大阪(伊丹)空港で旅客機の操縦席付近に地上からレーザー光が照射されていた事件で、旅客機が地上から300㍍の時点で狙われたことが19日、関係者などへの取材で分かった。

かなり強力なレーザー光線で、操縦士の目に入れば重大なトラブルにつながった可能性もあり、相談を受けた大阪府警は、威力業務妨害容疑に当たる可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べている。

11210215

 捜査関係者などによると、10月17日午後6時50分ごろ、松山発伊丹行きの全日空1648便ボーイング737型機(乗員乗客107人)が大阪府豊中市の上空約300メートルを飛行中、操縦士が緑色の光線が窓に当たったことに気づいた。

 操縦士の目などに異常はなく、同便は予定通り約5分後に同空港に着陸。けが人などもなかったが、全日空は国土交通省大阪空港事務所に報告するとともに、府警に相談した。

 また今月15日夕には、伊丹空港に着陸しようとした日本航空の旅客機の操縦席付近にも同様のレーザー光が照射されていた。運行に支障は出ておらず、人的被害もなかった。同空港周辺ではほかにも、同様のケースが過去1年間に数件確認されているという。

 レーザー光を照射する機器には学校や会議などで使用されるレーザーポインターなどがあるが、過去には光線が子供の目に当たり視力が低下する事故や、コンサートやスポーツの試合で歌手や選手らが何者かにレーザー照射を受けるトラブルが相次いでいる。

国は消費生活用製品安全法を改正し、平成13年から規定出力を上回るレーザーポインターの販売を禁止している。
 

(産経WEST11月19日;




【今日の風景2】

レーザー光が300mという距離まで達するには、通常のレーザー照射装置では不可能だそうです。

高出力に改造されたか、軍事用装置か。

いずれにしろ航空機に障害をもたらす事を目的として行なっていることはまちがいありません。

いたずらとは規模が違うようです。

警察が本格的な捜査に入るようですので果たして、どういう犯人が捕まるかが見ものです。


今日は月命日でお坊さんが来ていましたから、店は実質上お昼前からの 営業になりました。

それでお昼過ぎ頃、奇妙なお客さんが来ました。

年格好は、私と同じ60歳前後で痩せ型、小柄で身長は160cmくらい。

その人が店に入ってくるなり、ここは以前別の店で***が経営していたはずだというのです。

「***を出せ!あいつには大金を貸しているんだ。」と。

私の言うことはまったく聞かずあんまりしつこくて気味が悪いんで、おまわりさんを呼んで引き取って貰いました。

さっき警察からも電話があり、なんとか症っていう精神病の方だったようです。

でも外見もまったく普通で、精神病にも見えなかったんですけど。

ただ言われてみれば確かに話している時、目の焦点が合ってないような感じがしました。

まあ、大事にならなくてよかったですけど。

ロシアの呪いかなぁ。

11210315
※画像はフリーを使用しています。


あなたの少しの愛を!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村