実は無礼になっているかも? 間違えやすい言葉遣いの例

4291601
 
自分では丁寧な言葉づかいを実践できていると思っていても、実は無礼になっているかも──。
そこで、間違えやすい言葉遣いの例を、『美しい日本語の作法』などの著書もある小笠原流礼法宗家・小笠原敬承斎さんに教えてもらった。
 

【例1】
 
相手「明日までにこの書類を提出しておいてくれ」
自分「了解です。明日までに作成しておきます」
■正解は…「承知いたしました」

「了解です」はよく使いがちな表現だが、丁寧さに欠ける。
「承知いたしました」を用いると、より聡明な印象になる。「より丁寧に伝えたい時は“かしこまりました”を用いると、敬う気持ちを表せます」(小笠原さん)。


【例2】
 
相手「このように使うと便利なんですよ」
自分「なるほどですね。早速、試してみます」
■正解…「左様でございます。/おっしゃる通りです」

「なるほど」は「確かに」、「誠に」という意味で、相手の話の内容を評価する言葉になってしまう。
そのため、目上の人に使うのは失礼にあたる。また、幼い印象も与えてしまうので、できる限り控えたい。


【例3】
 
相手「明日は10時に集合でお願いします」
自分「都合が悪いので、お休みさせていただいてもよろしいでしょうか」
■正解は…「お休みをいただいてもよろしいですか」

「~させていただく」は謙譲語で、自分をへりくだることで相手を敬う言葉。
「お休みさせていただく」は、まわりくどいうえに、勝手に休みをとると宣言しているようにも聞こえる。「いただいてもよろしいですか」のほうがスマートで美しい。


【例4】
 
相手「どうかしました?」
自分「旦那が熱を出して、義母が来てくださっているので、お先に失礼いたします」
■正解は…「主人が熱を出して、義母が来ておりますので、」

 公の場では「夫」は「主人」、「妻」は「家内」が望ましい。日常会話なら、「夫」「妻」でもよい。「旦那」は世話をしてくれる人、お金を出してくれる人の意味もあり、「嫁」は息子の妻を指す言葉なので、男性が自分の妻を「嫁」と言うのはおかしい。
また、義母であっても自分の身内になるので、敬語を使うのはNG。

※女性セブン2016年5月12・19日号 
( NEWSポストセブン4月28日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11467326/





【今日の風景】

ここであまり言葉の乱れをとやかくいうつもりはありません。

義務教育の中でも尊敬語・謙譲語・丁寧語の基本教育をみんな憶えているはずですから。

ただ江戸時代や戦前の手紙の文章を見ると確かに便利にうまく出来上がっています。

送付する相手に失礼のないよう、気を悪くすることのないように定型化されている部分がたくさんあります。

口語でもそれはいろいろな挨拶の中に生かされています。

例えば敗戦後しばらくして作られた小津安二郎監督の映画作品を見ていると、場面の端々でそれが感じられます。

噛み含めるように言葉を繰り返す場面が多く見られ、丁寧に言葉を選んで使用しています。

「あぁなるほど、きちんとした東京の家に育った人達の話し方だ。」と思うのは私だけではないと思います。

また言葉とともに、冠婚葬祭などの場面にともなう立ち居振る舞いも同様だと思います。

美しい立ち居振る舞いや仕草は、周りの人に安心と感動をしばしば与えてくれます。

和服と茶道・華道、舞が、廃れる事がないのもそういう理由だと思います。 

それらを踏まえて上で、造語・新語ができることはしかたのない事です。

しかし造語・新語だけでは意思の疎通すらできないことも常識として知っておかないと・・・。
※『最近気になる日本語


 


励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村