“妻には一生言えない秘密”を持つ夫の割合は?

4261601
 
仲がいい夫婦といえども、もともとは他人。他の誰よりも自分が心を開いている相手とはいえ、後ろ暗い隠し事の一つや二つ、持っているのは不思議なことではないかもしれない。
なかには、「これだけは死んでも絶対に知られたくない」なんて重大な秘密を抱えたまま夫婦生活を送っている…という人もいるのでは? 

妻に対してR25が調査したところ、その4割が「夫に言えない秘密がある」という衝撃の事実が発覚した。
さては夫も秘密があるのでは…?
そこで、今回は30~40代の既婚男性100人に、妻に対して「墓場まで持っていこう」と思っている秘密の有無について聞いてみた。(R25調べ、協力/アイリサーチ)

〈あなたは妻に対して「墓場まで持っていこう」と思っている秘密がありますか?〉
※複数回答
1位 性生活で相手への不満がある 22.0%
2位 結婚後に浮気している(していた) 15.0%
3位 借金をしている(していたことがある) 8.0%
4位 へそくりがある 6.0%
5位 アブノーマルな性癖がある 5.0%
6位 バレていない高額の買い物がある 2.0%
7位 離婚歴がある 1.0%
7位 逮捕歴がある 1.0%
7位 隠し子がいる 1.0%
7位 学歴を詐称している 1.0%
7位 その他 1.0%

※番外
秘密はない 56.0%

およそ半数が「秘密はない」と回答する一方、残りの半数は妻に言えない秘密を抱えていることが判明した。
隠し事の内容で最も多かったのは「相手に対する性生活の不満」。
「墓場まで持っていく秘密」としては、少々大げさな気もするが、「アブノーマルな性癖がある」ことを隠している人も5%いることなどを考えると、なるほど内容によっては打ち明けにくい側面もあるのかも。
性生活の不満は妻への調査でも1位にあがっており、“性の不一致”は、夫婦間において思いのほかナイーブな問題のようだ。
次に多かったのが、隠し事の定番(?)「浮気」、さらに「借金」「へそくり」とお金絡みの内容が続いた。
ごくごく少数ながら、「離婚歴」「逮捕歴」「隠し子」を内緒にしているという強者も…。
ともあれ、日々生活をともにする妻から、こうした事実を死ぬまで隠し通すというのは、なかなかにハードルが高い気もする。
いつバレるのかハラハラしているよりも、いっそのこと、妻にすべて打ち明けてしまった方が楽になるのでは?

〈「墓場まで持っていこう」と思うような重大な秘密を、妻から隠し通せる自信はありますか?〉
●はい 65.9%
●いいえ 34.1%

しかし、秘密を生涯隠し通せる自信アリという人の数は、自信ナシという人のおよそ倍。そもそも秘密にしておける自信がないなら、初めから隠さなければならないようなことはしない方がいいということなのかも。さて、アナタの場合は?
(R25編集部)

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(R25 4月23日;




【今日の風景】
 
今回は拙記事『妻たちの“墓場まで持っていく秘密”』の夫版です。

夫の場合、私が気になるのが“2位 結婚後に浮気している(していた)15.0%”と“5位 アブノーマルな性癖がある5.0%”です。

結婚後に浮気をしてる(していた)夫が妻の倍以上もいます。

つまり単純に考えても、世の中の夫の7人に1人は浮気をしている(していた)ことになります。

またその事実に5位のアブノーマルな性癖があるを加味すれば、浮気夫のうち結構な割合で夫が『男色家』であることも推測できます。

ただアブノーマルな性癖の内容とその割合についての客観的な統計が表向きありません。

内容については、ホモ、レズ、サディズム、マゾヒズム、フェティズム、幼児性愛者等様々であることは想像できます。

また統計についても警察の犯罪分析資料関連、精神病理医学関連、異常犯罪心理学関連の専門分野の専門家の手元にはありそうです。
※参考『男性から支配されたい願望を持つ女性の割合が半端ないことが判明

これらの推測をもって“1位 性生活で相手への不満がある22.0%(5人に1人)” の事実を改めて見ると少し怖くなってきます。

最近、暴力的な言動の多くなっているあなたの夫はひょっとして、サイコパスではありませんか?






励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村