じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

2016年01月

応募1200通の「びっくりぽん!」

応募1200通の「びっくりぽん!」…「あさが来た」の舞台を巡る街歩きイベント 中之島、堂島…
 
高視聴率をキープするNHK連続テレビ小説「あさが来た」の舞台を訪ねる街歩きイベントが20日開かれた。参加者ら約300人が堂島米市場跡や大阪取引所など、ヒロイン「あさ」のモデル、広岡浅子(1849~1919年)やドラマに実名で登場する五代友厚(1835~85年)らゆかりの地を巡り、明治・大正期の大阪の街に思いをはせながら、ドラマの世界を堪能した。(上岡由美)

 イベントは大阪市や大阪観光局などでつくる大阪「あさが来た」推進協議会がドラマ関連の名所を紹介したマップ「“びっくりポン!”な大阪」を作製。実際にゆかりの地を歩いてもらおうと企画した。

 浅子は、嫁ぎ先の大坂の豪商・加島屋(ドラマでは「加野屋」)を切り盛りし、大同生命の創業メンバーに名を連ねるとともに、日本女子大学校(現日本女子大学)の創設に尽力。女子教育にも心血を注いだ。

 この日は、大阪市西区の大同生命大阪本社前に集合。当初200人ほどの定員を予定していたが、申し込みが殺到したため、急遽(きゅうきょ)定員枠を広げた。中には東京や千葉から参加した人もおり、ガイドを務めた「なにわの宮リレーウォーク実行委員会」の安藤豊会長(80)は「1200通以上の応募があり、あさの口癖じゃないですが、本当に『びっくりポン!』です」。

 ドラマの舞台は中之島・堂島界隈(かいわい)。同社を起点にした約2時間のコースを、約25人ずつグループに分かれて出発した。まず、先物取引発祥の地とされる堂島米市場跡を訪ねた後、江戸時代に水戸藩や島原藩などの蔵屋敷があった日本銀行大阪支店を見学。ガイドの春木洋次さんが「明治に入ると郵便役所となり、その後、五代さんの屋敷もあったんですよ」と解説した。

1220116

最も盛り上がったのは、五代の銅像がある大阪取引所。大阪経済復興に尽力した五代は明治11(1878)年に大阪株式取引所(現大阪取引所)を設立。参加者は「実物も男前やったんや」などと像を見上げながら納得した様子。

 その後、同取引所近くにある浅子の姉(ドラマでは「はつ」)が嫁いだ両替商「天王寺屋」(同「山王寺屋」)の跡も訪ねた。参加者らはドラマの登場人物らと重ね合わせながら、ガイドの話に耳を傾けていた。

 大阪市住吉区の主婦、神谷保子さん(67)は「普段何げなく通り過ぎているところにも、いろんな歴史があることが分かった。ドラマがより身近に感じられた」と話していた。 

1107615

 
(産経WEST1月21日;
ソース:http://www.sankei.com/west/news/160121/wst1601210010-n1.html








【今日の風景】

朝ドラでこんなに大阪が盛り上がるのも珍しい。

そういえばだいぶ前に取り上げた覚えが・・・。
※『「あさが来た」モデル、広岡浅子ゆかりの資料1万点発見

 
ところで還暦を迎えてから、グーグルの私のメールスクェアに進入しようとする輩がもう4件。

ウチの親族は、法律関係、警察関係、IT関係で大半を占めていますので止めたほうがよいかと思います。

アルファベット・数字8桁を破っても何もありません。

息子が申すには、直接の被害にあった場合は、刑事・民事両方の罰則が待っていて前科がある場合は、執行猶予は付かないとか。

あ~ぁ、世知辛い世の中になったものです。


  



ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

魔性の女度が分かる心理テスト

あなたはオトコを虜にするオンナ!? 魔性の女指数がわかる【心理テスト】
 
――占い師であり、心理カウンセラーでもある、占い館セレーネ代表の脇田尚揮が、あなたの心の奥を心理テストで暴きます!

【質問】
 
 あなたはウサギカフェの店長です。ある日、店内のウサギが逃げ出してしまいました。さて、どのくらい逃げていたでしょう?

A:ほとんど全部
B:1~2羽
C:全体の半分
D:全体の3割

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
 
「魔性の女指数」
 深層心理において、ウサギは性的魅力をあらわす動物です。そして、カフェなどの店長は、その性欲をコントロールする立場を意味します。逃げたウサギの数によって、あなたがどれくらいオトコを虜にするオンナかがわかるのです。多ければ色気がなく、少なければセクシーといえます。それでは見ていきましょう。

■A:ほとんど全部……魔性の女指数5% 色気なしのイケずタイプ
 
 あなたは自分で気づいていないだけなのか、それとも男に興味がないのか、もったいないことに色気を出すのは苦手な様子。全部のウサギが逃げたと答えたあなたは、セックスレスの傾向があるかも。興味がないわけではないけど、どこか自分と別の世界のことのように考えているのでは? 二次元キャラやテレビの中のイケメンに気をとられないよう気をつけて。でも、価値観が合う相手とはハマる予感。

■B:1~2羽……魔性の女指数95% セクシー度満点ムンムンタイプ
 
 いったんハマると抜け出せない魔性のオンナとはあなたのこと! ウサギがあまり逃げ出さないというあなたは、十分な色気の持ち主。男性からはモテモテのはず。しかし、女性からは嫉妬や反感を買いやすいところもあるので気をつけましょう。とはいえ、恋愛の世界は厳しいもの。同性の反応など気にせず、とことんセクシーキャラを貫くほうが潔いといえるかも。

■C:全体の半分……魔性の女指数40% 爽やかなユニセックスタイプ
 
 あなたはセクシーではあるけど、爽やかな雰囲気が勝ちすぎていて「オンナの色気」を出すのは得意でないかも。半分のウサギが逃げ出したということは、男以外にも趣味や仕事などほかに楽しいことに打ち込むエネルギーがあるということ。ボーイッシュな魅力が好きな男にはウケがいいかもしれませんが、セクシーという意味では万人ウケするタイプではないのかも。

■D:全体の3割……魔性の女指数70% ナチュラル小悪魔タイプ
 
 あなたは嫌味なく自分の魅力を発揮して、いつの間にか自分のほうに相手を引き込むタイプ。それは男性にとどまらず女性も同じく。でも実はけっこう計算高い一面もあったりと、小悪魔セクシーな要素を持っているでしょう。モテる要素はたくさんあるのですが、下手な相手に引っかかるとストーカーされて泥沼にはまる可能性もあるので、誘惑するのはほどほどにしておいたほうがいいかも。

 セクシーな表情とはどんなものでしょう。おそらく共通するのが、唇と唇の間をちょっと開ける、この「口を半開きにした状態」です。そしてアゴを上にして、目線は下にすると、定番のセクシーな顔立ちができあがるということです。
ただ、「半開き」なので、だらしなく口を開けてはいけません。
口に多少の力を入れているのにも関わらず、それがわからない程度の自然さを出すのですが、この絶妙な力の入れ具合が難しいもの。
初めは、鏡を見て練習してみる必要があるかもしれませんね。
(脇田尚揮)

( i無料占い1月19日;








【今日の風景】 

脳天気な懐古堂です。

京都も少し、冬の気温を感じる寒さになってきました。

店の品物の整理が、なかなか終わりません。

三月末には店を閉めないとダメなのに・・・。

Yahoo!のオークション出品やら古物商の競売やら、申告の残りやら、店を畳むのも大変です。

借金?

財布はみんな、魔性の妻が握っています。

せいぜいクレジットで買ったアスタキサンチンと台湾の金石大字典くらい。

でも使えるお金が少ないのはつらい。

もし魔性でない女がこの世にいるのなら、ぜひお会いしてみたい気がします。






ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

トイレで女児出産、水洗レバー引くも流れず窓から…

トイレで女児出産、水洗レバー引くも流れず窓から…24歳女が明かした呆れた理由
 
自宅のトイレで女児を出産し、へその緒を引きちぎって窓から「捨てた」-。そんな信じられない行為に及んだのは、茨城県鉾田市に住む無職の女(24)。
県警に保護責任者遺棄致傷容疑で逮捕、起訴され、8日に水戸地裁(長島銀哉裁判官)で初公判が開かれた。
検察側の冒頭陳述などで明らかになった犯行の一部始終は、想像を絶するものだった。

 事件の発覚は昨年11月3日に遡(さかのぼ)る。同日午前7時25分ごろ、鉾田市当間の路上で、生まれて間もない女児が全裸で泣いているのを近隣住民の男性が発見し、110番通報した。駆けつけた救急隊員が同7時47分に体温を測定したところ、何と24度。極度の低体温状態で、公判に提出された医師の調書に「あと少し発見が遅れていれば命の危険があった」と書かれたほどだった。

 女児は搬送先の病院で保育器に入れられ、入浴させるなど懸命な治療を受けて同9時半には体温が32度まで上昇。診察した医師は全治2週間の低体温症と診断した。「全治2週間」とはいえ、低体温状態が続いたことによる後遺症の有無については「1~2年の経過観察が必要」という。

 事件から3日後の11月6日、県警鉾田署は保護責任者遺棄致傷の容疑で、女児が捨てられていた現場近くに住む女を逮捕した。DNA鑑定などから女児の母親と特定した。女は県警の調べに対し「自宅で一人で産んだ。産むことを誰にも相談できなかったので、仕方なかった」などと供述した。

 迎えた今月8日の初公判。検察側の冒頭陳述や被告人質問などで明らかになった犯行の一部始終は以下の通りだ。

 女は高校卒業後、職を転々としており、犯行時は市内のスーパーでパート従業員として勤務。祖母と実母との3人暮らしだった。犯行前、出会い系サイトを使い5人の男性と肉体関係を持っており、昨年の春ごろには生理が来ないことから妊娠に気付いたという。

 しかし、「結婚を前提としない妊娠を家族に怒られると思った」といい、妊娠の事実を家族に打ち明けないどころか、産婦人科を受診することもなかった。女児の父親とみられる男性にも「(妊娠の事実を)言ったら逃げられる」と思い、切り出せなかったという。

 そして、ついにその日が訪れる。11月3日午前6時ごろ、寝室で祖母と母親と川の字になって寝ていた女は、激しい腹痛から出産が間近であることを認識。「とにかく家族に知られたくない」と、トイレで出産することを決意して、1階のトイレにこもった。

 便器内に女児を産み落とすと、へその緒を両手でちぎって、女児を胎盤もろとも下水に流そうと水洗レバーを引いた。しかし、女児の「生きたい」という願いが通じたのか、流れなかった。

 女は女児の左足をつかんで便器から拾い上げ、トイレの高窓から外に落とすと、今度は外に出て、自宅境界にある高さ約1・5メートルの塀の外に投げ捨てた。

 外は小雨が降り、冷え込んでいた。そんな中で女児は約1時間、母親の保護を求めて生まれたままの姿で泣き続けていたのだ。「どうしてよいか分からず、頭が真っ白になっていた」というその女は、泣き声を自宅内で聞きながら放置した。

 被告人質問で女は女児について「私には収入がないので子供を育てられない」「赤ちゃんはかわいそうだと思う」などと発言。まるで人ごとのような態度に、長島裁判官から「育てられないなら、どうしますか?」と問われ、「子供がいない家庭に預ける」と小さな声で答えた。

 長島裁判官は女を「子供にとって血を分けた母親は未来永劫(えいごう)、あなたしかいない。これだけは覚えておいてください」と諭した。

 公判は即日結審となり、検察側は論告で、「女児の生命を極めて危険な状態においた残忍な犯行で、女児が受けた肉体的、精神的な苦痛は大きい」などと指摘。懲役3年の実刑判決を求刑した。

 弁護側は「被告には前科前歴がなく真摯(しんし)に反省している。今後は祖母や親族が監督を約束している」などと主張。起訴状に記載されている「塀越しに路上にほうり投げて遺棄」という文言について、「ほうり投げたのではなく、落としただけだ」と述べた上で、執行猶予付きの判決が相当だと訴えた。

 女への判決は22日に言い渡される。
 
( 産経新聞 1月19日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160116-00000551-san-soci








【今日の風景】

救いようのない話です。

大昔から望まれず生まれてきた子の話は多いのですが、おばあさんもおかあさんもいっしょに住んでいながらこんなことになるなんて・・・。

きっと幸せの薄い娘さんだったのでしょう。

生まれてきた子は強運としか言いようがありません。

普通女の人は妊娠などということには敏感なはずなのですが、どうして娘の体の異変に気がついてあげられなかったのやら。

想像でものをいうのはあまり良くないのですが、助かった赤ん坊はこのような家庭で育てられるよりは、施設や里親の元で育つほうが良いのかも知れません。

望んでも子宝に恵まれない夫婦も多い時代なのに、こういう女性が今の日本にまだいることが信じられません。

哀れでとしか言いようがない。

どうか生まれてきた子にも、この娘さんにも良い人生を・・・。

  




ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

世界最高齢男性の小出保太郎さん死去…112歳

世界最高齢男性の小出保太郎さん死去…112歳
 
112歳で、男性の世界最高齢だった名古屋市守山区の小出保太郎(こいで・やすたろう)さんが19日、亡くなった。

 市などが発表した。

 小出さんは1903年(明治36年)3月、福井県で生まれ、若い頃は紳士服の仕立て職人だった。名古屋市内で長女夫婦と同居していた昨年8月、英国のギネスワールドレコーズから、存命する男性の世界最高齢と認定された。

 厚生労働省によると、小出さんの死去により、国内最高齢の男性は、東京都在住の吉田正光さん(111歳)となった。
 
1190116

 
(読売新聞 1月19日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00050080-yom-soci







【今日の風景】

新聞の文章が、益々稚拙になってきてるなぁと思ってしまう懐古堂です。

大学入試の頃、朝日新聞の『天声人語』の英語版で勉強したのは懐かしい思い出ですが、その『天声人語』の文脈の奇妙さや誤字が出てくるようになったのは、1990年代を過ぎた頃だったと思います。

その頃から、朝日新聞を読むのは止めました。

しかし新聞自体の文章の乱れは、すべてについてひどくなってきています。

おそらく日頃自分で文章を書く習慣のない人が、管理職になったためでしょう。

新聞の購買率が低くなってきているのは、なにもインターネットの普及だけが原因ではありません。


日本最高齢の方が亡くなりました。

年齢が百歳を越えるだけでもすばらしいことですが、どうすればそんなに長く生きれるのか。

長寿研究の対象にもなっているそうですが、元気で日常生活が出来る事というが前提にあります。

寝たきりで生かされるような状態ではダメだということです。
※過去記事 『1日あたり約8円の薬で寿命が120歳に!』参照

更にそれに加えて、老いらくの恋というのも盛んになる予感がします。

いろんな意味で大変な時代です・・・。


 




ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
 

グーグルの面接、驚愕の採用基準とは?

グーグルの面接、驚愕の採用基準とは?「この会社しかない」は正しいのか?
 
1180116

「戦後70年」の2015年も終わり、21世紀に入って、はや15年が過ぎた。かつての「高度成長」「終身雇用制度」といった言葉は遺物と化し、もはや「大企業だから安心」という時代は終わったといえる。

 一方で、ブロガーやユーチューバーといった、数年前までは存在すらしていなかった職種も生まれ始めている。
また、AI(人工知能)の進化により、10~20年後には、日本の労働人口の約49%がロボットなどで代替される可能性もあるという。

 そんな時代に、これからのビジネスパーソンに必要な心構えや働き方はなんなのか。
15年11月に『仕事のエッセンス「はたらく」ことで自由になる』(毎日新聞出版)を上梓した、東進ハイスクール講師の西きょうじ氏に、

・激変の時代をサヴァイブする方法
・組織が求める「個」の大切さ
・「仕事」や「働く」ということの意味

などについて、話を聞いた。

●「ひとつの会社でひとつの仕事」は危険!

 何事においても移り変わりの激しい時代ですが、いま「仕事人」たちは、どんな境遇に置かれているのでしょうか。

西きょうじ氏(以下、西) 一言で言えば、それまでやってきた自分の仕事や既存の枠組みが、さまざまな外的要因によって脅かされる時代になったと思います。それは、ロボット・AIの進化に限らず、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)やテロ・戦争の脅威など、政治経済的要因も含みます。

 変化が訪れた時、人は「いま、どうしようか?」と思うわけですが、私はまず「いま、ここ」から一度離れて思考することを勧めます。「いま」という時間軸と「ここ」という空間軸から離れる、つまり「自分」から離れて外部性を持つ。そして、「いま、自分がどこにいて、外には何があるか」を確認することで、次の可能性を見いだすことが必要だと思います。

--空間的な外部性として、本書では、いわゆるパラレルキャリアを推奨していますね。

西 いまは副業を容認する会社も増えてきましたが、複数の仕事を持つことはリスクヘッジにもなります。ひとつの組織だけに帰属することのリスクを回避できるからです。ひとつの会社だけに収入を依存していたら、その会社がつぶれたら立ち行かなくなってしまいます。外にも人間関係をつくることで、息苦しさや悩みが緩和されることもあるでしょう。

 また、外部的視点を持つことができるため、それまでの仕事や自分の境遇に対する見方が変わり、「いま、ここ」を見直すきっかけにもなります。ほかの仕事を経験することで、「うちの会社、意外と良心的だったんじゃないか?」「私は恵まれていたほうだったのかもしれない」などという気づきを得られるかもしれません。

 本書では、その具体例について多く触れていますが、例えばエンファクトリーというIT関連会社では「専業禁止」をうたっているし、社会起業家の慎泰俊氏が理事を務めるLiving in PeaceというNPO法人では、専従職員を持たず、メンバーは全員本業を持ちながら、平日夜や週末に、マイクロファイナンスや児童支援の活動をしています。

●隣のデスクにコンピュータが来たら「あきらめる」

--時間的な外部性としては、どんな方法があるのでしょうか?

西 例えば、ある日、隣のデスクに超優秀なコンピュータがやってきて、「これから、君の仕事は全部こいつがやってくれる」となったら、どうしますか? 多くの人は、あがいて、目先の解決策をひねり出して「延命処置」をすると思います。しかし、いくらいまのスキルを向上させても、もはやそのコンピュータにはかなわないでしょう。それが時代の変化というものです。

 だから、私は「あきらめる」というのが一番いい方法だと思います。「いま、ここ」を基準に思考するから、無駄で不毛な延命策しか思いつかないのです。そこから3歩も4歩も下がり、原点に立ち戻ってから、「じゃあ、どこに可能性を見いだしていくか」を考えたほうがいいと思います。

 そうすると、「自分のこの作業は、なんの役に立っているのか」「この取引が成立するのは、なぜなのか」「この仕事によって、どこにお金が回り、誰の利益になるのか」「そもそも、この仕事はなぜあるのか」ということについて、思いを巡らすことになると思います。

--普段、習慣的に目の前の仕事を片付けていると、なかなかそこまで深く思考することはできません。

西 それも当然だと思いますが、「いま、ここ」の絶対性に閉じ込められてしまい、外の世界に広がっているはずの多様性に気づかないというリスクは、想像以上に大きいと思います。

 例えば、ブラック企業で疲弊している人が「この会社しかない」「この仕事しかない」という思いで、つらい毎日を送っている。しかし、本当に「その会社(仕事)しかない」のでしょうか?

 そんな時、自分と距離を置くことで、次の可能性を見いだすことができるかもしれません。「いま、ここ」からの解放によって、逆説的に自分の立ち位置、つまり自分の「いま、ここ」ですね、それがはっきりしてくるということです。

 逆に、「いま、ここ」だけを見て、逃げ道を見いだそうとしたり、その場しのぎでやり過ごそうとしても、なんの解決にもなりません。

●「分業」は社会人の特権

--本書では、「個」が重視される時代についても触れています。

西 個の力だけではなく、他と協働できる個の力も大切です。先ほどの「コンピュータが来たら、あきらめる」という話もそうですが、「自分にできないことは、ほかの誰かにやってもらう」というスタンスが重要です。

 例えば、「全部自分でやらなきゃ」というのが学生時代。「数学は苦手だから、代わりにテストを受けておいて」なんてことはできませんが、社会人であれば「自分ができないことを人にやってもらい、その人ができないことを自分がやる」という分業ができます。当たり前ですが、そのために無数の会社があり、会社の中でも多くの部署に分かれているわけです。結果的に自分を含めた全体としての生産性が上がればいいのです。

 それには、仕事を人に任せ、また人から自分に仕事を任せられるだけの「人間力」が必要になってきます。これは「人を信頼する力と、人に信頼される力」と言い換えてもいいかもしれません。

 グーグルでは、採用面接の最後に「エアポートテスト」というのを行います。これは、面接官が「空港で飛行機が欠航になり、近隣のホテルもいっぱい」という状況を想定して、「この人(求職者)と空港で一晩一緒に過ごすことになっても、耐えられるか」と自問自答するものです。そして、「朝まで一緒にいられそうだ」と思えば、採用に至るわけです。

 つまり、「多くの知識や高いスキルを持っていることも大事だが、企業側は、より性格のいい人を雇おうとしている」ということです。いまの時代、知識やスキルは、必要に応じていくらでもアウトソーシングできます。だからこそ、「共に働きたい」と思える人を採用するわけです。求職者の側からすれば、「共に働きたい」と思ってもらえる人間であることが、何より重要です。

 また、テスラモーターズ会長兼CEOのイーロン・マスク氏は、以下のようなことに焦点を当てることが大切だと説いています。

「企業への貢献において鍵となるのは、人柄であり、周囲の人たちに与えられる影響です。人格を重視すること、その人が善い人物なのか、一緒に働きたいと周りの人が思うか」

--スキルよりも人間性が重視されるということですね。そして、その根底には、「仕事は1人ではできないから、任せたり、任せられたりする。その時に、いい関係性を醸成できるかどうか」という考えがあるということでしょうか。

西 そもそも、誰も全能ではないから「仕事」が生まれたわけです。「すべてを1人ではできないから、誰かがパンを焼いてくれないかな。誰かが道路を掃除してくれないかな」というところから、道を掃く人ができて、パンを焼いて売る人が現れて……。

 仕事とは、自分と社会を持続的に接続するものであり、積極的に選択できるものであり、本来は自他共に幸福感を得られるものです。いまの働き方に疑問を感じていたり、仕事を変えることを考えている人は、「なぜ働くのか」「働くとはどういうことか」という原点に立ち返って考えてみることをおすすめします。 
 
(  ビジネスジャーナル1月18日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11075538/







【今日の風景】

まず、関西・淡路大震災二十一年忌に黙祷を。

私も二人の親友を、この震災で失いました。

当時の政府関係者の言動やマスコミの対応のひどさを今でも思い出します。

その教訓をまったく生かせなかった東日本大震災の政府関係者にも怒りを感じます。

そういう連中が今も、当たり前のような顔をして政治に携わっていることが不思議です。

日本の古来からの神と仏はそんなに甘くはないと思います。


ところで今夜はあまりに夜郎自大で、中身のない話(文章もヘタ)なので取り上げました。

グーグルはいつでも社員を募集しています。
※https://www.google.co.jp/about/careers/teams/

単純です。

お題目を並べる前に、もっと調べたほうがイイ。

協調性があること、専門知識があること、情熱を持って仕事が出来る事、その上で創造性があること。

いつの時代も同じです。

終身雇用が聞いて呆れます。

仕事が出来なければ、営利企業は当然のように解雇します。

もし解雇されなかったのなら、それはやさしい上司と労働法のおかげです。

過去も今も、日本も世界もみんな同じです。

新興大学の教育内容の貧弱さにも問題があるでしょうが、そんな大学に行かせて息子・娘の大事な青春の四年間をムダにさせる親も悪い。

大学は他より抜きん出て、情熱と知識を培う場です。

戦前風に言えば、国家存亡の危機に対して備え得る人材を養う場です。

今夜取り上げた記事で唯一、興味深かったのは仕事の複数化です。

還暦になった自分としては、痛感しています。

年金もあまりあてに出来なくなった世代である以上は、死ぬまでの収入に結びつく仕事を手に入れなければなりません。

いろいろな業界ごとに、仕事のやり方や慣習の違いがあります。

じじぃになるとひとつの仕事では普通、なかなか生活が出来ない(じじぃは動きも頭も鈍くなってるんだぁ)。

複数の内容の違う仕事を同時にしながら、収入を得ることをしなければなりません。

大変です(インターネットがあるんでまだイイんですけど)。

何の話か分からない?

三月に店を畳む頃にまた、具体的な話が出来ると思います。





ぽちっとお願い!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ