天正10(1582)年の本能寺の変の直後、羽柴秀吉の正室おね(ねね)と母なかを長浜城から避難させた美濃国(岐阜県)の地侍の家臣、広瀬兵庫助に褒美として五百石の領地を与える-とする秀吉の文書が見つかり、滋賀県長浜市の長浜城歴史博物館が29日、発表した。

 江戸時代に書かれた写しが存在し、内容は知られていたが、兵庫助の子孫で東京に住む会社社長が、9月に博物館に寄託した。

 古文書は、おねらが長浜城に戻った同年6月19日付。「女性たちを逃がしてくれてうれしい」との内容で、秀吉直筆の花押もある。同月2日に起こった本能寺の変の翌日、おねら一行は、長浜城から美濃国広瀬村(現在の岐阜県揖斐川町坂内広瀬)に逃げ、警護した兵庫助の館にかくまわれて難を逃れたとされる。

 同博物館は「秀吉の家族が実際に逃げ、家臣が助けたことを裏付ける貴重な資料」としている。

 文書は11月11日から30日まで博物館で展示される。

(産経WEST10月29日抜粋)


【今日の風景3】 

なぞの多い『本能寺の変』の逸話のひとつである。

どうして明智光秀は、謀反をおこしたのか?

織田信長の死体が見つからないのはなぜか?

なぞだらけ。

それでも歴史は進んでゆく。

そもそも 織田信長も明智光秀も豊臣秀吉もなぞが多い。

だから歴史小説が売れる。

安土桃山時代・江戸時代・明治中期まで織田信長は、なにかと評判がわるい。

『信長公記』なんて信用されてない。

「うつけ」と「たわけ」の違いから軽蔑されていた節がある。 

合戦もへたくそ。

だから今川義元のだまし討ち説が出てくる。

尾張の主要親族皆殺し説もそう。

くじ将軍足利義教のまねばっかり、天魔王もそう。

顔までそっくり。

どうして文武兼備の名門土岐氏明智光秀が、そんな信長の配下になったのかもナゾ。 

秀吉の金につられたのか、足利将軍家のためか。

秋の夜長になぞがなぞを呼ぶ、あぁ。


1030315
※画像はフリーを使用しています。