じぃじ速報

還暦じぃじののほほん速報

東京都美術館「若冲展」 ついに「320分待ち」に呆れる声も

東京都美術館「若冲展」 ついに「320分待ち」に呆れる声も

5211601
 
 現在、東京都美術館で開催されている「若冲展」の人気が過熱。
ネットには、目を疑うような行列報告が寄せられており、何らかの改善策を求める声があがっている。

 「若冲展」は、江戸時代中期の画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の生誕300年を記念して開かれている展覧会。
動植物を繊細かつカラフルに描く一方、ユーモラスな表現も多い若冲は、日本よりもむしろ海外で高く評価されてきたが、近年にわかに日本でも注目され始め、“若冲ブーム”といっても過言ではないほど人気が高まっている。

5211602

 今回の展覧会は、若冲の初期から晩年までの代表作89点が集結。
若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が初めて東京で一度にお披露目されるとあって、その混雑ぶりはもはや異常事態だ。ツイッターの現場報告を見ると、

「若冲展の待機列。公園入口の交番近くに、210分待ちの看板が出てました…」(5月16日)
「平日、雨の天気で260分待ちの若冲展、すごすぎる」(5月17日)

など、「雨」「平日」といった条件も無関係に待ち時間は伸び続け、65歳以上が無料となる「シルバーデー」(毎月第3水曜日)の5月18日には、

「10:45現在でついに320分待ち!!」
「若冲展、本日、シルバー無料デイだけど、一時、入場320分待ちって、一体、何なの? 5時間20分待ちは凄い!」

と、ついに5時間超えを記録。あまりの待ち時間の長さに、ツイッターには、

「待ってる間に映画2本観られるのか」
「えーと若冲展は『待ち時間の長さで世界記録を作ろう!』的なキャンペーンでもおこなわれているのでしょーか…?」
「ネットをしていない老人層に若冲展の混雑を知らせるには、もう、朝のnhkニュースの画面隅に『若冲展昨日の最大待ち時間240分』って出すしかない」

と、驚きの声が寄せられている。

そして一方では、

「ただ並ばせず、時間制整理券など配って近隣に客を放つ方が経済貢献するだろうに」
「整理券を出して、国立西洋美術館を見に行ってもらったり、すぐ近くにある東京国立博物館に行ってもらえばいいのに」
「何時間もただ突っ立って待ってるとか苦行かよ。整理券でももらってその間他の展示見ててもらうなり周囲のお店で時間潰してもらうなりしたほうがみんな幸せなのでは」

など、運営側に何らかの対策を求める声もあがっている。

確かに東京都美術館の周囲は、17日に世界遺産に指定された国立西洋美術館や、東京国立博物館、国立科学博物館、上野の森美術館、東京藝術大学大学美術館のほか、上野動物園、アメ横、不忍池、谷根千一帯など、見どころが尽きないエリア。あまりの行列で若冲自体のイメージを下げないためにも、整理券の配布は検討に値しそうだ。
 
(金子則男)
(R25編集部)
 
(※ 掲載画像はフリーを使用しています。)
 
(R25 5月21日;




【今日の風景】 

懐古堂のひねくれじじぃにしては珍しく、若冲の素直な絵は分かり易くて大好きです。

しかし名品と呼ばれる作品は確か、相国寺への寄進作と皇居の『三の丸尚蔵館(御物若冲動植綵絵)』とアメリカの収集家ジョー・D・プライスが所持しているものがすべてのはずで、今回の都美術館の展示品の目玉は相国寺所有のもの。

ジョー・D・プライスといえば奥さんが日本人で、実業家としての実績も豊富で(なんとあのフランク・ロイド・ライトとも親交も深く、若くして世に出すきっかけを作った人間のひとりらしいんです)、大の親日家だという絵に描いたような西海岸大金持ち日本(美術)大好き人間です。

よく若冲の日本での評価が低かったと云われますが、違います。

名品はすべて、ほとんど人の目に触れないところにあったからです。

また、名品を手に入れようとしてもほとんど若冲自身が描いてくれなかったようです。

それは深く、絵を描くことを生業にしていなかったことと(京都四条の錦市場の八百屋の隠居でした)彼の持っていた厭世的な人生観が関係していると思われます。

そういう意味では大名の次男坊だった琳派の一端である酒井抱一とも、相通じるところがあります。


  5211603
   (wikiより酒井抱一「風雨草花図」(通称:「夏秋草図屏風」))

ぞっとする凄みすら感じさせる、素人にも一目で並の絵師ではないと分かります。

ところで毎年奈良国立博物館である『正倉院展』もそうですが、あの展覧会の行列だけは確かに頂けません。

懐古堂も久しく、そのことがあるんで博物館・美術館へは足を運んでいません。

美術大好き人間にとっては残念極まりないことです。

ちなみに東京都美術館での『生誕300年記念 若冲展』は5月24日(火)までだそうです。

 


励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

鳥越俊太郎氏の家系図はデタラメだった NHK「ファミリーヒストリー」で紹介

《 鳥越俊太郎氏の家系図はデタラメだった NHK「ファミリーヒストリー」で紹介 》
 
5181601


 著名人の家族の歴史を取材するNHKの人気ドキュメンタリー番組、「ファミリーヒストリー」で紹介された、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の家系図がニセモノだったことを、5月19日発売の「週刊新潮」が報じる。 

*** 

番組が放送されたのは昨年7月10日。鳥越俊太郎氏の親戚が提供した家系図にもとづき、 
その祖先は「戦国大名・大友宗麟の家臣、鳥越興膳」であると紹介していた。 

しかし、鳥越家18代当主、鳥越光氏(78)は「興膳はうちの先祖です」と放送内容を否定。 
俊太郎氏の一家は近所の住民であり、偶然、姓が同じだっただけで、血縁関係はないという。 

番組放送後に光氏はNHKに抗議し、プロデューサーらとの話し合いの場が持たれた。 

「話をするうちに段々と旗色が悪いと思ったのか、帰り際には『穏便にしましょう。これで終わらせましょう』 
と言われました。ファミリーヒストリーは通常、再放送することになっています。 
ところが、7月27日か28日にプロデューサーから電話があり『再放送はしません』と言われたのです」(光氏) 

しかし、今年2月に掲載された「朝日新聞」のインタビュー記事でも、俊太郎氏は自身の祖先が興膳である旨を 
発言していた。抗議内容が俊太郎氏に伝わっていないと再度NHKに抗議したが、連絡はまったくないという。 

「天下のNHKさんともあろうものが、こんな態度で良いのでしょうか」(光氏の姉) 

「週刊新潮」の取材に対し、NHKは「放送の内容については問題ないと考えています」(広報局)と答え、 
俊太郎氏は、「私は家系図については全く関与していません」と語った。 

*** 
  
「週刊新潮」5月19日発売号では、NHKのずさんな取材によって、 
デタラメ家系図が放送された詳細について掲載する。
 
(デイリー新潮5月18日;
ソース:http://www.dailyshincho.jp/article/2016/05181700/?all=1





【今日の風景】

なんだかなぁ である。

別に古い家系に拘る必要もないのに、番組を面白くするためにフィクションを入れるなんて。

それならフィクションだということを堂々と番組で言えばイイのに。

可能性があるということと事実とは違います。

いつまでも体質ということに甘えているといつかとんでもなく痛い目に会います。

もっと原点に還って、事実とそうでないこととを区別して報道して下さい。

そうでなくても日本の報道姿勢は、世界から批判を浴びているんですから。

最近テレビを見る暇もないビンボ暇なしの懐古堂であった・・・。






励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

がんを治すために改善した「7つの習慣」

《 ステージ4の大腸がんからの克服! がんを治すために改善した「7つの習慣」》
 
5171601

 「がんは生活習慣病」と語る野中秀訓氏による書籍『がんになって、止めたこと、やったこと』は、がん患者でない私にとっても驚きと発見の連続だった。
普通の会社経営者である彼が、いかにしてがんを克服したか、そのノウハウをまとめた内容だが、これはがん克服記のみならず、健康かつ快適に生きたいと願うすべての人々に贈る「自分に合った健康法を見つけるまでの体験記」でもある。
 46歳だった野中氏はある日、突然の腹痛で病院へ。腸閉塞を起こしていたためにCT検査をしたところ大腸に腫瘍が見つかり、それがきっかけで医師から「ステージ4の大腸がんで、平均生存期間は約12カ月」と宣告されてしまう。
 肝臓や大動脈リンパ節などへの転移も見られ、「今の治療じゃ治る見込みもない」とまで言われ、野中氏も家族も悲しみに暮れながら抗がん剤治療を始めていくのだが、そこから先の展開が驚きだ。

 野中氏は「自分で情報を集めるところから始めていき、どうしていくかを決める必要があるのが、がんという病気」と考え、大量の本を読んで情報収集し、そこでよさそうだと感じた治療法は「体にいいと考えることはできるだけやる」と、まず試す。信頼が置けそうだと感じた医師や治療者のもとにも、積極的に訪れる。

 しかし、すべてを鵜呑みにすることはない。集めた情報のなかには相反する意見を唱えるものも出てくるが、それらはあくまでセカンドオピニオンであり、判断するのはすべて自分の感覚だ。「誰に何と言われても自分に合っているかどうかで決めていく」と語り、調べて試し、自分の体の反応を観察し、合うものと合わないもの(抗がん剤もその一つ)を取捨選択していく。

 客観的な視点を持って考える人だからこそ、野中氏は本書のなかで「がんが発覚するまでの『7つの悪い習慣』」「がんを治すために改善した『7つの習慣』」「がんになった場合の『7つの指針』」を自分の経験を頼りに、自分の言葉でまとめ上げている。たとえば、がんを治すために改善した習慣には以下の通りだ。


【がんを治すために改善した「7つの習慣」】

1:食事改善

2:早寝の習慣化

3:解毒

4:ハーブ&生薬

5:ヨガ&鍼&マッサージ

6:思考回路(ストレス)の改善

7:生活習慣の見直し


 今までの生活を冷静に振り返り、なぜ自分ががんになったかを考え、新しい方法を次々と試していった結果、導き出されたのが上の改善点だ。
とくに「食事の見直しを中心とした生活習慣の改善」が軸となっており、糖質制限と小麦粉制限、およびストレスマネジメントの点で生活を一変させている。
 もともと野中氏が送っていた「7つの悪い習慣」とは真逆の生活で、ここまでの変化を体に覚えさせるのはさぞ大変だったのではと思う。

 だが、野中氏は「自分で情報を求めて、『こうしたら治るんじゃないか』と思えてきたようなときは希望が生まれます。
ゲームの攻略法を見つけるような感覚です」と語り、ハードな食事制限も「『制限がいろいろある中で何を食べるか』を楽しむ」ことで、前向きにトライし、自分なりの克服法を探り続ける。
 もちろん不安や葛藤もあったことは想像に難くないが、乗り越えようとする強くて冷静な精神力、そして家族の支え(家族とのエピソードも心に染み入る)もあって、告知から一年後にはついにCT検査によって、がん細胞の消失(寛解)が認められた。

 これは野中氏が四苦八苦しながら、がん克服できる生活習慣をまとめたノウハウで、あくまで彼の体に合うオリジナルのレシピのようなものだ。万人に合うかどうかはわからない。しかし、彼の姿勢から私たちは大切なことを学ぶことができる。それは、がん克服のような闘病であれ、健康的に痩せたいと願うダイエットであれ、大切なのは自分に合うスタイルを探すことではないだろうか? ということだ。

 世の中には情報があふれている。「○○さんが体に悪いと言っていた」「これは○○タイプの人にしか合わないのだろう」など、負のポイントを探って結局やらない、というのも一つの選択肢だろう。しかし情報に振り回されることなく、自らの手で取捨選択をすること。そうすることで「がん克服」という最大の結果を得た彼から、自分を信じる生き方さえも教わったように思う。がんに苦しむ方々はもちろん、健康が気になるすべての人にとって参考になる一冊だ。

( ダ・ヴィンチニュース5月17日;
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/11529560/



【今日の風景】

大変な努力をなさったと想像出来ます。

少し気になるのが、がんの普通の療法の薬剤投与・放射線治療を同時並行して行ったのでしょうか?

たぶんそうなさったんだと思いますけど。

それなら医師からの助言をたくさん聞けることになります。

オプジーボのような革新的な薬剤もどんどん出てきますけど、やっぱり基本的には体力の維持と更新、そして精神の安定なのでしょう。

そう言いながら、懐古堂はのんびりと煙草を燻らせながらブログを更新してますけど・・・。

そう言えば、体に悪い徹夜マージャンもしばらくやってない。

ジャン友が次々と亡くなっていくもんだから、遊んでくれる人がいない・・・。

そういう意味では寂しいかなぁ。

遊ぶのも体力勝負です。

生活に変化と革新を!





励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
 

がんを消す 「夢の薬」 オプジーボをみんなで使えば国が持たない

がんを消す 「夢の薬」 オプジーボをみんなで使えば国が持たない

5161601

 長寿は万人の夢だった。だから医学の日進月歩も歓迎されたが、がんを消す「夢の薬」が高価なあまり国が亡びてしまっては、元も子もない。 
命をつなぐべき医学が、命を追い詰める現状をレポートする短期集中連載の第1回。今、あるべき死生観を問う対談である。 

 これまでとは違う仕組みでがんを消す“夢の薬”の登場に、今、世の中が沸いている。 
その名はオプジーボ(一般名はニボルマブ)。免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる新しいタイプの分子標的薬で、 
もともと体に備わっている免疫力を利用してがん細胞を消すという。 

 簡単に言うと、仕組みはこうだ。免疫細胞にはがん細胞やウイルスを攻撃するための“アクセル”と、相手が味方だった場合に攻撃を止める“ブレーキ”が備わっている。 
がん細胞は免疫細胞にブレーキをかけさせながら成長するが、オプジーボはそのブレーキを解除し、免疫細胞の攻撃力を取り戻させてくれるのだ。 

2014年9月に発売された際は、皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)向けだったが、 
昨年12月、日本人の肺がんの85%を占めるという非小細胞肺がん向けにも保険適用が認められた。 
もうこれで、がんの完治も夢ではない――。世間はそう騒いでいる。 

ところが昨年11月下旬、厚生労働省がオプジーボの肺がんへの使用を了承するのに先立って開催された、日本肺癌学会学術集会のシンポジウムは、 
この“夢の薬”に対し、「今日は気分がよくなる話は一切ありません。会場にお集まりいただいた皆さんは、絶望して帰っていただきたい」という苛烈な言葉で始まった。 
その発言の主こそが、里見清一氏である。“夢の薬”になぜ絶望するのか。 

実は、肺がん患者がオプジーボを使うと、年間3500万円かかる。費用の大半は国庫から供出されるため、“夢の薬”によって国家財政が破綻しかねないのだ。 
桁外れに高価な薬を際限なく使い、そのツケを次世代に負わせていいのだろうか。問われているのは、われわれの死生観かもしれない。 

里見 今日も財務省に呼ばれ、財政制度等審議会の財政制度分科会で、薬価の高騰や肺がん治療のコストについて話をしてきたんです。 

曽野 3500万円かかるお薬について、お役所はどうおっしゃったんですか。 

里見 私がまず話したのはこういうことです。その割合は3割か2割、あるいは1割かもしれませんが、この薬が効く人は確実にいます。 
で、効く人には2週間に1回使うことになっていますが、どこまで続ければよいかという目安はありません。 
体重60キロの人が1年間使うと3500万円かかります。 

曽野 そもそも、今使っている抗がん剤は、あまり効かないんですね。 

里見 はい。完治させることはありません。進行がんの患者さんに使って一定の効果はあっても、数カ月くらいです。 
だから長く使わずにすむということもある。また、抗がん剤の一種の分子標的薬は、どんな患者に使えるかが事前にわかりますが、 
これも治すところまでいきません。一方、オプジーボは効果がある人には確かに効く。 

治るかもしれない。そのかわり、どういう患者に効くか事前に判定できないので、使う患者を選べず、また、いつやめていいかもわかりません。 
肺がんの患者さんは13万人いると言われます。仮に5万人に使ったとして、1年間で1兆7500億円。日本の医療費は2013年度で40兆610億円。 
そのうち薬剤費が約10兆円ですが、そこにポンッと2兆円近くのしかかってきたら、国家財政がもちません。 

■費用はほとんど国が負担 

里見 高齢になるとがんが増え、われわれが診ている肺がん患者さんも、75歳ぐらいが平均的です。 
みなさん、75歳や80歳になっても、長生きしたいとおっしゃるので、年間3500万円かかる薬を使います。 

誰に効くかわからないので、患者さんが使ってほしいと言う以上、使わざるをえません。高額療養費制度があるので、費用はほとんど国が負担します。 
使った患者さんの最高齢は100歳だそうですが、100歳の人を101歳にするために、国が3500万円を支払う。人類史上、こんな贅沢があったでしょうか。
 
(デイリー新潮より抜粋;
ソース:http://www.dailyshincho.jp/article/2016/05160300/?all=1






【今日の風景】

原文は、ソース元をご覧下さい、読むと目が点になります。

オプジーボについてご存じない方は拙過去記事をご覧下さい。
※ 参考 拙記事『夢のがん特効薬「オプジーボ」はこんなに効く!

曽野綾子先生と里見医師の主張は、はっきりと間違っています。

特に「お国に迷惑をかけてはいけない」というセリフは、現代国家の行政制度に対する冒涜です。

国民が、国民の作り上げた制度を利用することを否定すれば、誰の何のための制度なのでしょうか?

また、老齢者の生きる意欲を否定するならどうして自分から率先して死を選ばないのか?

キリスト教徒だから自分は自殺することは出来ないというのは理由になりません。

それなら他者にそれを強要すること自体、不合理で理不尽な考えです。

前にも申し上げましたが、生きたいという意欲は人としての生活全般の根底にある活力の源です。

また、薬の値段にしても自由経済の根幹原理で需要が増加すれば供給も増加し、当然価格も安くなります。

薬品メーカーがあまり安くしないのなら、法律でそれを規制することも出来ます(どういう訳かアメリカではあまりそういう規制が少ないようですが)。

どうして薬の価格が高いからもっと安くしないとダメだという主張にならないのかが不思議です。

自分は宗教上の理由で死を選ぶことは出来ないが、私以外の他の人はじじぃ・ばばぁになれば死ぬ義務があるという主張にどれほどの人が賛同するでしょうか。





励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村
 

同じ業務で定年後再雇用、賃金差別は違法 東京地裁判決

《 同じ業務で定年後再雇用、賃金差別は違法 東京地裁判決 》
 
5141601
 
 定年後に再雇用されたトラック運転手の男性3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、定年前と同じ賃金を払うよう勤務先の横浜市の運送会社に求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。
佐々木宗啓裁判長は「業務の内容や責任が同じなのに賃金を下げるのは、労働契約法に反する」と認定。定年前の賃金規定を適用して差額分を支払うよう同社に命じた。

 労働契約法20条は、正社員のような無期雇用で働く人と、再雇用など有期雇用で働く人との間で、不合理な差別をすることを禁じている。
弁護団によると、賃金格差について同条違反を認めた判決は例がないという。
弁護団は「不合理な格差の是正に大きな影響力を持つ画期的な判決だ」と評価。
定年を迎えた社員を別の給与水準で再雇用することは多くの企業が慣行として行っており、今回と同様の仕組みをもつ企業に波紋が広がりそうだ。

 判決によると、3人は同社に21~34年間、正社員として勤務。2014年に60歳の定年を迎えた後、1年契約の嘱託社員として再雇用された。業務内容は定年前と全く同じだったが、嘱託社員の賃金規定が適用され、年収が約2~3割下がった。

 判決は「『特段の事情』がない限り、同じ業務内容にもかかわらず賃金格差を設けることは不合理だ」と指摘。この会社については「再雇用時の賃下げで賃金コスト圧縮を必要とするような財務・経営状況ではなかった」として、特段の事情はなかったと判断した。

 コストを抑制しつつ定年後の雇用確保のために賃下げをすること自体には「合理性はある」と認めつつ、業務は変わらないまま賃金を下げる慣行が社会通念上、広く受け入れられているという証拠はないと指摘。「コスト圧縮の手段とすることは正当化されない」と述べた。

 会社側は「運転手らは賃下げに同意していた」とも主張したが、判決は、同意しないと再雇用されない恐れがある状況だったことから、この点も特段の事情にはあたらないと判断した。

 運送会社は判決について「コメントしない」としている。
 
(朝日新聞デジタル 5月13日;
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000069-asahi-soci




【今日の風景】 

変な判決だと感じ、少し疑問に思って載せました。

判決文の詳細を見ていませんから、何を根拠に「同じ業務内容」と判断したのかは良く分かりませんが、どうもしっくりきません。

40代・50代・60代当初の体力と判断力と知力、瞬発力・吸収力を自分で判断してみて同じだぁ、全然変らんわぁと言える人はいません。

そう考えると会社に規定される「業務内容」が同じでも、結果は大きく異なって当たり前です。

老齢に入って福利厚生面をもっと手厚くしてほしいと訴えるのなら分かりますが、給料面での低下はそういう意味では致し方がないところがあります。

むしろ働き盛りの人達と同じ給料ならばむしろ、働き盛りの人が怒って当然です(かつて我々もそう思ったように)。

年功序列?

だから定年制度があります。

どこかで自分も周りも自覚を持って老齢に入ったことを認識した上で、徐々に仕事内容について、出来るものと出来難くなっているものとに選別してやらないと大きな取り返しのつかない事故を起こします。

そういう意味では、国家公務員法・地方公務員法や国会法・それに関する諸法もそろそろ変えないと、とんちんかんでぐうたらなじじぃばっかりになってしまいます。

えっ、今話題の都知事?官僚?

だれもそんなことは言ってませんけど・・・。


 


励みになります!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村
 
livedoor プロフィール
日本ブログ村
最新コメント
Google AdSense
楽天市場
  • ライブドアブログ