じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

死ぬ間際まで後悔し続けるかもしれない5つの行動

死ぬ間際まで後悔し続けるかもしれない5つの行動

4281601
 
Inc.:人生は選択の連続です。ほとんどは些末なことですが、なかには一生にかかわるぐらい重要なものもあります。

コロンビア大学の最近の研究により、私たちは1日に70回以上も決断を迫られていることがわかりました。
あまり多くの決断をすると、「決断疲労」と呼ばれる現象が発生します。実は脳も筋肉と同じように疲労するのです。

テキサス大学の最近の研究によれば、脳が疲れていなくても、正しい選択をするのが極めて困難になることがあります。
私たちが何かを決めようとするとき、脳は蓄積された知識を参考にするのではなく、具体的な細かい記憶に焦点を当ててしまうからです。

たとえば、あなたは新車を買おうとしていて、レザーシートにするべきかどうか決めようとしているとしましょう。
自分にはレザーシートなどとても買えないとわかっていても、脳はあなたのお兄さんが持っているスポーツカーのレザーシートの素敵な香りや感触の記憶に集中してしまうかもしれません。
本当なら、レザーシートにしてしまったら月々の車の支払に四苦八苦するであろうことに意識を集中させなければならないのですが、あなたはまだその記憶を持たないので脳はなかなかそこまで考え及ぶことができません。


“ 私は自らをとりまく状況の産物ではない。自らの意思決定の産物だ ”

── スティーブン・コヴィー


何を食べるか、どんなルートを運転して仕事に行くか、あるいは取りかかる作業の順番をどうするかなど、大したことのない決定もありますが、2つの仕事をオファーされてどちらを選ぶか、愛する人のために知らない都市に引っ越すかどうか、人生から有害な人物を締め出すかどうかなど、もっと難しい決断もあります。
決断の大きさに関わらず、脳は正しい選択をするのに必要な判断力を保つのを難しくしてしまいます。

緩和ケア看護師としてのキャリアを歩んだBronnie Ware氏は余命12カ月の人たちとばかり仕事をしました。
彼女はそうした人たちに、人生で何を一番後悔しているか聞いてみることにしていましたが、同じ5つの後悔を回答として何度も繰り返し聞きました。
そうした後悔から学ぶことができれば、同じ轍を踏むことなく、正しい選択ができるようになるかもしれません。
 
1. 他人の思惑に囚われて物事を決めてしまった
他人の意見を気にして物事を決めると、次の2つのことになりがちです。


1) キャリアの選択を誤る:大学でもっと別のことを勉強して学位を取るべきだったと後悔していたり、一生不本意なキャリアを追求している人が世の中には多すぎます。自分が本当にやりたいことよりも、親の承認や給料の良さや社会的地位を優先すると、誤ったキャリアの選択が一生の後悔となってつきまといます。

2) モラルを保てなくなる:上司にどう思われているか、どのぐらいのお金を稼いだら配偶者を幸福にできるか、失敗したらどれほどカッコ悪く見えるか、そんなことを気にし過ぎると、自分のモラルを損なう危険性が高くなります。自分を良く見せたいと思いすぎると、自分に正直でいられなくなり、最後は気分も悪くなります


他人の意見を気にし過ぎて失敗しないようにするには、他人の意見は単なる意見に過ぎないと認識するのがベストです。他人からどれほど立派な人物と思われようとどれほど酷い奴と思われようと、それは単にその人の意見でしかありません。真の価値は自分の内面から出てくるものです。

2. 必死に働き過ぎた
懸命に働くことは、世の中に影響を与えたり、学んだり成長したり達成感を抱いたりするには良い方法ですし、幸福感さえ感じられることもあります。
しかし、家族や恋人などもっとも親密な人たちを犠牲にしてまで頑張るのは問題です。
私たちは大切な人のためにお金を稼ごうとして頑張ることが多いのですが、相手はお金よりもあなたと一緒に過ごす方が大切だと思っているのに、それに気づけないのは皮肉なことです。ここで鍵となるのは、自分がやりたいことと愛する人たちと一緒に過ごすことをうまくバランスさせられるようにすることです。
そうでないと、ある日人生を振り返ってみたとき、もっと大切な人たちと一緒に過ごせばよかったと後悔することになるでしょう

3.自分の気持ちを表さなかった
感情的になるのは危険であるとか感情は封印するかコントロールすべきだと子供の頃に教えられます。
普通はそれでいいのですが、感情を封じ込めるとどんどん大きくなって爆発するかもしれません。
この場合の最善の策は、自分の感情をそのまま表すことです。
最初は大変かもしれませんが、そうすると正直にならざるを得なくなり隠し事もなくなります。

たとえば、職場で十分な給料をもらっていないと感じるなら、上司とのミーティングをスケジュールして自分がもっと高い給料をもらうに値する理由を説明しましょう。
その結果、上司はあなたに同意して昇給してくれるか、異議を唱えてあなたが自分の価値をもっと高めるには何をする必要があるか教えてくれるかもしれません。
一方で、何もせず自分の感情を悪化させてしまうと、パフォーマンスが低下して目標を達成できなくなります。
 
4.友達と音信不通になってしまった
毎週ルーティンをこなすのに夢中になっていると、友人が自分にとってどれだけ大切かを見失いがちです。
とりわけ、わざわざ時間を割いて付き合わなければならない人たちは大切です。
古い友人関係は忙しいとまっさきに失われてしまうものの1つですが、これは残念なことです。友人と過ごすと一番のストレス解消になるからです。親しい友人はほかの誰にもできないやり方で、エネルギーや新しい物の見方や仲間意識をもたらしてくれます。

5.幸福な気持ちで暮らさなかった
人生の最期を迎えようとしているとき、幸福だったときに比べると人生で直面したあらゆる困難は急に取るに足りないものになります。
それは、苦しみも自分がそれを選択していたことが多いと気づくからです。
不幸にして、ほとんどの人はこれに気づくのがあまりにも遅すぎます。
誰も苦しみを体験することは避けられませんが、苦しみをどのように受け止めるかも喜びを見つけていけるかどうかも完全に自分でコントロールできることです。
笑ったり微笑んだりストレスがあっても幸福になることを学ぶのは、ときとして難題ですが、全力で努力してみる価値のあることです。

まとめ
日々さまざまな決断がされています。中には一生に影響を与えるものもあります。誤った選択に祟られないためには、集中力と大局的な視野が必要です。


Travis Bradberry(訳:春野ユリ)

(ライフハッカー4月18日;







【今日の風景】

ゴールデンウィークに入ろうとしているのにあいにくの雨模様です。

熊本の震災にも影響がまだまだありそうです。

阿蘇山が活火山であり、根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の5峰を有する中央火口丘群を持つ巨大な阿蘇カルデラであることをつい忘れてしまっています。

記録に残る限りでも、鎌倉時代から現在に至るまで死傷者の出ている小規模噴火を繰り返しています。

むしろ昭和から平成にかけて、大規模な地震がなかったことが不思議なくらいです。

9万年前の噴火では九州全域を火砕流が飲み込み、降った火山灰は沖縄から北海道までを包んだそうです。

やはり、どうも日本列島に住む限り、どこにいても安心できる場所はないようです。


後悔の話。

死ぬ間際まで、あれもこれもやっときゃよかったと思うくらいがちょうどイイのかもしれません。

後悔も反省もない人生なんてどこにもありません。

ないから求めるんだと思います。

“小人、閑居して(も)不善を成す”です・・・。





励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

“妻には一生言えない秘密”を持つ夫の割合は?

“妻には一生言えない秘密”を持つ夫の割合は?

4261601
 
仲がいい夫婦といえども、もともとは他人。他の誰よりも自分が心を開いている相手とはいえ、後ろ暗い隠し事の一つや二つ、持っているのは不思議なことではないかもしれない。
なかには、「これだけは死んでも絶対に知られたくない」なんて重大な秘密を抱えたまま夫婦生活を送っている…という人もいるのでは? 

妻に対してR25が調査したところ、その4割が「夫に言えない秘密がある」という衝撃の事実が発覚した。
さては夫も秘密があるのでは…?
そこで、今回は30~40代の既婚男性100人に、妻に対して「墓場まで持っていこう」と思っている秘密の有無について聞いてみた。(R25調べ、協力/アイリサーチ)

〈あなたは妻に対して「墓場まで持っていこう」と思っている秘密がありますか?〉
※複数回答
1位 性生活で相手への不満がある 22.0%
2位 結婚後に浮気している(していた) 15.0%
3位 借金をしている(していたことがある) 8.0%
4位 へそくりがある 6.0%
5位 アブノーマルな性癖がある 5.0%
6位 バレていない高額の買い物がある 2.0%
7位 離婚歴がある 1.0%
7位 逮捕歴がある 1.0%
7位 隠し子がいる 1.0%
7位 学歴を詐称している 1.0%
7位 その他 1.0%

※番外
秘密はない 56.0%

およそ半数が「秘密はない」と回答する一方、残りの半数は妻に言えない秘密を抱えていることが判明した。
隠し事の内容で最も多かったのは「相手に対する性生活の不満」。
「墓場まで持っていく秘密」としては、少々大げさな気もするが、「アブノーマルな性癖がある」ことを隠している人も5%いることなどを考えると、なるほど内容によっては打ち明けにくい側面もあるのかも。
性生活の不満は妻への調査でも1位にあがっており、“性の不一致”は、夫婦間において思いのほかナイーブな問題のようだ。
次に多かったのが、隠し事の定番(?)「浮気」、さらに「借金」「へそくり」とお金絡みの内容が続いた。
ごくごく少数ながら、「離婚歴」「逮捕歴」「隠し子」を内緒にしているという強者も…。
ともあれ、日々生活をともにする妻から、こうした事実を死ぬまで隠し通すというのは、なかなかにハードルが高い気もする。
いつバレるのかハラハラしているよりも、いっそのこと、妻にすべて打ち明けてしまった方が楽になるのでは?

〈「墓場まで持っていこう」と思うような重大な秘密を、妻から隠し通せる自信はありますか?〉
●はい 65.9%
●いいえ 34.1%

しかし、秘密を生涯隠し通せる自信アリという人の数は、自信ナシという人のおよそ倍。そもそも秘密にしておける自信がないなら、初めから隠さなければならないようなことはしない方がいいということなのかも。さて、アナタの場合は?
(R25編集部)

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(R25 4月23日;




【今日の風景】
 
今回は拙記事『妻たちの“墓場まで持っていく秘密”』の夫版です。

夫の場合、私が気になるのが“2位 結婚後に浮気している(していた)15.0%”と“5位 アブノーマルな性癖がある5.0%”です。

結婚後に浮気をしてる(していた)夫が妻の倍以上もいます。

つまり単純に考えても、世の中の夫の7人に1人は浮気をしている(していた)ことになります。

またその事実に5位のアブノーマルな性癖があるを加味すれば、浮気夫のうち結構な割合で夫が『男色家』であることも推測できます。

ただアブノーマルな性癖の内容とその割合についての客観的な統計が表向きありません。

内容については、ホモ、レズ、サディズム、マゾヒズム、フェティズム、幼児性愛者等様々であることは想像できます。

また統計についても警察の犯罪分析資料関連、精神病理医学関連、異常犯罪心理学関連の専門分野の専門家の手元にはありそうです。
※参考『男性から支配されたい願望を持つ女性の割合が半端ないことが判明

これらの推測をもって“1位 性生活で相手への不満がある22.0%(5人に1人)” の事実を改めて見ると少し怖くなってきます。

最近、暴力的な言動の多くなっているあなたの夫はひょっとして、サイコパスではありませんか?






励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
 

同い年なのに・・・見た目に差が有り過ぎる芸能人4選

同い年なのに・・・見た目に差が有り過ぎる芸能人4選



42416014241602
 
3月11日、赤塚不二夫原作漫画『天才バカボン』の実写ドラマが日本テレビ系列で放送された。その内容よりも驚いたのは、バカボンのママ役の松下奈緒とバカボン役のおかずクラブ・オカリナが同い年だったということである。

 松下奈緒は1985年2月8日生まれ。東京音楽大学在学中の2004年に『仔犬のワルツ』(日本テレビ系)で女優デビューを果たす。『アジアンタムブルー』(2006)で映画初出演したほか、TVドラマや映画で活躍。NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』ではヒロインを演じている。

 もともと看護師だったおかずクラブ・オカリナは1984年9月28日生まれ。2009年にトリオとしておかずクラブを結成し、2010年11月からゆいPとのコンビでの活動が始まった。15年1月1日に放送された『ぐるナイ大晦日恒例!おもしろ荘』(日本テレビ系)で優勝し、注目された。芸名は、NSC時代に「好きなことをして自分を30秒間アピール」という授業をした時に、ただ30秒間オカリナを吹き続けたというエピソードに由来している。

 松下の方が早生まれだが、間違えなく同学年である。にもかかわらず、松下は母親役でオカリナは少年役。それでいて、違和感が全くない。どう育ったらこうなってしまうのだろうか。
 というわけで、今回は実は同学年。どうしてこうなったタレントたちをご紹介したい。


ベッキー・土屋アンナ

4241603  4241604

ロックバンド「ゲスの極み乙女。」との川谷絵音との不倫騒動が取り沙汰され、現在休養中のベッキーは1984年3月6日生まれで、1984年3月11日生まれの土屋アンナと同学年だ。

 レベッカ・英里・レイボーンという本名を持つベッキーは父が英国人で母が日本人。テレビ東京系『おはスタ』で人気が上昇し、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』などのバラエティ番組、「ベッキー♪♯」としての音楽活動など、マルチに活躍していた。

 ポーランド系アメリカ人の父親と日本人の母親によるハーフの土屋は1998年にモデルデビューし、雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルとして活躍。モデルのほかにも、歌手や女優など幅広く活動している。だが、最近では主演舞台の中止をめぐり、舞台監督の甲斐智陽氏に損害賠償を求められたり、スタイリストの菊池大和と離婚したりといろいろと忙しそうだ。
 1984年3月生まれのハーフって、波乱万丈の人生を送らなければならないという決まりでもあるのだろうか。 


生田斗真・えなりかずき

 4241605 4241607

えなりかずきと生田斗真も同学年だ。1984年11月9日のえなりは1988年『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)で子役デビュー。1990年から『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)にレギュラー出演したことから知名度から急上昇した。ゴルフとアマチュア無線が趣味という、若いのかおっさんなのかよくわからない“年齢不詳芸”とも言える新境地を開拓している。

 一方、1984年10月7日生まれの生田斗真は1996年、NHK教育テレビ(当時)『天才てれびくん』とジャニーズ事務所のオーディションに同時合格で芸能界入り。フジテレビ系『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(2007)や映画『グラスホッパー』(2015)などで活躍。正統派二枚目俳優として、王道を突き進んでいる。

 若いころから活躍しているふたりだが、容姿が違うだけで、こうも仕事や生き方が変わるのか。 


稲葉浩志・温水洋一

4241608 4241609

最後に紹介したいのは温水洋一とB'zの稲葉浩志だ。

 1964年6月19日生まれの温水は大学卒業後、劇団大人計画旗揚げ時に入団。1994年に退団すると個性派俳優として多くの作品に出演することになる。2000年に明石家さんまの舞台『7人ぐらいの兵士』に起用され、それをきっかけにバラエティ番組でも活躍するようになる。

 稲葉は1964年9月23日生まれ。1988年、松本孝弘とB'zを結成しデビューを果たす。以降、数多くのヒットと圧倒的なライヴパフォーマンスで多くのファンを獲得していく。楽曲提供やプロデュース、ソロとして活動するなど、B'zとして以外でも精力的に活動。日本屈指のロックボーカリストとして現在も最前線を突っ走っている。

 アンダーグラウンドから世に出た温水とデビュー3年目には大ブレイクしているB'z稲葉。その出自や容姿に違いはあるものの、51歳になっても芸能界に居続けることがすごい。

 容姿やキャラクターが異質であっても、地道に自分の進むべき道を邁進していけばなんとかなるのである。ジャニーズ事務所に入っても、クスリやって没落する人もいるんだもの。 

(TOCANA 4月10日一部変更;




【今日の風景】
 
あんまりテレビを見ない懐古堂にとっては、記事の方達は知らない方のほうが多いです。

じじぃ、ここにありかなぁ。

世の中の事にやたら弱い、疎い。

でもこの記事を見て、昔付き合っていた女の子に言われたことを思い出しました(半世紀近く前ですけど・・・)。

「女にとって結婚はきれいごとじゃないの!いろんなことを言っても要は、女が男に求めるのはお金と家族を支えられる体力よ!」

両方とも持ち合わせない懐古堂はその時、死にそうになりました。

それにしてもうちの奥さんは、そんなしまりのないいい加減な懐古堂とどうして結婚してくれたのかなぁ。

その勇気に感動すら覚えた、春うららの昼下がりでありました。


 



励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

60歳代の認知症はほんとうに減っているか?

60歳代の認知症はほんとうに減っているか?
 
先進国の多くは、未曾有の超高齢社会に直面しつつある。(我が国は、既に65歳以上人口が全人口の21%を大きく超えているので「超高齢社会」である。)
なかでも最も懸念されているのが、認知症の増加だ。
例えば長期間同じ地域の疾病を調査している久山町コホート研究(※)は、高齢者の半分以上がいつかは認知症にかかる可能性があることを警告している。
このような統計を見ると、高齢者の増加により認知症が増えるという単純な関係だけではなく、認知症自体の発症率が上昇しているのではと心配する。

4221601

しかし、発症率を過去と現在で比べる時に注意しなければならないことがある。
医学の進歩で診断技術が進むと、病気の診断率(発見率)が上昇することだ
従って、もし疾患発症率を過去と現在で正確に比べたい場合、同じ診断基準を用いる必要があるが、わざわざ古い診断法を適用することは実際には簡単ではない。

これをあえて行ったのが今日紹介するMRC(英国医学研究会議)所属の生物統計局からの論文で、4月19日号「Nature Communication」(NATURE COMMUNICATIONS | DOI: 10.1038/ncomms11398)に掲載された。
タイトルは「A two decade dementia incidence comparison from cognitive function and ageing studies I and II(認知機能と高齢化研究I及びIIからわかる認知症の発症率の20年間の変化)」だ。

研究では、1990-1993年、及び2008-2011年にそれぞれ約5,000人規模で65歳以上の高齢者を同じ診断方法を用いて診察し、認知症の有無を診断、発症率調査を行っている。
さらに、診断後2年間の経過観察を行い、診断の正確を期している。
このように、20年後も経った後、過去の調査とほぼ同じ診断方法を採用しているところがこの研究のミソだ

結果は、生活習慣の変化で認知症の発症率が上昇しているのではないかという予想に反し、過去20年間で認知症の発症率は65歳からのあらゆる年齢層で低下しており、全体ではほぼ20%の低下がみられるという結果だ
特に驚くのは、80歳以上の男性では40%と著しく低下している点だ。
一方、女性では全年齢層で程度は5%程度だが、ほとんどの年齢層で低下している
80-85歳の女性のように発症率がすこし上昇した群も確かに存在するが、結論的には20年を経て、認知症の発症率は着実に低下していると言ってよさそうだ
もちろん高齢者の増加により、認知症の絶対数は上昇していることは間違いなく、それに備える必要はある。
しかし今日紹介した論文は、認知症の発症を劇的に抑えることが可能であることを示している

久山町コホート研究(※)などを見ていると、この結果を我が国に当てはめられるかどうか分からない。
ただ発症率を計算する時、できるだけ診断ミスのないよう、最新の診断法を用いて統計を取りたいと思うのは医師(研究者)として当たり前のことだ。
しかし、この結果、過去の研究との比較が難しくなることは心する必要がある。

認知症でも、高血圧などの生活習慣病でも、10年単位で発症率の変化を見たいと思う場合、最新の診断方法とともに、過去の診断基準も採用して研究を行う注意深さが必要だろう。

詳細は省くが、この研究にも方法上の問題が存在する。
従って、同じような調査がもう一度行われるまで、この結果をそのまま鵜呑みにするわけにはいかないだろう。
もし他の研究でも同じ傾向が確認されたら、この20年に起こった生活の変化が、間違いなく男性の認知症の発症率を抑えることに寄与したことになり、その要因を明らかにすることで、有効な認知症対策を発見できることになる。
我が国でも同様の研究が行われることを是非期待したい

しかし、新しい調査に当たって古い診断基準をそのまま採用する研究計画能力には脱帽だ。
 
西川伸一 NPO法人オール・アバウト・サイエンスジャパン代表理事4月22日;
ソース: http://bylines.news.yahoo.co.jp/nishikawashinichi/20160422-00056895/




【今日の風景】

興味深い問題でもあり、意外なくらい大きな問題にも関わらず、日本の専門家のほとんどが研究対象にすらしていないことが分かって驚いている懐古堂です。

どういうことかと言いますと、記事にある通りほんとうに60歳代以上の認知症が5年前、10年前に較べて発症率として減っているのかが日本では分かっていないということです。

想像では、認知症の原因がある程度分かってきている以上、対策をいろいろ行っていますから減っているはずなのは予想できます。

今後更に認知症の発症対策は増えるはずですから、発症率は更に減るはずです。

でも肝心の発症率が、減っているのかどうかの客観的統計が日本のどこにもない(久山町コホート研究という九州大学の局所的研究があるだけ)ようです。

一般化できる統計がないのにどうやって2025年問題など未来の推計を導き出したのでしょうか?

ある資料によると認知症患者は10年後には730万人に増え、65歳以上の5人に1人は認知症になるとか(※)。
※『65歳以上の認知症は10年後に730万人に増加 5人に1人が認知症に』保健指導リソースガイド

福岡県糟屋郡にある山に囲まれたのどかな人口7692人の久山町の研究結果を元にしている数字です。

8千人足らずの町の数字を日本全体に当てはめて「厚生労働省の研究班」がそう結論を出しているようです。

いくらお役所仕事でもこれはひどい・・・。

ヘタをすると15%くらいは軽く誤差が出ることになります。

以前私は大学の経済学部の悪口をたくさん言いましたが、これでは医学部も推計学の基本の基本も出来ていないことになります。

医学部に疫学という学問がある以上は、当然知っているはずですが・・・。

それとも役所の問題なのでしょうか?

認知症が15%減れば軽く1兆円くらいは、医療費が大幅に減り、国家予算の軽減になるのに。

そうなると都合が悪くなる人でもいるのでしょうか?

 


励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

妻たちの“墓場まで持っていく秘密”

妻たちの“墓場まで持っていく秘密”

4201601

たとえ夫婦の仲が円満だとしても、隠し事がまったくないわけではない…ものですよね。
もちろん軽い隠し事ならお互い様だけど、絶対に相手には言えない隠し事をされているとしたら?
ということで、30~40代の既婚女性100人に、夫に対して「墓場まで持っていこう」と思っている秘密の有無について聞いてみた。(R25調べ、協力/アイリサーチ)

〈夫に対して「墓場まで持っていこう」と思っている秘密TOP10〉

※複数回答
1位 性生活で相手への不満がある 16.0%
2位 結婚後に浮気している(していた) 7.0%
3位 借金をしている(していたことがある) 7.0%
4位 へそくりがある 5.0%
5位 バレていない高額の買い物がある 3.0%
6位 離婚歴がある 2.0%
7位 逮捕歴がある 1.0%
7位 年齢を詐称している 1.0%
7位 オタク趣味がある 1.0%
7位 実は同性が好き 1.0%
7位 その他 1.0%

※秘密はない 62.0%

まず注目すべきなのは、「墓場まで持っていきたい(=夫には絶対言いたくない)秘密がある」という女性が約4割(38%)もいるということ。そしてその内容も…確かに夫として「聞きたくなかった!」というものが多数ラインナップ。トップに挙がった「性生活の不満」だけでも心がちょっとヘコむのに、結婚後の浮気や借金まで…。人数は少ないものの、100人に1人の割合で年齢詐称や逮捕歴なども挙がるという驚きの結果に。

〈「墓場まで持っていこう」と思うような重大な秘密を、夫から隠し通せる自信はありますか?〉

●はい 76.3%
●いいえ 23.7%

そんな驚きの隠し事を、妻たちの約8割が一生隠し通せる自信アリとのこと。事実を隠されることはなんだかつらいけれども、内容次第では知らぬが仏、ということも。墓場まで持っていってほしいような、でもやっぱり教えてほしいような…。アナタはどう思う?
(R25編集部)

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです 
 
(R254月20日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11435220/
元ソース:http://r25.jp/relationship/00050255/





【今日の風景】

年を取っているとなかなかに様々な経験をしているものです。

かくいう懐古堂もサラリーマン時代があり、東京で約8年足らずも単身赴任生活をしていました。

当時勤めていた会社の本社は新橋にあり、また私自身営業職とマーケッティング職の二束のわらじを履いていたため、時々接待で銀座・赤坂・六本木の夜の蝶達とひと時を過ごすことがありました。

単身赴任の身軽さからか酒飲みの悪い習慣からか、接待の後はどうしてもなじみの店でひとり飲んで、その日の憂さを晴らすようなことをしていました。

私のなじみの店は、新宿・恵比寿・五反田・品川・大森にあり、会社で借りて貰っていた単身赴任宅のある鎌田までまっすぐ帰ることが出来ないように路線に沿って点在していました。

いずれも小料理屋や小さなスナックといった態の小さな店で、ママとせいぜい女の子ひとりかふたりの私には居心地の良い場所ばかりでした。

そんな中で私は、京浜東北線の大森駅から海岸側に歩いて5分少しの路地奥にある間口一間ほどのNという小料理屋が特にお気に入りで、10日に一回は通っていました。

その店は、50歳前後のママのK子と20代後半くらいの娘淳子のふたりが切り盛りをしていて、手作り料理がなかなかうまいことで活況を呈していました。 

ある冬のまだみぞれにはならない小雨の夜も、接待の帰りついその店に足が向いて、湿ったのれんをくぐって少し立て付けの悪い格子戸を開けました。

「あれ、今日はひとり?」

カウンターの中でひとり立っている淳子の姿を見て私は声を掛けました。

「そうなの、ママ、昨日からインフルエンザでお休みしているの。」

淳子は、コートについた雨滴を払って脱ごうとしている私に視線を合わせずにそう返しました。

「いつものでいい?」

わたしの返事を待たずに淳子は、手早くキープボトルの芋焼酎のお湯割と突き出しの準備を始めました。

私は、カウンターの席に腰を下ろしながら店の中を見回し、まだ午後の10時前だというのに珍しくお客が私独りだということに気がつきました。

「雨、まだ雪になってなかった?」

暖かいおしぼりを拡げて、カウンター越しに手渡しながら淳子が聞いてきました。

「そんなに寒くはないから、雪にはならないと思うけど。」

冬の雨で少し冷たくなった手をおしぼりで温めて、続けて出てきた焼酎のお湯割と突き出しの載ったお盆を受け取りながら私はそう答えました。

その時淳子の右手の親指と人差し指の付け根に、絆創膏がきつく巻かれるように貼られていることに気がつきました。

「はい、これも。」

焼酎のボトルとお湯の入ったポットを受け取りながら、

「指、どうしたの。」

「私そそっかしいから、仕込みのとき包丁を落としそうになって刃を持っちゃって・・・。」

はにかんだ笑顔で淳子はそう答えました。

美人ではありませんが、切り揃えたボーイッシュな髪型と控えめな化粧を施した淳子のその滑らかな肌は、暖色の照明に映えて魅力的に見えました。

「確か、出身は小樽だったよね。」

「そう、オタモイっていう市内から離れた丘みたいになったところ。」

その夜看板まで私は、飲みながら淳子といろいろな話をしました。


それから数日後の朝刊の小さな記事に、

「年下の内縁の夫***淳(あつし)(26歳)、飲食店経営***K子(52歳)を刺殺 、痴情のもつれか。大田区大森・・・。」

私は、その店が二度と開いているのを見ないまま、長い東京での単身赴任を終えました。





励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ