《 60歳以降は厳しい!年を取ったらできなくなる10の意外な職業 》

5301601
 
みなさんは何歳まで働きたいですか?

味の素株式会社が行った調査によれば、40代、50代の61.3%が「60歳以降も働き続けたい」と回答。一方、60歳以降の就業に関しての不安では「体力的に続けられない」がトップという結果が出ています。

経済的な理由などから、定年後も仕事を続けたいと希望する人は少なくありません。しかし体力や認識力を要求される職業では、高齢になればなるほど、業務をこなすのが難しくなるでしょう。

そこでアメリカの時事解説誌『U.S. News』から、年を取るにつれてできなくなるリスクがある職業を紹介します。

■1:航空会社のパイロット

パイロットは高年収で、憧れる人も多い職業です。乗客の命を預かり、航空機を操縦する仕事には、肉体的スタミナや優れた視力、新たな情報に迅速に反応する能力などが求められます。しかし高齢になれば、体力や視力は低下しやすくなります。

■2:組立工

私たちが日常的に使用する部品や製品を作る仕事です。座る作業か、立つ作業を長時間続け、たくさんの細かい作業を行います。手先の器用さを要する仕事ですが、これは加齢とともに衰える傾向があります。

■3:トラック運転手

労働時間が長く、長距離を走るトラック運転手。安全に運転するためには、良い視力が必要不可欠です。

また、いろんな場所に荷物を届ける仕事のため、慣れたルートだけでなく、新規のルートを使うこともあります。高齢ドライバーになると、新しいルートでの走行中に問題が発生する可能性が高くなるそうです。

■4:看護師

安定した収入を得られ、女性が多く活躍しています。しかし長時間立ちっぱなしで、夜勤がある仕事のため、体力が求められます。

また新しい薬や技術、システムについて継続的に学ぶことが必要ですが、高齢になれば新しいことを覚えることが難しくなります。

■5:織物オペレーター

工場で各繊維の糸から織物を製造する仕事であり、正しい順序で作業を進めなくてはなりません。この職業では、奥行知覚がとても重要ですが、これは早い年代で失われて行きます。

■6:清掃作業員

オフィスビルやホテルなどを掃除する仕事です。清掃用の機械を操作したり、用具や補充品を持ちあげたりと、作業中はほとんど立ち仕事になり、けっこうな体力を使います、年をとると体力的にもきつくなってくる作業です。

■7:カメラマン

写真撮影のプロには、高い技術力とセンスが求められます。機材やテクノロジーについての知識を持つこと、最高の瞬間を見逃さない集中力も重要です。

また人気カメラマンになれば、国内外さまざまな場所に仕事で行くことになりますが、それには体力も必要になります。

■8:料理人

飲食店などで美味しい料理を作る仕事です。手先の器用さだけでなく、次々に入る注文に対応するスキルも求められます。

また複数の料理を同時に作る際は、加熱し過ぎないよう注意すること、自分自身が焦らず調理することなども重要です。しかし高齢になれば、注意力や集中力が低下しやすくなるでしょう。

■9:保育士

保育園や幼稚園などで、子どもの保育をする仕事。

子どもたちの気持ちや問題点を事前に察知することや、子どもと一緒に遊んだりするには、体力やエネルギーが必要です。また子どもたちを落ち着かせたり、抱っこしたりするのは、体力が衰えると大変だと感じることがあります。

■10:管理職

組織を管理し、部下に指示を出す仕事です。常に新しい情報を入手し、時には非常に短い期間で意思決定をしなければなりません。

管理職には、臨機応変に結論を下すことが求められますが、年を取って判断力や決断力が鈍れば、それが少し難しくなるでしょう。

5301602

どの職業もずっと続けていける保障はありません。しかし働く意志があるのに、体力的に働けないという事態をなるべく避けるためにも、今から健康に対する意識は高めていきたいですね。
 
(Suzie 5月30日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11582356/






【今日の風景】

体力のいる仕事か自分のミスが人命に関わる仕事か、60歳を超えて出来ない仕事に共通している条件です。

まあ、当たり前といえば当たり前です。

最近徐々にインターネットベースに生活の糧を移そうとしている懐古堂としては、意外なくらいインターネット内にいろいろな基準が不明確なことの多いのに驚いています。

例えば、オークションで落札した陶器がオークション画面の画像と明らかに違う場合や送付時の梱包に問題があったのか最初から破損していたのか分からないくらい小さな傷が後から見つかった場合、どう対応すればイイのか。

出品者でもそれらに対応する基準はまちまちです。

ひどい出品者になると返品すら認めません(支払ったお金は当然戻ってきません)。

古物商を営んでいるプロの間でも対応の仕方はまちまちです。

おそらくちゃんとした対応基準を設けると、それだけ手間が掛かるからというのがその理由のようです。

私自身もある業者のオークションでの対応が、あまりに悪いため今1件小額訴訟を準備中です。

そういう意味ではインターネットという最先端メディアに年寄りのいろいろな経験を注入する良い時期なのかもしれません。

仕事としてはあまりお金にならないでしょうが、混沌としているインターネットのある部分に秩序を作ることに参画できるというのも楽しそうです。

手作り小物の販売がインターネットの中で大きな伸びを見せているそうですが、個人とインターネットとの繋がりは案外年寄りにも仕事をする場(収益を得られる場)として利用出来そうな気がしています。

但し、「仕事を紹介する」を詠い文句にした詐欺も多いのでご注意を。


 


励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村