電力自由化、苦情・相談が急増=年明けから325件―国民生活センター


3070116
 
4月の電力小売りの全面自由化に絡んだ消費者の苦情や相談件数が急増していることが4日、明らかになった。
 
 国民生活センターに寄せられた悪質な訪問販売などに関する通報は、年明けから3月3日までで325件に上った。2015年4月からの累計は435件で、大手電力や新規参入事業者が料金プランを発表し、販売キャンペーンを始めた年明け以降に増加している。
 
 国民生活センターによると、主な相談事例は「電力会社を名乗る人物からの紹介で業者の話を聞いたら、給湯器の勧誘だった」「自由化で電気料金が上がると説明され、高額な太陽光発電システムの購入契約をしてしまった」など。
 
 最近は「携帯電話の修理の書面と思って署名したら、電気契約を結ばされていた」といった事例も増えているという。同センターが2月12日に発表した年明けからの苦情・相談件数は98件(2月9日時点)だった。2月中旬以降、政府が自由化に絡んだ詐欺行為などへの注意喚起を本格化させていることも、通報が増えた一因になっているとみられる。
 
 経済産業省の電力取引監視等委員会は2月、国民生活センターとの間で消費者トラブルを防ぐための連携協定を締結した。相談内容を共有し、事業者への監視体制を強化していく方針だ。
  
(時事通信3月5日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00000014-jij-soci






【今日の風景】

リアル店を畳むことばっかりに気がいってて、『電力自由化』をコロッと忘れていました。 

3月14日以降は、営業活動は終了して月末まで事務処理。

で、ガス・水道・電気等の経費の計算をしてて思い出しました『電力自由化』。

地域にも拠るみたいですが、関西電力から別の電力供給会社に換えると、このあたりでは年間1万数千円から5千円くらいは電気代が安くなるみたいです。
※『新電力比較サイト-関西地域京都府

関西電力もそれに伴い、2016年5月を目処に約5%の料金値下げを検討しているとか。

石油がこれだけ安くなっているのにたった5%、消費税にも届きません。

でもまあ、状況が明確になる6月まで電力会社の乗り換えは待ったほうが無難なようです。 

しかし詐欺まがいの便乗商売は、相変わらず盛んです。

知らない電話番号の電話には出ない、訳の分からない郵便物はすぐ捨てる、知らない人は家に入れないを徹底しましょう。

掛かってきた知らない電話番号を後からインターネットで調べてみると、たいてい悪質な勧誘業者からです。

電話番号を、そのままgoogleやyahoo!の検索にかけるとすぐ分かります。

年を取るにつれて、自衛手段もたくさん必要になってきます。 

※『国民生活センター
・国民生活センター ホットラインダイヤル『188』:各地域の消費生活相談窓口へ案内
・上記へつながらない場合『03-3446-1623』 
多重債務・裁判外紛争の解決手段・医療事故など多伎にわたる相談に乗ってくれます。

ところで都市ガスの自由化も2017年4月からの予定だとか。 



※放送禁止曲常連のなぎら神様も63歳です。


ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村