《 「プチ整形」でまさかの失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後 》

06111601
 
 注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。
 専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。

 近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。

 検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが原因と判明。女性は約2週間入院し、ステロイド剤を使って炎症を抑える治療を受けた。だが右目の視力は失われ、顔には大きな傷が残った。

 女性に使われたフィラーは、歯の主成分と同じハイドロキシアパタイトの微細な粒を含んだジェル状の注入剤。国内では未承認だが、顔の整形で一般的に使われているヒアルロン酸より矯正した形が長持ちしやすいとして、数年前から使われ始めた。

 ※ 画像はフリーを使用しています。また記事内容とは直接の関係はありません。
 
(朝日新聞デジタル6月11日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11631105/




【今日の風景】

確か「
古今著聞集」だか「日本霊異記」だったかにあった人魚を食べて若い姿のまま不老不死になる八百比丘尼伝説があったような・・・。

若かりし頃の美しさを維持したいという気持ちと年を取りたくないという気持ちが生み出した相当古い時代(どうも古墳時代より古いようです)の全国にある伝説です。

でも美容整形の極端な例の場合、骨を削って歯を入れ替えて、その上金属部品まで継ぎ足してなんてまるで『人造人間』の世界です。

人間じゃなくなるみたい。

美を求める絶えざる欲望と執念は、古今東西を問わず怪談・怪奇話に繋がっていきます。

今回の記事の内容もそれに近いと思われます。

20年近く前に聞いた『マイケル・ジャクソン』の怪奇(?)話を思い出します。

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、今は亡きマイケルがアメリカのある小さな町でコンサートを開いた時に、歌の間奏の間、得意のダンスをステージいっぱいに披露して最後に大きくターンをしてピタッと止まって見せたら最初は大きな拍手が、途中から悲鳴の入り混じった怒号に変わっていった。

マイケルは、その客席の反応を不思議に思いながらも、改めて歌い始めようとしたとき、どうもいつもと違う違和感を顔に覚えて、左手で顔を撫でると取れっかかって皮だけで顔に繋がっていた鼻が、ポロっとステージの床に落ちた。

それでも歌い始めたマイケルの少し前まで鼻だった空洞からは、ぶくぶくと出る泡に交じって白いプラスティックの塊が飛んで出てきた。

それを見た観客は、一瞬の沈黙の後、更に大きな悲鳴と怒号を上げながら我先へと出口に殺到した。

その時取られたDVDが、公開されることもなく今でもワーナーの倉庫にあるとかないとか。

まあ、過度の美容整形に対する単なる教訓話かも知れませんが・・・。 

 



励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村