欧陽菲菲めい、美少女チェリストのNana、市会議員父親の力で中学卒業?―台湾

3260116
 
2016年3月25日、タレントでチェリストのNana(ナナ/欧陽娜娜)が、政治家の父親の力で中学を卒業したとの疑惑が浮上。母親がこれを否定した。NOWnewsが伝えた。

日本デビューが発表され、今年6月には東京でのリサイタルも決定。その美少女ぶりや、若干15歳でチェリストという豊かな才能だけでなく、伯母は有名歌手の欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)ということでも大きな話題になっている。

そのNanaについて、国立台湾師範大学の中等部で1年間学んだだけで卒業証書を得たことが明らかに。台北市議の父親が、陰でその力を行使したのではないかと報道されている。

一連の報道について、Nanaの母親で女優のフー・ジュエン(傅娟)がコメント。Nanaは中等部に1年間在籍した後、米国留学前に教育局に「自宅学習」を申請して認められたと説明。この「自宅学習」で決められた学習報告の義務を毎回果たし、同局の審査を通過した後に卒業資格を得たとして、疑惑を否定した。

フー・ジュエンによると、カーティス音楽学校への留学中には、現地の中学にも通っていた。このため、「学歴を得るため、娘は人の何倍も努力してきた」と語っている。 
 
(Record China 3月26日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11342018/







【今日の風景】

夕方家に運び込んであった売れ残りの在庫の整理をしていて、あんまり寒いから温度計を見ると4℃・・・。

ほんとに地球温暖化?

もう少しで4月ですよ。

天気予報では来週半ば以降から暖かくなるとか(ホントかなぁ、外れてもだれも責任取らないし)。

春といえば、ドイツに住んでるいとこが去年こちらに来たときに、春頃そっちに行くかもなんて言った手前、今回また再発したヨーロッパでのテロ騒動が治まるまで無期延期っていうメールを今日出しました。

物騒なご時勢です。


殺伐としたニュースが多い中、ちょっと位明るい話題をと思って探していると『欧陽ナナ』ちゃんの話題。
※参考 過去記事『欧陽菲菲の15歳めい、欧陽娜娜が本格デビュー

こちらも決して明るい話ではありませんけど。

初めて知りましたけど彼女、国立台湾師範大学の中等部にいたんですね。

日本で言えば筑波大(旧東京教育大)付属中か、大阪教育大付属中?

なかなかに狭き門、その上カーティス音楽学校。

音楽に無知な私でも知ってるレナード・バーンスタインやピーター・ゼルキンの出た学校。

入学生には全員奨学金が保障されている超難関単科大学(Curtis Institute of Music)。

こうなるとやっぱり今年6月の東京リサイタル(現在6月29日(水)に東京・千代田区の紀尾井ホールにて開催予定)が非常に楽しみになります。
※参考 『15歳の美少女チェリスト・Nana、日本デビューリサイタル決定






ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村