世界最大級の口コミサイト「Yelp」の国別「世界のベストラーメンランキング」で、米国1位に「Kitakata Ramen Ban Nai」が選ばれた。このお店、日本でチェーン展開をする「喜多方ラーメン坂内」が、2014年末にカリフォルニア州ロサンゼルス近郊にあるコスタメサにオープンしたものだ。

喜多方ラーメンといえば、札幌、博多と並び日本3大ラーメンの一つ。スープは豚骨をベースにした澄んだしょうゆベース。手で縮れさせる多加水麺が特徴で、柔らかでモチモチした食感が味わえる。しょうゆは海外でも需要が増えているが、「喜多方ラーメン坂内」はなぜアメリカでヒットしているのだろうか。

●Yelpのレビューで絶賛の嵐

米国ではYelpが「食べログ」のように飲食店の評価に広く使われている。カリフォルニアの坂内の口コミページを見てみると、「このエリアでベストなラーメンだ!」「最高の麺、スープ…でも列に長く並ぶのよね」といった絶賛する感想が書き込まれており、現地の人にウケているのが良くわかる。日本語のレビューは552件中3件しかない。

           1031115


坂内を運営する「麺食」に現地での評判を聞くと「平日の昼や土日は行列ができるほど繁盛しております。食の情報が集まるアメリカに海外1号店を開き、話題になればと考えていたのですが、予想以上の来客数でした」と担当者は話す。

「サービスの改善に力を入れた積み重ねに加え、既にロサンゼルスでは豚骨ラーメンのお店が多いので、喜多方ラーメンは現地の人に目新しく映ったというのもありそうです。麺をお店で切って揉んでいたということも、お客様にご満足いただけている要因の一つだと考えられます」

現地の店長にも来店客の反応について電話取材すると、
「美味しいと言って食べてくれます。私たちのラーメンは基本的に日本と同じものをお出ししているのですが、Yelpにお客様の声が多く書き込まれているので、その意見を参考に味やサービスを改善しています。そういった努力が米国のお客様に評価されているのかもしれません」
と答えてくれた。 

(excite ニュース excite bit コネタ10月27日抜粋)
 


【今日の風景】

私、亡くなった母親の里が会津の田舎で、50年くらい前から喜多方ラーメンよく知ってます。

当時店には普通は『中華そば』の赤のれんが掛かっていたような。

春先なのにまだ雪のたくさん残る道を、おば達と数人で長靴はいて食べにいったのを覚えています。

寒い地方の中華そばは、格別なごちそうです。

食べると冷たかった息が、おいしそうな匂いのするあったかい息にかわります。

そういえばもう明日から11月、冬が目の前です。

会津には『柳津温泉』というなんともいえない良い雰囲気の温泉もあります。

只見川沿いの温泉街。

川から湯気が立ってる。

米もうまいし、酒はもっとうまい。

 
1031215
※画像はフリーを使用しています。