《 中国でポケモンGO脅威論、「非公表の軍基地探査も可能」 》

071816
 
[北京 15日 ロイター] - 任天堂<7974.T>のスマートフォンゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をめぐり、世界最大のスマホゲーム、オンラインゲーム市場の中国では、米国や日本が中国を攻撃する際の「トロイの木馬」になりかねないとの懸念が浮上している。

ポケモンGOはスマホの位置情報機能を使い、画面を見ながら街中に隠れているポケモンのキャラクターを探して遊ぶゲーム。ユーザーの位置把握にグーグルマップを利用する。

中国では利用できないが、中国版ツイッター「微博」では「Pitaorenzhe」というユーザーが、「ポケモンGOで遊ぶな。米日が中国の秘密基地を探査できるようにしたものだ」と呼び掛けている。

任天堂が珍しいキャラクターを、プレーヤーが入ろうとしない地域に配置し、誰も探しに行かないようなら、そこはアクセスが制限され、軍事地域である可能性が推測できるという。

微博に転載されたあるソーシャルメディアの投稿は「戦争が起きれば、日米は簡単に誘導ミサイルの目標を設定できる。中国は日米合作ゲームの侵略によって破壊されてしまうだろう」と警告した。

ただ、ボイコットの呼び掛けや、中国ではいまだ利用できない状況にもかかわらず、ファンの関心はやまないようだ。

清華大学の学生、ガン・ティエンさん(22)は「最初の発表以来ずっと、ポケモンの仮想現実ゲームで遊ぶことを心底楽しみにしてきた」と語った。今は、ゲームが利用できる国々の人工マップを備えた非公式版でプレーを楽しんでいるという。

ただ、中国ではアプリストアにポケモンGOは存在せず、グーグルのサービスも禁じられているため、多くの中国人にとって、ゲームを利用するのは困難だ。

任天堂は中国でポケモンGOを配信するかどうか、明らかにしていない。

共同開発した米ナイアンティックのハンケ最高経営責任者(CEO)はこれまで、中国での配信は技術的には可能だとしながらも、規制が複雑だと指摘している。
 
(ロイター 7月18日;
ソース: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000012-reut-n_ame




【今日の風景】 

なにをいまさらって感じですな。

スマホを使っている時点でアウトです。

特に「LINE」なんてアホの極みです。

ソフトバンク、LINEでダブルスタンダード個人情報ダダ漏れ状態です。

そこにGPSが加わったところで内閣調査室監察官ででもない限り、命までは取られません。

通信衛星の誤差は、今や直径5cmくらい。

アメリカの軍事衛星搭載のいろんな測定機器はすべて日本製です。

中国が考えるパワーゲームの世界は、たぶん30年近く前のイメージなのでしょう。

せっかく世界大国に成れたのに、またぞろ3流開発途上国へと逆戻りの道を選ぶんでしょうか・・・。





励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村