じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

ハゲがなおる!?高い育毛効果のある「ヒト血液中の生理活性脂質」を特定―従来商品の2.5倍

SANSHO(サンショー、東京都中央区、諸星俊郎社長、TEL:03-5203-0715)は、ヒト血液中の生理活性脂質の一種「環状ホスファチジン酸」(cPA)に高い育毛効果があることを特定した。発毛剤として商品化されている「ミノキシジル」の2.5倍になった。濃度が0.5%の水溶液で発毛効果も確認した。11月に国内化粧品会社が商品化を予定している。
phpBdFeRH_5614b57ec743e
  皮膚は表皮、細胞増殖で重要な繊維芽細胞に富んだ真皮、毛細血管が通った皮下組織からなる。毛髪は皮下組織で、繊維芽細胞から変化した毛乳頭細胞、毛母(もうぼ)細胞で生まれ、伸長していく。今回は天然型のcPAをヒト毛乳頭細胞に添加し、1―2日後の細胞数で効果を確認した。
 また繊維芽細胞にcPAを添加、発毛促進のホルモンの遺伝子発現をメッセンジャーリボ核酸(m―RNA)で調べた。その結果、特に効果が高い繊維芽細胞増殖因子(FGF)の場合、何も添加しない時の3倍だった。
 薄毛の男性約20人を対象とする試験では、cPAの0.5%濃度水溶液を1―6カ月間、塗布し効果を明らかにした。女性でも効果はあるが、毛がまったくないケースや通常の肌では発毛しないという。2012年に国際特許を出願しており、近く成立する見込み。国内の大手化粧品会社のほか、台湾企業2社が育毛化粧品として販売する予定だ。
 cPAは生体に広く含まれる生理活性物質で、お茶の水女子大学の室伏きみ子学長が発見した。同社はcPAの応用を目的として08年に設立。今回は、SANSHOによる同大ヒューマンウエルフェアサイエンス研究教育寄付講座で、今村茂行研究員らが研究を行った。
(日刊工業新聞10月07日) 

連休3日目だというのに、
妻はまた、お友達と懇親会という名の昼食会へ。
狭い縁側で、つめを切りながらぼりぼり頭を掻いていると、
抜け毛がぁ~っ。

もう10年も経てば、残ってる毛より抜ける毛のほうが多くなるかもなぁ。

あぁ、
なにをいってもじじぃの独り言。


101023_1
※画像はフリーを使用しています。


 

「ワンピース」の市川猿之助スーパー歌舞伎Ⅱ公演始まる

 世界的な人気漫画「ONE PIECE」を、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが歌舞伎で上演する異例の公演が、7日から東京で始まりました。
 この公演は、世界的な人気漫画「ONE PIECE」を、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが現代的な演出で知られる「スーパー歌舞伎」にしたもので、7日が初日となります。
海賊のルフィとその仲間たちの活躍を描いた物語で、猿之助さんは、体がゴムのように伸びる特殊な能力を持った主人公のルフィをはじめ、1人で3役を演じました。
ルフィが腕を伸ばして敵と戦う漫画の名場面を歌舞伎でどう表現するのかが注目されましたが、舞台では何人もの出演者が腕をつなぎ合わせて、まるで腕が伸びたかのように見立てる手法や、映像技術を使って迫力を表現する方法などが披露されました。
ほかにも猿之助さんは素早く衣装を替え、別の役に入れ代わる伝統的な「早替り」から、歌舞伎では珍しい歌の合唱まで斬新な仕掛けを次々と繰り出し、観客は漫画と歌舞伎が融合した独自の世界に大きな拍手を送っていました。
この公演は、7日から来月25日まで東京・中央区の新橋演舞場で行われます。
(NHK NEWSweb10月10日)

妻にバカにされました。

昨晩イカの塩辛を肴にちびちび飲んでると、妻が
「猿ちゃん、歌舞伎でワンピースするんですってね。」

「(市川猿之助はおまえの友達かぁ?)ま~た女装か。」

「えっ?」

「ワンピース女装。」

「えっ?」
一瞬の後、妻の大爆笑。

つまらん。

知らぬこととはいえ、市川猿之助様、ワンピースのファンの皆様、ごめんなさい。
どうせ私は無知なじじぃだよぅ。
ふん。

だから調べました。

「ワンピース」の市川猿之助スーパー歌舞伎Ⅱ 

    shinbashi_20151011fb-e1444202627558
※画像はフリーのものを使用しました。
 

 

死を予見?お迎え体験は幻覚ではない?

■穏やかな死の手助けに
 
 みとりの医療の現場では、既に亡くなっている肉親の姿を見るなどの「お迎え」を体験する患者に日常的に接するという。幻覚や意識障害として片付けられがちだが、これまでに約2500人をみとってきた湘南中央病院(神奈川県藤沢市)在宅診療部長の奥野滋子さんは「周囲の人は頭から否定せずに、亡くなる人との最期の大切なコミュニケーションに生かしてもらえたら」と話す。

 8月に出した著書「『お迎え』されて人は逝く」(ポプラ新書)には、奥野さんが実際に見聞してきた「お迎え」の事例が豊富に紹介されている。「穏やかな死を迎えた人は、『お迎え』を体験している人が多いと感じたことが、この本を書いたきっかけです」と話す。
 奥野さんがおととしみとったある女性が見たのは、幼くして亡くした子どもが大人に成長した姿。自分も見たことがないはずだが、「間違いありません。あの子が来たということは、私の命はもう長くないわね」と、それまで手を付けていなかった身辺整理や遺影の撮影などを積極的に行い、落ち着いた態度で死に臨むようになったという。
 「お迎え」として現れるのは亡くなった肉親が一番多いが、ペット、まだ生きているが会い難い人が姿を見せることもある。「中には、その人が誰だか分からないという場合もあって、最初は不気味に感じていたのに、現れないと寂しくなったり、途中で『ああ、あの人だ』と気付いたりしたケースもありました」

■「お迎え」亡くなる1週間ほど前から
 
 「私がみとった人の少なくとも3分の1は、本人や家族の話から、何らかの形で『お迎え』を体験していたとみています」と奥野さんは語る。「死が近づく不安の中で『大切な人にそばにいてほしい』という気持ちが見せるのかもしれませんが、なぜ多くの人が同じような体験をするのかは全く分かりません」
 
 ただ、不思議な言動をする以外、特に異常な様子が見られなければ、薬物などによる「治療」はすべきではないというのが奥野さんの考えだ。「『お迎え』を見始めるのは、おおむね亡くなる1週間ほど前からです。『お迎え』の兆候が始まったら、周囲の人はそうした言動も受け入れてあげて、残りの貴重な時間を穏やかに大切に共有してほしいと思います」と話している。
 ▼おくの・しげこ 富山市出身。金沢医科大卒業後、順天堂大医学部麻酔科学講座で麻酔と痛みの治療に従事し、2000年から緩和ケア医に転向。13年から湘南中央病院在宅診療部長。

(西日本新聞10月9日)
 

妻が勤めている介護施設でも、たまにこういう話を聞くそうです。

入居しているおばあさんが、さっきまでいたのよ、そこにって。
亡くなった旦那さんと数分話していて「また、今度ゆっくりはなそうね」って消えたそうです。

雨の日の昼間の個室での出来事。

あなたの『お迎え』は、昔飼ってたとかげとか九官鳥ね。
と妻はいいます。



 101115

※画像はフリーのものを使用しています。

 

恭仁宮に旗ざおの柱穴 京都府教委「元日祝った遺構か」

 恭仁宮(京都府木津川市)の朝堂院跡で、元日の儀式に使われた旗ざおを立てたとみられる柱穴が3個見つかり、府教育委員会が8日、発表した。

 続日本紀によると、大極殿完成前に元日を祝ったのは741年と742年で、今回見つかった柱穴を使ったとみられる。府教委の担当者は「平城宮(奈良市)や長岡宮(京都府向日市)に先立ち、日本で元日を祝ったことを示す遺構」と話している。

 延喜式などによると、元日や即位の儀式の際に7本の旗を立てたとされる。柱穴が見つかったのは、役人が儀式などを行う朝堂院跡の南端から北に約12メートルの場所。3個の柱穴はいずれも底にさおと支柱2本のための3つの穴があったことや、等間隔に並んでいることから儀式の旗ざおを立てたと判断した。柱穴の大きさは幅約3メートル、奥行き約1.2メートル、深さ0.5~0.9メートル。

 7本の旗は、中央にカラス、左右に太陽と月の宝幢(ほうどう※宝珠で飾ったはた)を置き、その両側に青竜、白虎、朱雀、玄武を描いた四神旗を並べる。

(日本経済新聞10月8日)


最近の考古学(古代史)の発見すご~い。

文献でしか分からなかったことや、想像するしかなかったことが実証レベルまでいっている。

少なくとも日本人は、1270年前からずっとお正月に旗を立ててお祝いしていた。

今後この慣習がまだ、どれくらいさかのぼれるやら。

ロマンです、大ロマン。

ところで中央のはた、カラス?八咫ガラス?金鵄(金色のトビ)は?

このはた、正倉院に残ってないよなぁ。

そういえば今年も正倉院展が近い。
10月24日(土)からだそうです。

日本はロマンの国だぁ。


熊野本宮大社
Shrine_Kumano_hongu_torii01

※画像はwikipediaより借用しました。
 


 

<京都市広報紙>漫画アリだじゃれアリ改革 賛否両論に沸く

 京都市は月1回、約65万部を発行している広報紙「きょうと市民しんぶん(全市版)」を大改革し、漫画や写真、だじゃれをふんだんに取り入れた紙面作りを進めている。広報紙はお堅い紙面が定番なだけに、市民からは古都の挑戦に「最高だわ」「京都の行く末が不安」など賛否の声が上がり、他市からの問い合わせもある。最新号は異例の増刷を検討しており、市の担当者は「批判を覚悟で大胆に変えた。手に取って読んでもらえればうれしい」と話している。
「まだまだおまえは活用できるぞ! 立て! 立つんだ!」

 10月1日号のメインテーマは「空き家活用」。人気漫画「あしたのジョー」の一幕を思わせるイラストを1面に大きく載せ、リングに沈みかけたボクサーにセコンドが声をかけている。ボクサーの頭上には壊れかけの屋根を載せて空き家を表現している。名前は「秋谷丞(あきや・じょう)」で、セコンドは「家尾改舟(いえお・かいしゅう)」だ。1面で読者の関心を引き、2、3面で紹介する市の空き家施策や相談会へといざなう。

 紙面改革のきっかけは昨年12月の職員研修。東海大文学部広報メディア学科の河井孝仁教授(行政広報論)に従来の広報紙を見せると、「情報をただ置いているだけ。読ませる工夫が無い」と酷評された。編集主任の葉山和則・広報係長(38)ら編集者6人は今年2月1日号からストーリー性を高め、複数ページを連動させ、幅広い読者層へのアピールを意識した紙面作りをしている。イラストは外注している。

 6月1日号では、プラスチックごみ役のホスト風イケメンが「僕を『燃やすごみ』で捨てないで」と市民の女性に訴える場面を1面に載せた。広報紙を見た市民からは「よく分からないけど工夫がすごい」「漫画は子どもに悪影響」などの声が多数寄せられた。

 葉山係長は「批判も含めて『市民しんぶんは、何かおもしろい仕掛けをしている』と思ってもらえたら」と考えている。【土本匡孝】
(毎日新聞10月7日)

実際の画像

ふ~ん。

努力は認めましょう。

でも外見だけ変えてもなぁ。

中身が前とおんなじだとなぁ。

女装したおっさんみたいだなぁ 。


      101015
 ※画像はフリーを使用しています。
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ