超簡単! ドス黒い喫煙者の肺が、たった3日でこんなに「真っ白」に!? 驚愕の方法とは?
 
 タバコの害を端的に示すものとして、「喫煙者の肺」の写真を目にしたことがある人は多いだろう。タールまみれで“どす黒く”、ただれているかのような肺の様子に、多くの人が思わず目を覆いたくなるはずだが、それでもタバコを止めることができない喫煙者は多い。
 
そんなニコチン中毒の喫煙者たちに、とてつもない朗報だ。海外のスピリチュアル・自然志向サイト「RiseEarth」によると、なんと「真っ黒な肺をたった3日間でキレイさっぱり浄化する」方法があるという。しかもその手順が、お手軽すぎて拍子抜けするレベルなのだ。タバコを「吸う」「吸わない」にかかわらず、胸に真っ黒な肺を抱えていること自体を「良し」とする人などいないはず。早速、以下に詳細を紹介しよう。

3290116

※トカナは効果を保証しません。実行した場合に生じるあらゆる結果に対する責任は、読者各自にあります。
 
【喫煙者の肺を、3日間でキレイに浄化する方法】

・ あらかじめ牛乳・バターなどの摂取を制限して、乳製品由来の毒素を身体から抜いておく。

・ 朝食前、300mlの水にレモンを2個搾ったレモン水を飲む。

・ 朝食と昼食の間に、300mlのキャロットジュースを飲む。(血液をアルカリ化し、さらさらにする効果がある)

・ 昼食時、野菜ジュースやトマトジュースなどカリウムの豊富なジュースを400ml飲む。(カリウムはクレンジング剤のように作用する)

・ 毎日300mlのグレープフルーツジュースを飲む。嫌いな人は、パイナップルジュースでもよい。(自然の抗酸化物質で呼吸器系の機能を向上させる)

・ 毎日20分間お風呂に入り、汗とともに毒素を排出する。

・ お湯を張った桶にユーカリエキスを5~10滴入れ、顔に蒸気が当たるよう頭を桶の上に持っていき、頭と桶を密封するためにタオルを被る。そして、お湯が冷めるまで湯気を肺に吸入し続ける。

・ 就寝前に400mlのクランベリージュースを飲む。(感染症の原因となる肺の中のバクテリアへの抵抗力を強める)

・ 初日の就寝前には、ハーブティーも1杯飲む。(便秘の原因となる腸の毒素を取り除いてくれる。3日間、肺に余計な負担をかけないため)


 いかがだろう。数十年にわたりタバコを吸い続けても、まったく肺に異常をきたすことのない人がいる。そのような人は、結果的に上記と同じ効果を発揮する生活が送れているのかもしれない。いずれにしても、タバコは吸わないに越したことはないのだが……。
 
(TOCANA;
ソース:http://tocana.jp/2015/10/post_7517_entry.html







【今日の風景】

大元の記事は、「RiseEarth」。

昨年10月記載だそうですが、類似の最新記事は以下の通り。
※参考 『For Smokers And Ex Smokers -This Juice of Three Plants Will Clean Your Lungs』from 「RiseEarth

「RiseEarth」っていうホームページは、オーガニック重視、スピリチュアル重視のちょっと変わったTOCANA同様にあまり根拠・検証のない記事が多そうです。

でも言ってることは基本的には、間違ってはいないようです。

要は免疫機能を上げる食品や抗ガン作用を持つ食品を定期的に取って、体に溜まった毒素(現代人の食事に含まれている人工添加物すべて)を体外に排出させ易くするということだそうです。

これらの食事に循環機能を上げる適度な運動を加えれば、間違いなく所謂毒素の排出は促進すると思われます。

参考までに、最新記事で取り上げられている食品は『しょうが』、『たまねぎ』、『ターメリック』の3つ。

いずれも生で摂取すれば、高い抗酸化・高免疫促進機能を持つ食品です。

実践してみて損はないようです。

肺がきれいになるかどうかは別にしても、朝夕がまだ肌寒い今日この頃、生たまねぎのスライスにしょうがの搾り汁を加えたドレッシングをかけた一品を食事に加えれば、風邪予防にもなります。





ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村