってきていた父も、食事を取りながら不安そうな顔をしていました。

電話は家から歩いてすぐの、総合病院にいるおまわりさんからでした。

そちらの娘さんが交通事故にあって運び込まれている、所持品から身元が分かり連絡した、至急病院に来て欲しいという内容だったようでした。

ほとんど即死だったようです。

もう冷たくなり始めている妹の体を病院からおぶって帰ってきた父は、涙を流しながらずっと妹に話しかけていました。

その夜、父は亡くなった妹の体を抱いたままいっしょに床についたようです。

気丈な母は、親戚や知り合いにずっと電話をしていました。

どこで妹の話を聞いたのか、近所の人も数人訪ねて来ました。

私は大人たちとの話を避けるように、まだ幼かった下の妹を連れて二階の自分の部屋で休みました。

夜半過ぎ、ふと人の気配で目が覚めました。

隣で寝ていたはずの下の妹が、私の横に立ってじっと私を見下ろしていました。

私がそれに気がついて声を掛けようと手を伸ばしたとき、下の妹が言いました。

「わたし・・・死んだんや、わたし・・・。」

死んだばっかりの妹の声でした。

その後の記憶はありません。


ただその後加害者の身元が分かり、近くで八百屋を営んでいた人が、組合の寄り合いで酒を飲んでトラックを運転して帰るときに、上の妹をはねてしまったということを母から聞きました。

飲酒運転です。

その事件以来、加害者の奥さんが毎日、私の家に謝りに来ていました。

それから数ヶ月ほど経った頃、その奥さんが首を吊って自殺したことをだいぶ後になって母から聞きました。


励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

米国「エリア51」付近にUFOが出現か?

米ネバダ州にあるアメリカ空軍に管理される「エリア51」は古くから宇宙人や未確認飛行物体(UFO)が目撃されることが伝えられている。

11270615

11270715

ある男性は航空機で「エリア51」付近を経過した際に、大型UFOと複数の明るく輝く球体を撮影したと言い、「エリア51」は再び大きな話題になった。

11270515

台湾ETtoday東森新聞雲網站の11月25日付報道によると、この匿名の男性はUFOサイトに「10月30日にカリフォルニアからテキサス州に向かう航空機に搭乗し、航空機がネバダ州の砂漠を経過した際、「エリア51」付近に銀色のUFOが出現しているのを見つけ、まぶしい色を呈するばかりか、明るく輝く球体を形成した」と報告した。
 
UFO Sightings Daily」は「目撃されたのは、すでに着陸してカムフラージュしようとしている未確認飛行物体と見られる。だが太陽の照射により、一部の機体が隠れられず、目撃者に他の角度から発見された」と分析した。

11270415


(新華ニュース11月26日;





【今日の風景2】

未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)のはなし。

私、ロジャー・ペンローズの大ファンです 。

知っている限りで唯一、 数理・量子物理学者でありながら、生物学や心理学へのアプローチを真剣にしている人。

ブラックホールを数学の特異点が自然界に顕在したものだと感動的話としてする人がいるが、そんなレベルではない。

前記事『魂の重さは本当に21グラムか?』で少し触れたように科学は、人間が自然界を解釈するための方法のひとつに過ぎず、人間の認識能力では人間の持つ論理性の限界は超えられない。

その限界が明確な人間の論理を持ってしてもまだ、自然界はほとんどナゾのままである。

例えばエネルギーの説明-物理学的な仕事に換算しうる量の総称。位置・運動・熱・光・電磁気など。

どうして位置エネルギーが運動エネルギー、その他のエネルギーに変換できるのか?

そういう定理があるからと教えられる。

ところがその目に見えない、よく分からないものが凝縮すると物質という人間の認識できるものに変わる。

なぜなのか?

特殊相対性理論でそう証明できるから。

ではそのエネルギーはどこから生まれたのか?

よく分からない。

例えば時間の説明-よく分からない。自然界の変化を計測する単位。

時間は連続しているのか?

よく分からない。

一応物理学の世界では、時間も空間も同一の時空連続体という形を想定する。

分からない事だらけなのである。

時間が一方向にしか流れないように見えることすら説明出来ない。

未確認飛行物体は、多数確認されている以上存在するが、それが何かは誰もまだ説明出来ない。

 

応援のぽちっをお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

東京福生市 顔はぎ死体事件その後

元女性”はなぜ顔の皮を剥がされ死亡していたのか。
東京都福生市のアパートで、住人の土田芳(よし)さん(38)の遺体が見つかった事件。

鼻が切り取られ顔の皮が剥がされていたという猟奇性に加え、土田さんが男性への性転換手術を受けていたこと、そして、女性ホルモンを摂取している男性(28)と養子縁組という形で“結婚”していた特異な態様が浮かんでいる。

警視庁はこの男性が土田さんの死亡の経緯について何らかの事情を知っているとみているが、真相はまだ闇の中だ。
 

 ■顔はまるで“人体模型”のようだった

 「父が目を開けたまま、顔から血を流して倒れている」。12日午後5時半ごろ、養子の男性からの通報で駆けつけた警視庁福生署員は、その異様さに一瞬、目を疑った。

 福生市武蔵野台にあるアパートの6畳間の和室には、すでに死亡していた土田さんが、布団に包まれた状態であおむけに横たわっていた。

 頭から青色のポリ袋をかぶっており、署員らが外すと、顔面の皮膚がフェースラインに沿って刃物のようなものではがされていた。鼻もなく、骨が見えている部分もあった。かろうじて眼球は残されていたが、捜査関係者は「顔だけ人体模型のようだった」と打ち明ける。

 顔以外に目立った外傷がなく、遺体に抵抗したような形跡もないことなどから、同署は土田さんが何らかの理由で死亡し、死後に体を傷つけられた死体損壊容疑を視野に調べている。

 同署によると、事件当日、養子の男性は午前5時半ごろに帰宅。土田さんも直後に戻り、男性と雑談したあと、遺体発見現場の和室で眠りについた。養子の男性は別の部屋で就寝したという。

 男性は「起きたら父が倒れていた」と説明。だが、室内に第三者が侵入した形跡などはなく、同署は男性から詳しく話を聴いている。現場からは、剥がされた顔の皮膚や刃物などが見つかっておらず、何者かが持ち去るなどした可能性があるという。
 

 ■トラブルが相次いでいた“夫婦”

 《人生で最も忘れられない日になりました。嫁の支えがなかったら今、この瞬間はなかったと思います。本当にありがとう》(土田さん)《もう一人きりにならないと信じて》(養子の男性)

 昨年6月16日、2人がお互いの「フェイスブック」にそれぞれ投稿したメッセージだ。2人は同日ごろ、養子縁組を結んだとみられる。

 関係者らによると、2人は約1年半前、性的な少数者らが集うインターネット上の交流サイトを通じて知り合った。昭島市内のニューハーフクラブでともに働くなどしていたが、事件直前はそれぞれ別の店に勤務していたという。知人らによると、2人の関係には最近、亀裂が入っていた

 事件当日の12日早朝、土田さんを自宅アパートまで送ったという同僚の男性は、「車内で土田さんが『養子の男性と関係がうまくいっていない。だめかもしれない』と悩んでいた」と振り返る。実は署員が通報をうけて現場アパートに駆けつけたのも、今回の事件が初めてではなかった。

 8月13日には、養子の男性が「父(土田さん)に首を絞められた」と110番通報。同署が、土田さんを暴行容疑で現行犯逮捕している。被害届が取り下げられたため、土田さんは約1週間後に釈放された。

 同署は男性への安否確認を続け、7回目の連絡になった10月27日、男性から「(土田さんには)これまで以上に優しく接してもらっている。もう連絡は不要」と伝えられたという。

 2人の知人男性によると、8月の暴行の原因は、養子男性と別の男性との関係を土田さんが怒ったためだった。そのころ、養子男性のフェイスブックには、「寝ずに面会…大変だわ…仕方ないけど」などと、当時、警察署で取り調べを受けていたとみられる土田さんの面会に向かう様子が綴られていた。

 だが、今月3日には、今度は土田さんが養子の男性から暴行をうけたとして110番通報。溝は深まる一方だった。
 

 ■事件後に「なんで?」

 関係者らによると、2人は5月末から現在のアパートに住み始めた。当初は仲むつまじい様子だったといい、近所の女性は「ファストフード店の帰りなどに、いつも食べあいっこをしながら歩いていた。幸せそうだった」と振り返る。

 一方、アパート近くの居酒屋の経営者男性(42)は、店に来た2人の様子について「終始不機嫌な養子の男性を、土田さんが困った様子でなだめていた」と打ち明ける。

 かつて女性だった土田さんが身長160センチ程度なのに対し、養子の男性は175センチと比較的大柄で、別の知人男性は「本気でケンカになったら、土田さんは勝てないだろう」と話す。

 土田さんの遺体は司法解剖でも死因が分からず、さらに詳細に検査して特定を進めている

 事件後の今月13日、養子の男性はフェイスブックに《なんで?なにがおきたの?》とコメントした。かつては確かに幸せだったはずの異色の“夫婦”に訪れた悲劇。一体何があったのか。真相究明が待たれる。
 

(産経新聞11月21日;



【今日の風景2】

前記事
・『続 東京福生市マンション猟奇殺人事件
・『福生マンション死体 性転換男性とニューハーフ同居者の関係は?』 

周りの状況が少し見えてきた記事でしたので取り上げてみました。

怨恨ならば遺体発見者が、第一容疑者。

隣の部屋に寝ていて、被害者が殺害されるのも顔の皮を剥ぎ取られるのにも気がつかないのは不自然。

日頃から警察沙汰になるほどの諍いを、何度も起こしているのも殺害理由になる。

でも死因がまだ不明。

ただ薬物でも発見の困難な毒性の強いものも結構あるようだ。

顔の皮と凶器も不明。 

しかし被害者が帰宅してから警察官がくるまでには12時間あった。

遺体から顔の皮を剥ぎ取り、凶器とともに捨てに行くには充分な時間であろう。 

以前から計画していたのなら更に可能性は高くなる。

まだ被疑者として拘留はされていないのだろうが、時間の問題のような気がする。

性転換して男性になった女性とニューハーフの事件と考えるのではなく、単純に女と男の痴情の縺れと考えたほうがスッキリ解決しそうな事件である。


11240315
※画像はフリーを使用しています。


よろしくお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 
プロフィール

懐古堂九郎

日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ