エジプトのツタンカーメンの墓で新たな発見です。
ツタンカーメンの墓の壁の奥に人工的な構造物があることがわかり、これまで見つからなかった王妃の墓ではないかと期待が高まっています。

11290115

 エジプト・ルクソールの王家の谷にあるツタンカーメンの墓では、26日からイギリス、日本などの国際調査団がレーダー探査を行いました。
その結果、墓の壁には入り口のようなものが隠されていて、奥には人工的な構造が続いていることがわかりました。

 「この壁の向こう側に空洞反応が。(約2メートル奥に)部屋か棺がある可能性がみえてきた」(渡辺広勝調査員)

 調査団では、奥にあるのはツタンカーメンの義母のネフェルティティ王妃の墓ではないかとみています。

11290215

 「(Q.この奥には何が?)この壁の裏には、ネフェルティティ王妃の墓が古代から手付かずのまま残されていると思われる」(ニコラス・リーヴス調査団長)

 ネフェルティティ王妃はドイツのベルリンに胸像があって、クレオパトラと並ぶ古代エジプト三大美女のひとりともいわれています。

 今回の調査が世紀の発見につながる可能性もあり、王家の谷では期待が高まっています。ツタンカーメンの墓の奥だけに、今後どのように発掘を行うかなどが慎重に検討されるとみられます。

(TBS系JNN11月29日;




【今日の風景】

ネフェルティティの墓を発見という発表は、過去12年間で3回あったらしい。
※『エジプト王妃ネフェルティティの墓に新説』national geographic日本語版

今回の調査で見つかれば4回目になる。

それにしても古代エジプトはロマンいっぱいです。

我々のイメージするピラミッドに代表される古代エジプト文明は、クレオパトラの死によりプトレマイオス朝が崩壊して消滅し、ローマ帝国に吸収されます。

ツタンカーメンが生きていたのは、意外な位古くエジプト新王朝紀元前1345~1324年頃、つまり今から3350年位前なのです。

11290315
他の古代文明に較べても古い。

それに匹敵するのはメソポタミア文明位ですが、どうしてそんなに古くから文明が発達したのかには諸説あります。

でも明確なことは、石でできたピラミッドと神殿と墓とミイラのような後世に残る形のものがあったことが大きいようです。

不思議なのは中南米文明も同様ですが、その違いはどこにあるのか?

やはり相当古い時代から東西・南北の古代諸種族文化の交差点、栽培穀物の大産地、それに伴う文字の発明、度量衡の統一などが大きな理由のようです。

日本を含めたアジアではそこまでの古い古代文明は明確にはないものの、人類の発達史という意味では興味津々の事柄です。

早期の発掘をぜひお願いしたいものです。


11290415
※画像はフリーを使用しています。


ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村